中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙にわずかなスレ、使用感が確認できますが紙面の状態は非常に良好です。稀に値札シールがついている場合がございますが、納品書の記載価格となります。丁寧な検品、迅速な発送でゆうメールにてお届けいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

刺青の男 (EDGE COMIX) コミックス – 2008/9/26

5つ星のうち 4.2 36件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 2,888 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

己で刻んだ印を背負い、愛を求め続ける男たちの物語―――


刺青を持つ三人の男たち(牡丹の潟木、ラナンキュラスの武藤、狂い鮫の埜上)。それらに絡む謎の男、久保田。社会の裏側を生きる男たちに救いはあるか…? 刺青シリーズ完結編『みんなの唄』描き下ろし42ページを加え、すべての物語が収束される。ほか、片思いの相手が毎夜生き霊になって現れて…『はるのこい』『ゆめのあんない』を加えた異色作品集。
収録作品:「僕のカタギ君」「ラナンキュラスの犬」「狂い鮫とシンデレラ」「みんなの唄(描きおろし)」「はるのこい」「ゆめのあんない」


登録情報

  • コミック: 173ページ
  • 出版社: 茜新社 (2008/9/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863490275
  • ISBN-13: 978-4863490277
  • 発売日: 2008/9/26
  • 梱包サイズ: 1.8 x 1.5 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
警察官久保田さんがかっこよく感じました。
あんなどっぷり潜入捜査して、ヤクザを捕まえてかっこよかった。
武藤と坊っちゃんの幸せ生活は、あれは夢だったんでしょうか?
カタギ君は、もし二人のために車を出していたら、命はなかったんでしょうか?
命はあっても、病気になったかもしれないなんて、大変だと思いました。
話が重くて、内容もきちんと理解出来てないので、読み直そうと思います。
この本、つまんなくはないけど、
私はユイジさんの甘い系の作品が好きなので、星は4つにします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
こう・・・「ああああああああ」と叫びたくなります。
それくらいインパクト大です。

前二作とはうって変わってヤクザ物。
しかも暴力シーンなんて痛そうで・・。
でも読むのを止められませんでした。
アンハッピーが苦手な人は好みではないかも。
でも試しに読んでみて欲しい作品です。
埜上サイドの話があったら更に面白いんだろうなぁ。

【はるのこい】と【ゆめのあんない】も好きです。
生霊が現れるっていうのはいくつか読んだことありますが、この表現は面白いな、と。
例えば掌や体に残るところとか。
題名が名前とかけてるところも好きです。

さて次はどう来るのか?楽しみでしょうがない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「僕のカタギ君」---牡丹の潟木
「ラナンキュラスの犬」----ラナンキュラスの武藤
「狂い鮫とシンデレラ」----狂い鮫の埜上
それぞれ主人公が違いますがリンクしています。そして「みんなの唄(描きおろし)」に続きます。

BLコミックでここまで重いのは初めて読んだかもしれません。
読み始めの軽い印象と、最後があまりにも違います。
BLで読みたくないモノは?と聞かれたら迷わずアンハッピーエンドなモノ!と言えるのに、この本は読んで良かった。
読後に悲しいだけじゃないナニかが確かに残りました。
ここまでのエンディングにしなくても・・・と思わないでもないのすが、ここまでの事があって全編通して深く関わっている男・久保田の「この世界はだれかを傷付ければなんらかの形で必ず報いを受けるようになっている」というセリフに重さが出てくるのだとも思います。

「はるのこい」「ゆめのあんない」は上記作品を読んで重たくなった心を溶かしてくれるようなお話です。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この作者様の「男子迷路」を読んで面白かったのでこちらも読んでみました。
前半、後半で話が違います。
前半は少し暗め。
男子迷路では甘さがありましたが、こちらはまた変わって話が進むにつれシリアスに…
ただ、ラストに全て繋がった瞬間心が揺さぶられました。
途中「ん?」と思った部分も伏線として全て最後はきちんと回収していてよかったです。
後半は可愛い感じ。
男子迷路の時のような二人を見て「可愛い」と感じます。
話も面白くてサラッと読めました、前半から続けて読むとなんだか安心できる物語でした。
絵も細かく綺麗でした。
これぞ漫画!二次元!という描き方ではないのがいい、人間感(?)がある書き方で結構好きでした。
ただ、人にオススメしにくい…特に前半が暴力的であるというのと、どちらかというとBLに「胸キュン」的なのをもとめてる人はあまり好みではないかも。
男子迷路は貸しやすかったのですが、今回は好き嫌いが分かれそうな作品だと思いました。
好きな人はとことんハマると思います。
後味が悪いと感じるか、心に残ってしまうかだと思います。
私はこの本を「心に残る一冊」としてオススメします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2008/10/26
形式: コミック
私(達)のような漫画好きにとって、一生忘れられない漫画に出会える事程幸せな事はない。そして、出会った漫画がこの『刺青の男』。

美しい装丁も物語を読み終えた後見ると、その美しさがやる瀬なく悲しい。

物語は三人の『刺青の男』がとある『犬』の久保田と人生が交差しながら進んでいく。この展開が圧倒的な迫力で迫ってくる。暴力、セックス、愛、裏切り、希望、絶望、そして現実。全てが悲しくも美しい祈りへと鮮やかに収束していく。

万人に受け入れて欲しくない。レビューを読んで少しでも嫌悪感を抱いているうちは踏み込まない方がよい。道徳的にも胸を張ってお勧めできる内容ではない。

それでも読むと決意したそこの貴方、

坊の耳鳴りの本当の意味を知り、自分の無力さに泣きましょう。

錆び付いたナイフで心臓えぐられる読後感だが、私はこの本に出会えて幸せだ。色々と書いたが、本当はそれだけでいいんだ。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー