Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,200

¥ 420の割引 (26%)

ポイント : 6pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[堀 義人]の創造と変革の志士たちへ 真の実践力を身につけるための「自分の磨き方」
Kindle App Ad

創造と変革の志士たちへ 真の実践力を身につけるための「自分の磨き方」 Kindle版

5つ星のうち 4.4 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,200
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

内容紹介

「日本にハーバードのようなビジネススクールを!」という熱い思いの元、ゼロからグロービスを立ち上げ、日本でもトップクラスのビジネススクールにまで成長させた著者。本書はそのグロービス経営大学院学長が、ハーバードでの学び、ゼロからの起業、豊富な教育体験から得た勉強法&実践術を説く、待望の書き下ろし書籍である。「創造と変革の志士」、つまり次世代を切り開くビジネスリーダーに必要な要素は何なのか――本書ではそれを「能力」「人的ネットワーク」「志」の三つに分けて解説していく。どんな能力をどうやって身につければいいのか、人的ネットワークはどうやって構築していけばいいのか、そして、逆境にも負けない志は、どうやって醸成していくべきなのか……これらの具体的方法を、実体験に基づいて説いていく。今より上を目指したいビジネスパーソンすべてに必ず役立つ一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

グロービスのトップが熱く語るこれからの時代に求められる能力、そしてその習得方法とは?学生満足度NO.1、「グロービスMBAシリーズ」でも知られるビジネススクール学長が、ハーバードでの学び、ゼロからの起業、豊富な教育体験から得た学習法&実践術を説く。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1207 KB
  • 紙の本の長さ: 132 ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2009/3/6)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00K1U9ORY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 23,142位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
グロービスの学長が安岡正篤を出してきたのは???自己矛盾ではないでしょうか?徹底的にビジネスフレームをやる!と言ってくれた方がサッパリします。
また、本としては読みやすいのですが、行間が臭わない、無臭なのが物足りない。もっと苦いんじゃないの?という印象を受けるのは私だけでしょうか?
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 女性起業家向けのセミナーで課題図書として推薦されたため、手にとらせていただきました。
 男性が書いたビジネス本は、非常に左脳的なカラーが強いことが多い中で、この本は女性でもすんなりと受け入れられるバランスの取れた内容だと感じました。

 特に共感を覚えたのは、リーダーに最も重要な能力は人間関係能力だという点です。別章の中にでも語られていますが、「変革」を起こすには周りの「志士」を巻き込んでいくエネルギーが必要であり、味方になってほしい人を巻き込むには、自分の「志」を効果的に伝え、その先にある未来を見せて、相手をワクワクさせる事によって感化させる「感化力」が何より不可欠だと改めて認識させていただきました。
 また、「必ずやると先に決める」ことの大切さを強調されていましたが、まさにその通りだと感じました。できるかどうかを考えるのではなく、「まず決める」ことによってどうやったらそれが実現するのかだけを考えていくようになるのだという意見に心からうなずきながら読ませていただきました。偶然にも、スピリチュアルな観点からビジネスコンサルティングを行っている加藤雄詞氏も同じことをおっしゃってました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nit 投稿日 2012/12/9
形式: 単行本 Amazonで購入
普通でした。堀さんの思いはわかるので、それはそれでいいのだろうと思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
堀さんはすごい人だと思うし言ってることもまともだし、グロービスの理念も素晴らしいと思うが
グロービスってそういうスクールなのね、堀さんってそういう考え方なのね、
といったもの以上のことを感じることができなかった。
「創造と変革の志士たちへ」というタイトルに見合う内容ではないかな。
自伝なら自伝、経営指南書なら経営指南書、啓発書なら啓発書として尖ればよかったのになと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ふじ 投稿日 2009/5/21
形式: 単行本
本書に書かれていることはビジネステクニックではなく、そのビジネステクニックをリーダーとして操る人間がどう在るべきかに重きを置かれて書かれてある。人間が生きていく上で、人間がビジネスをしていく上では、その考え方や行動の根源となる「この世に生まれて何をするのか、何の為に生まれたのか」という哲学が重要であるということを改めて認識することが出来た。
A)社会を引っ張っていくリーダーになるために必要な考え方と行動(哲学)
B)リーダーが行うべき行動と身に着けるべき経営テクニック(リーダーの自覚)
C)組織を形成する、社員を教育する、及びビジネスをしていくにおいて必要となる基本テクニック
本書は大きく分けると上記の3つに大分されると思うのだが、とても理解しやすかった。
P186のAQ(逆境指数)は大変勉強になった。
負のパワー(劣等感や復讐心)ではなく、正のパワー(正義感や貢献心)で生きていく、ビジネスをしていくことが非常に重要だと感じた。
この本は、今まで私が考えていた経営とはこうありたいということを更に広げて、更に確実に表現されており、私の考え方の振り返りと確認ができた。今後の私の経営のバイブルとなる本だと思っている。「経営とはどうあるべきか」の解に少しでも近づいてもらえるよう、弊社の幹部にもお手本としてこの本を配った。
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私は起業して9年目になりますが、グロービス創業から現在までの経緯を一通り、追体験することができました。なぜ、ベンチャーを選んだのか、どのように志を見出していったのか、試行錯誤する過程や気付きの過程などがわかりやすく時系列にも沿って描かれており、自分自身の創業から経営理念の醸成までの過程に重ね合わせて思いをはせることができました。中でも「会社に人を合わせるのではなく、人に会社を合わせる」という点は、非常に共感を覚えます。スキルやテクニックを学ぶだけでなく、経営を通して人としていかに成長するか、成長した自分が成すべき事は何かを自分に問いかける機会となる内容でした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
他の著書と同様、透明度の高い文章だと感じる。それと、その底に熱さを感じる。

ただ、よく言えば清廉潔白なのだが、行間にいい意味でのギラギラしたものが出てこない。

そういうタイプの起業家もいるのだなと思わされるが、行っている事業がビジネススクール、教育なので、当然かもしれない。

一方で、ベンチャーキャピタルもやっているが、自社は上場していない。そういうところに判断に迷う。

この本自体は、素直な気持ちで読めば、あるべき方向性は示されると思う。コーチング等と通じるものを感じる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover