中古品
¥61
+ ¥257 配送料
お届け日 (配送料: ¥257 ): 3月9日 - 11日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 目立つ損傷など無く特に問題ありません。迅速丁寧な発送(通常24時間以内)を心がけています。中古本ですので細かい劣化につきましてはご理解いただけますと幸いです。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


割り箸はもったいない?―食卓からみた森林問題 (ちくま新書) (日本語) 新書 – 2007/5/1

5つ星のうち3.4 15個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥61
¥43
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「割り箸が森林を破壊する」という言説がまかり通る日本。その論拠は「使い捨てだから」だという。でも、本当に割り箸は環境破壊の元凶なのだろうか?森を守る割り箸の役割に光を当て、自称エコロジストの独善的な論理を検証する。最も身近な木材から、中国の森林問題やヨーロッパの木材生産、はたまた日本の森と林業の未来について考える。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

田中/淳夫
1959年大阪生まれ。奈良県在住。静岡大学農学部林学科卒業後、出版社、新聞社等勤務を経て、現在フリーのジャーナリスト。主に森林・林業や田舎暮らしをテーマにした執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 筑摩書房 (2007/5/1)
  • 発売日 : 2007/5/1
  • 言語 : 日本語
  • 新書 : 203ページ
  • ISBN-10 : 4480063641
  • ISBN-13 : 978-4480063649
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.4 15個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.4
星5つ中の3.4
15 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2010年8月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2013年4月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
VINEメンバー
2007年12月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2007年8月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2008年7月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年1月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2014年11月21日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2009年12月21日に日本でレビュー済み
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告