通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
剣客商売 (新潮文庫―剣客商売) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

剣客商売 (新潮文庫―剣客商売) 文庫 – 2002/9

5つ星のうち 4.8 57件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 剣客商売 (新潮文庫―剣客商売)
  • +
  • 辻斬り (新潮文庫―剣客商売)
  • +
  • 陽炎の男 (新潮文庫―剣客商売)
総額: ¥1,825
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

勝ち残り生き残るたびに、人の恨みを背負わねばならぬ。それが剣客の宿命なのだ剣術ひとすじに生きる白髪頭の粋な小男・秋山小兵衛と浅黒く巌のように逞しい息子・大治郎の名コンビが、剣に命を賭けて、江戸の悪事を叩き斬る田沼意次の権勢はなやかなりし江戸中期を舞台に剣客父子の縦横の活躍を描く、吉川英治文学賞受賞の好評シリーズ第一作。全7編収録。


登録情報

  • 文庫: 365ページ
  • 出版社: 新潮社 (2002/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101157316
  • ISBN-13: 978-4101157313
  • 発売日: 2002/09
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 57件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,705位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
藤沢周平にはまりまくって、読み漁った後、さあ次何の時代小説を読もうかなと思ったときに本屋でずらっと並んだ黄色い表紙が目に留まり、試しに一巻目を買ってもうノックアウト。最初、主人公がじいさんなんて嫌だ〜と思った私が馬鹿だった。次の日から、数日おきにまとめて数冊ずつ買いました。通勤電車の行き帰りで一話ずつ、ちょうどいい長さ。秋山小兵衛と彼をめぐる人々がなんとも人間臭く魅力的で、気分爽快。番外編含めて全部読み終わった後、83歳の祖父に貸してあげたら、大喜びしてました。「毎晩布団の中で一話ずつ読んでるよ」と言ってました。結局祖父もすぐに全巻読み終わって、今は知り合いの間をぐるぐると回っています。読んだ人皆喜んでます。私は鬼平よりお気に入りです。
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
腕の立つ剣士だが、老境から剣を離れ、若い後妻と悠々と暮らす小柄な老人、小兵衛。
小兵衛の子で、道場を開いてはいるが世渡りが下手で、大柄で朴訥とした性格の大治郎。
全く違ったタイプの二人の主人公を親子の絆で結ばせている。
時に父の、時に子の、もしくは二人の話がバラエティ豊かに展開するのが魅力。

親は小兵衛に、子は大治郎に感情移入して読むことが出来る点も秀逸。
小柄な老人が剣の技を、人脈を、行動力駆使して次々と事件を解決していく様も痛快に尽きる。

一方でなんとなく悪家老的なイメージを持たれがちな田沼意次を、非常に人間味のある人物として描いてあるのも面白い点。

鬼平は非常にハードで重い空気があったが、こちらはぐっと明るい。
とても読みやすく、あっと言う間に読めてしまえるのだが、問題点が一つ。

お腹がすくのだ!
池波作品は料理の描写が秀逸で、空腹時には大変に目の毒なのである。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私が時代小説の世界に没頭するようになったきっかけ。時代小説というと丁髷・チャンバラというイメージがある。半分正しいが、半分偏見である。江戸時代を背景としたエンターテイメント小説。それが時代小説で、チャンバラはその小道具のひとつにしか過ぎない。
「剣客商売」が他の時代小説と一線を画しているのは時代小説だけではなく、すべてのエンターテイメント小説の中でも屈指のシリーズであるところ。秋山親子の剣の冴えも読みどころのひとつだが、それは、味付けのひとつでしかない。秋山小兵衛を中心とした人のつながり、移り変わる季節の描写と人間模様が(多くの優れた時代小説がそうであるように)更にこの連作を奥深いものとしている。
基本的には一話読みきりなので、まずはこの第一巻を手にとって見てください。数日後には全巻そろえることになるでしょう。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 edge walker トップ500レビュアー 投稿日 2004/5/6
形式: 文庫
時代劇物が食わず嫌いだった私が見事にはまった本です。
「剣客商売」は池波氏の代表作の一つで、初版発刊以来数十年を経ていますが、愛蔵版、文庫版など数々の形態で版を重ねて今なお、圧倒的な人気を誇ってる日本を代表する作品です。

主人公の秋山小兵衛は60歳を超えた小柄な老人ながら無外流の剣の達人で、息子の大治郎と共に並みいる剣客や悪人を次々となぎ倒して江戸で起こる様々な事件を鮮やかに解決していきます。しかし単純な勧善懲悪的な話ではなく、善悪の狭間を自在に泳ぎきる小兵衛の姿はストーリーに奥行きや含みを持たせています。
そして鬼の形相で悪人を一刀両断にしながらも、その一方で愛弟子や市井の人々に見せる情と慈愛に溢れる主人公は何ともいえない魅力を持っています。

物語は基本的に一話完結の短編という形に収められていますが、時系列に描かれる話の中で、登場人物たちは少しずつ成長していきます。
剣にしか興味のなかった大治郎はいつしか黒白に割切ない人間の様々な面を理解するようになり、やがて良縁にも恵まれて子を持つまでに至ります。そして小兵衛の方は昔日共に腕を磨いた剣友と死別し、悪事に手を染めたかつての愛弟子を自らの手で成敗するなどして、次第に老境に差掛かった自分を感じ始めます。その最後の姿を掲載した「浮沈」は老境を迎えた小兵衛の姿が万感
...続きを読む ›
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
秋山小兵衛。

格好良いのである。

登場時、60に近い年でありながら、剣術の達人にしながら、孫娘みたいな二人の女性に惚れられてしまう。

しかも、一人は、ついつい、

「手をつけてしまった」

のである。

しかし、池波正太郎先生の話にしては、その二人の女性はさわやかである。

悪女を書くのがとても上手な先生の作品とは思えないほど、お春も佐々木三冬も、さわやかな女性である。

でもそれが、『鬼平犯科帳』、『仕掛人藤枝梅安』の様な、陰じみたものが無い話が多くなっている。

鬼平も梅安も江戸の暗黒面を書いた小説だが、この剣客も、それとは少し違う話で進んでいる。

とにかく、この秋山小兵衛の老人ながら魅力のあるキャラだ。若い娘二人に惚れられるのも無理が無い!

そして、ここ最近、評価が変わってきている歴史上の人物、田沼意次も、この小説で、印象が変わったのではと思われる。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック