通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
前頭前皮質―前頭葉の解剖学、生理学、神経心理学 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 青屋書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: まあまあ綺麗な状態です。帯はありません。小口が若干日焼けをしていて、カバーに少し擦れや傷や、上端に少しシワがあります。平成18年第1版発行。定価7665円の希少品です。商品は大切に袋詰めしてAmazonフルフィルメントセンターで保管され、Amazonがスピーディーに発送を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

前頭前皮質―前頭葉の解剖学、生理学、神経心理学 単行本 – 2006/12

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 7,884
¥ 7,884 ¥ 6,800

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

福居/顯二
京都府立医科大学大学院医学研究科精神機能病態学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 423ページ
  • 出版社: 新興医学出版社 (2006/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4880024910
  • ISBN-13: 978-4880024912
  • 発売日: 2006/12
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 678,591位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
筆者の視点から幅広く,前頭葉についての知見がまとめられた良書。虫食い状態の知識を埋めてくれる。前頭葉でも主に眼窩や外側が取り上げられている。もちろん他の脳部位との関連にも触れられている。訳も読みやすい。訳書あって有難いの一言。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
【長所】
理学療法士が前頭前野について触れることによって、運動発現が補足運動野、一次運動野からだけではないことが、改めて思い知らされます。

又、高次脳機能についても前頭前野は深く関わっており、特に『選択的注意』、『注意の転導性』、『ワーキングメモリ』といったキーワードが、詳細に記されています。

今まで何気なく「注意障害が問題だよねー」なんて言ってましたが、この本を読むことで、より深く、その本質理解に近付けました。

又、運動、認知のみならず、情動についての知見が、具体的に述べられており、これは他書には勝るポイントだと思います。

【短所】
訳書であるがゆえに、言い回しが回りくどく、分かりにくい部分が多数あると感じました。

又、用語が統一されていないところや、なんども記載が重複していることなどが、読みにくさを覚えました。

【総評】
動物実験やヒトを用いた、解剖学的構造から生理学、そして神経心理学、近年のニューロイメージングに至るまで、ボリューム満点の満足な一冊ではないでしょうか。

内容は簡単ではありませんが、各章の末ごとに「まとめ」が記載され、その部分を読むだけでも価値ありです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告