数量:1
創聖のアクエリオン がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ご覧いただき感謝いたします。 「中古品の品質は本当に大丈夫?」「商品はすぐに届くの?」本当に心配ですよね。 でも、ご安心ください。  ★当店の商品はAmazonの規定より 更に厳しい検査基準をクリアした物のみを出品しており、品質には絶対の自信があります。 また、梱包の状態や発送の手続きは全てAmazonと同様のサービスであり、丁寧・迅速な対応をお約束いたします。 ☆商品コンディション:非常に良い一品です。 CD 1枚組・日本国内正規品です。 ☆汚れ・傷のあるディスクはクリーニングを実施し、プラケースは新品に入れ替えています。 ☆ディスクは汚れ、傷もなく良い状態で鑑賞頂けます。(再生に支障の無い、細かなキズが残る場合がありますので、ご了承願います。) ☆商品はクリスタルパックで梱包し、その上からキレイにはがせるタイプの商品管理シールを貼り付けています。 ☆【全額返金保証】十分な検品をして出品しておりますが、万が一、商品の状態が説明文と異なる場合は、速やかに全額ご返金しますので、ご安心の上お取り寄せください。(代引き決済も可能です。)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,620
通常配送無料 詳細
発売元: アニメイタア通販支部
カートに入れる
¥ 2,620
通常配送無料 詳細
発売元: 近くの おもちゃ屋さん
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

創聖のアクエリオン Single, Maxi

5つ星のうち 4.6 82件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,620 通常配送無料 詳細
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、cdkinuが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 ギフトラッピングを利用できます。

メールマガジン購読:J-POP関連商品
注目のニュータイトルから割引情報、お買い得セールほか、J-POP関連アーティストに関する情報をお届け。 購読はこちら


Amazon の AKINO ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 創聖のアクエリオン
  • +
  • 君の神話~アクエリオン第二章
  • +
  • GO TIGHT!
総額: ¥4,402
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2005/4/27)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Single, Maxi
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 15 分
  • ASIN: B0007WZSVM
  • EAN: 4988002478033
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 82件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 88,840位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 創聖のアクエリオン
  2. プライド ~ 嘆きの旅

商品の説明

内容紹介

一万年と二千年前から愛してる!
と現在パチンコ「創聖のアクエリオン」のCMで大量オンエア中の原曲「創聖のアクエリオン」を収録

メディア掲載レビューほか

テレビ東京系超絶合体アニメ「創聖のアクエリオン」の主題歌シングル。兄妹4人組ヴォーカル・ユニット、bless4の次女・AKINOと大御所クリエイター菅野よう子の強力タッグによるインパクト抜群のオープニング・テーマ「Go Tight!」と牧野由依が歌うエンディング・テーマ「オムナ マグニ」を収録。


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
やたら耳に残るので、ネットで曲だけ買いました。
アニメの内容も、歌ってる歌手もさっぱり知りませんが、いい曲だと思います。
非常に伸びのある声で、キャッチーなメロディ。非常にわかりやすいです。
全くアニメの内容を知らない人すらも巻き込むというのは、かなり凄いことだと
思います。「アニソン」という枠で括るのはもったいない曲。
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
アニソンというだけで変な先入観を持たれるこの時代。実に嘆かわしいことです。
音楽というのは歌手や発表の場は関係なく、やはり曲自体を評価されるべきではないでしょうか。
・・「この時代」といってもこんな時代しか知らない高校生の私ですけどね。

アニメの世界観を取り入れた歌詞なのですが、世界観自体が非常に神秘的なものため、この曲単品でも十分世界観を楽しむことが出来ます。
「出会わなければ殺戮の天使でいられた」「この気持ち知るため生まれてきた」など、思わずアクエリオンという作品が見たくなってしまう歌詞。
またサビの「一万年と二千年前から愛してる」。一気に盛り上がるメロディと共に流れるこの歌詞はとても衝撃的です。
上記の歌詞の意味などを考えて聴くと、この曲の「愛してる」は今時の軽いラブソングなんかより遥かに重く、力強く聴こえると思います。

AKINOの声もまた神秘的な響きで、この世界観を一層盛り上げてくれます。
幻想的というかなんと言うか・・・。不思議な響きです。

「アニソンなんて・・・」と渋っている方もだまされたと思って聴いてみるべきだと思います。
これはアニソンを超えたアニソンです。
コメント 153人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ある動画サイトでたまたま聴いた時、サビの部分が妙に耳に残りました。

あとからアニメソングということを知り、アニソンと言う言葉も始めて知った時代遅れの者です>< 確かにアニソン好きというと「オタク」っぽく受け取られがちなんですが、全然いいと思います。 結構いい曲あっても「アニメか〜」って思われたりしますもんね。

全部聴いたら普通に素晴らしい曲だと思いました。   
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 jet-shooter VINE メンバー 投稿日 2007/10/7
形式: CD Amazonで購入
浅く広く、かなり聴く音楽のジャンルに振れ幅のある私個人の意見ですが、音楽に関する既成概念を打ち壊せる曲の一つではないかと。

アニメのオフィシャルホームページの内容からすると、この楽曲は純粋にアニメのテーマに沿って作られたものと推測できます。というか、タイトルからして明白ですね。つまり、「純アニソン」と言って差し支えないと思います。

しかし、単なるアニソンとすればそれまででしょうが、クォリティの高さは認めざるを得ないかと。

歌っている方の他の楽曲を聴いたことがあるわけではないですが、声の質はそこらのポップス歌手を上回る質の良さが在りますし、歌詞はアニメの内容を反映したものであっても構成の巧みさ、また比喩表現の巧妙さからか、単純な情愛を歌うJ-POPSにおける「ラブソング」とは一線を画した存在感があるように思えます。

「アニソン=マニアックな創作物」
最早この既成概念は過去の遺物となりかけているような気さえします。
POPSにしてもアニソンにしても、良質な楽曲また良質なアーティストは、音楽の枠(ジャンルによる差別)に囚われず、もっと高評価を受けるべきではないかと、つくづく感じさせられた一曲でした。
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
たまたま耳にしたのですが、曲、歌詞ともに印象深く気になったのでネットで探しました。
他にも書かれてる方もいますが、正直アニソンにこんな良い曲があるとは思いませんでした。
絶対損してますよ!歌詞は驚きの内容ですが、それでも曲にとてもあってると思います。
売れてる日本のアーティストの歌より断然私は好きです。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
この感覚は幼少以来だろうか。有名な作曲家の曲だと知らずに聴いた、

ゲームミュージックや映画のBGM、はたまた挿入歌。そういったものを

大して意識もせずに感動していたあの感覚が戻ってきた。

俺自身が音楽を好きになるに至った何か、それを上手く伝えることは

語彙と文才が多分に足りないのだが、それが戻ってきた。

曲の内容に言及するなら、まず印象的なサビが耳に入る。

だが、俺個人がこの曲で一番ゾクゾク来たのはイントロだ。

中近東系のギターからいきなり音の絨毯のように打ち込み音が入ってくる。

そして安易なメロディに逃げないAメロ、Bメロともに秀逸という言葉

では表しきれないレベルに昇華されている。ある意味で聞き手を裏切るメロディセンスの持ち主であることは間違いない。

その素晴らしいメロディ群もトラックも、全てが"あの"サビに向かって

集まってくる。こんな抽象的な表現しかできないが、

ファンタジックで幻想的、かつポップでエレクトロなセンスは

少なくとも俺個人の短い音楽遍歴からは他に見つけられなかった。
<
...続きを読む ›
コメント 87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック