中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s5751a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

創造はシステムである 「失敗学」から「創造学」へ (角川oneテーマ21) 新書 – 2009/5/9

5つ星のうち 3.1 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 62,064 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本人は物まねがうまく、「創造」は苦手である。しかし時代はオリジナリティの高い仕事を要求する。新しいモノを作り出すためにひつような頭の動きをシステム化し、数式を解くように物事を作り出す画期的思考法!

内容(「BOOK」データベースより)

誰でも繰り返し創造ができる思考の過程をシステム化。東京大学で実践されている最先端講義をすべて公開。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 222ページ
  • 出版社: 角川グループパブリッシング (2009/5/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047101885
  • ISBN-13: 978-4047101883
  • 発売日: 2009/5/9
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 381,311位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.1

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
本書は、「創造」を天才の占有物、発明家の名人芸の座から解放し、一般人のためにマニュアル化するという意欲的な試みの成果である。

第1章は「こうありたい」ということを言葉にする「要件定義」の重要性・方法・例を示し、明治以来の日本は製品と一緒に要求定義も輸入してしまったので、要件定義が定着していないと解説している。

第2章は要求定義した内容を実現するためのテクニックを解説している(私はこの章が一番面白かった)。この中心はTRIZ(トゥリーズ)である。TRIZとは「発明的問題解決理論」という意味のロシア語の頭文字をならべたものであるが、アルトシューラーという研究者が旧ソ連の特許を解析して、発明者の頭の動きの共通性を抽出したものである。TRIZは弟子が米国に渡ったことによって広まったのである。創造のテクニックとは、例えば、挿入付加・分割(機能分離・並列化・オフライン化・副次排除を含む)・変形・交換・流線・合体・変換・電磁場・相変化・表面改質・独立化・冗長化等である。実例としてウイスキーボンボンの作成方法が挙げられているが、これはウィスキーと水と混ぜて氷結させ(「相変化!」)、表面に溶けたチョコレートをかぶせるのである。

第3章は複数の要求の干渉(バッティング)の処理についての考察である。

第4章は米国の得
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
そもそも本書における「創造」の定義に違和感を感じた。「クリエイト」というよりは「プロデュース」の方が意味が近い。
ジャガイモ剥き器の例に見るように「いかに既成のものを進化させるか」に本書の内容は重きを置いているので、「まったくの新しい物を生み出すヒント」は残念ながら本書からは得られないだろう。
もう一つマイナスな点は、この著者自身のネタが皆無だと言う事。
モジュラーとインテグレイテッドのくだりも他人から聞いたことを右から左に流しているだけ。
投資に値する良書ではないと思う。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私が文系だからかもしれないが、文章がわかりずらい。
カタカナ語と、なじみのない言葉「企業はインテグレイテッドだが、加工はモジュラー構成」
などという文章は、普通の人がわからないし、読めないだろう。
独特の言葉を柔らかくしたほうがいい。
帯がき、案内文も、ポイントを外しているんで、編集者もわからなかったのだろう。
例示も唐突で、文章。
ただ、「鬼デスク」さえいればよかったが、本は思考法の基本を整理してあり、
それなりに有意義である。テーマと、内容はそこそこなのだから、もったいない本だ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
著者は 「創造」 という行為を科学のまないたにのせ,システマティックに実現できるようにしようとかんがえている. 「システマティック」 ということばをゆるく解釈すればもっともなことだが,目的をきめればあとは最適化の問題になるときめつけているのは,はなはだ疑問だ. 「創造」 という行為をあまりにかるくとらえているようにおもえる.

「システム」 といえばおもいだすのはベルタランフィのシステム論だが,この本ではこのような複雑系に関する理論はあつかわれず,システムの複雑さに関する考察は十分でないようだ. アメリカではモジュラーな設計が好まれ,日本ではインテグレーテッドな (干渉のある複雑な) 設計が好まれるというような話でおわっている.
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告