Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,134

¥ 270の割引 (19%)

(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[筒井康隆]の創作の極意と掟
Kindle App Ad

創作の極意と掟 Kindle版

5つ星のうち 4.3 30件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,134
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 390

商品の説明

内容紹介

創作歴60年の筒井康隆が満を持して執筆した、『文学部唯野教授』実践篇とも言うべき一冊。作家の書くものに必ず生じる「凄味」とは? 「色気」の漂う作品、人物、文章とは? 作家が恐れてはならない「揺蕩」とは? 「小説」という形式の中で、読者の想像力を遥かに超える数々の手法と技術を試してきた著者だからこそ書ける、21世紀の“文章読本”。創作歴60年の筒井康隆が初めて明かす、目から鱗の全く新しい小説作法!

著者について

筒井 康隆
筒井康隆(つつい・やすたか)
1934年大阪市生まれ。同志社大学文学部卒業。展示装飾を専門とする会社を経て、デザインスタジオを設立。60年にSF同人誌「NULL(ヌル)」を発刊し、江戸川乱歩に認められて創作活動に入る。
81年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、87年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、89年「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、92年『朝のガスパール』で日本SF大賞、2000年『わたしのグランパ』で読売文学賞を受賞。97年にフランス・パゾリーニ賞、2010年に菊池寛賞を受賞。97年にフランス・芸術文化勲章シュバリエ章、2002年に紫綬褒章を受章。
主な作品に『アフリカの爆弾』『時をかける少女』『家族八景』『大いなる助走』『虚航船団』『残像に口紅を』『文学部唯野教授』『聖痕』などがある。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2067 KB
  • 出版社: 講談社 (2014/2/28)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00J4G0QE6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 15,014位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
筒井康隆ファンとしては少し腹立たしい。
その理由は…のちほど。

『着想の技術』そして、『文学部唯野教授』に次いで、筒井さんが
創作の秘密を明かしてくれる本である。
筒井さんの本を全部読んでいる人なら、
「ああここはあの小説のあそこ」という楽しみで読めるだろう。

ところで、筒井康隆ファンとしては少し寂しい。
その理由は伊坂幸太郎と町田康が帯にヨイショで推薦文を
書いているからである。
推薦文がなければ売れない筒井先生ではない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
現代文学の巨匠・筒井康隆が、凄味、文体、反復などのトピックごとに、同業者へ向けて創作の極意を明かした秘伝の書。
私は作家志望では無いのだが、無論一般の方が読まれても大変楽しめる。
素晴らしいのは、これまでの筆者の作品が幾度となく引用され、実験的な小説を紹介する際の裏付けとなっているので説得力があるところだ。
古今東西の名作、奇作が数多く紹介されており、巻末にはそれらの小説の索引が載っている。一流の作家によるブックガイドとしても楽しむ事が出来る。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
広義的には所謂『小説の書き方』的な種類の本に分類されるかもしれないが、実は『小説の書き方』の体を取りながら、
各テーマごとに、自著のみならず国内外時代を問わずあらゆる小説の中から的確に引用した例とともに、
著者を含め多くの作家たちがどのような手法を使って様々な表現してきたかをテーマごとに解説したものであり、
またテーマの種類は本書一冊で世の中に存在するであろうそのほとんどを網羅しているため、
本作を読むことによって本作で紹介されたもののみならず、それ以外の小説を読むにあたり、
どこに注意して読むべきかが分かるようになっている。ゆえに、ある程度以上読書を嗜む方であれば是非一度目を通しても損は無いだろう。

また、最後の『幸福』の項を読んで思ったことは、若手を中心に最近の作家はtwitterのアカウントを持つ方が多く、
質問の類にも比較的気軽に答えてくれることが多いため、昔と比べて作家と呼ばれる人にある種の親近感を
覚えているのだが、その一方で自分自身が本項に挙げられた『莫迦』になっていないか、思わず自問自答してしまった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
何が良い小説なのか、そこから何が、価値のある文章なのか。
今、この時代だからこそ、できる文章の形はないのか?
「小説」という文化が今後どうなるのか?
変化しないわけがないので、おそらく今面白い時期。
そういったことを考えさせられました。

サウンドノベルとかでもない、新しい、文章の表現を。
文字に浸る、文字に潜る。みたいな…

1対Nは三次元的にも表現し易いけど、
N対Nは三次元的には表現し難い。
紙上だからこそ、表現し易い概念も?
紙上の体系表現を立体化する方法は?
→「高さ」の概念の難しさ。

自分の脳の体系を二次元で表現するのは、
まぁできなくはないかもしれないけど、
それを3次元で表現する。とういのは、物凄い難しい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
久しぶりに読んだ筒井康隆。
やっぱり読みやすい。
理由は至極明快で、漢字を多用していないから。
意外とこの本で学んだ小説を書く技法ってそれかも。

数々の実験的小説を書いている著者だからこそ書けた本なのだろうなあという感想。

しかし、実は知りたかったのは、どういうところから着想を得て、どうやってふくらませて小説に仕上げているかということなんですよね…そこは何ら言及がなくて残念。まあそれこそ人に教えられないものなんでしょうけど。教えたら商売あがったりだよね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
かの「唯野教授」のただならぬ講義を聴いてから、なんと20年余りもの年月が経っていたとは!講義内容は未だ未消化のまま我が胃の腑に漂っているというのに!・・・と思いつつおずおずとページを開く。
小説を書く上で必要不可欠なあれこれが、実に懇切丁寧な形で端的に書かれている。実例も的確豊富であるため、これを読んだ者は何かそれに応えるべく、面白い小説のひとつも書かなければ面目ないと思うのではなかろうか?
著者筒井康隆の短編の中に、タイトルは忘れたが、「寝る方法」のようなものがあったと思う。人が就寝するまでの挙動をスローモーションの動画のように逐一書き留めている。この「創作の極意と掟」も同様に、筒井氏にとってはやり慣れた日常茶飯事を読者後輩のために極力サービス精神を駆使してさまざまな角度から理解しやすいようにとの配慮を持って書かれている。それは一見、小説家を目指す者たちに良かれとして書かれているようにも見えるが、同時に、著者自身が、より面白い小説に出会いたいために書いているように思えてならない。自身が精いっぱい取り組んできた創作物が豊富にありながらなおそれ以上のものを期待し夢見ているような純な快楽指向を感じるのだ。
かつてNHK-FMで聴いたドラマ「ジャズ大名」が印象に残り、また「ジーザスクライスト トリックスター」の冒頭の二人のやり取りが気に入り、著者自身が出演す
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover