中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 付箋あり。中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

利己的な遺伝子 (科学選書) 単行本 – 1991/2/28

5つ星のうち 4.4 85件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024 ¥ 2,495
単行本, 1991/2/28
¥ 2,935 ¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、動物や人間社会でみられる親子の対立と保護、兄弟の闘い、雄と雌の闘い、攻撃やなわばり行動などの社会行動がなぜ進化したかを説き明かしたものである。著者は、この謎解きに当り、視点を個体から遺伝子に移し、自らのコピーを増やそうとする遺伝子の利己性から、説明を試みる。大胆かつ繊細な筆運びで、ここに利己的遺伝子の理論は完成した。

抜粋

この本はサイエンス・フィクションのように読んでもらいたい。イマジネーションに訴えるように書かれているからである。けれどこの本はサイエンス・フィクションではない。それは科学である。いささか陳腐かもしれないが、「小説よりも奇なり」ということばは、私が真実について感じていることをまさに正確に表現している。われわれは遺伝子という名の利己的な分子を保存するべく盲目的にプログラムされたロボット機械なのだ。この真実に私は今なお驚きつづけている。 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 548ページ
  • 出版社: 紀伊國屋書店 (1991/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4314005564
  • ISBN-13: 978-4314005562
  • 発売日: 1991/2/28
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 85件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 73,100位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
有名な本ですが、やはり内容は刺激的です。
哲学者がどのような感想を持つのか興味深い。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
われわれには、この利己的な遺伝子の支配に反逆し、立ち向かうことができる。 同じ遺伝子を持っていることが、同じ世界観を持ち、同じ行動をするとは言い切れない。(同じ遺伝子持っていても、皆が同一性を呈すわけではない)。

遺伝子が発動する為の環境(因子)が、揃わなければ(52〜56P&417〜419P)・(311P&506〜508P)。

今の自分には、レベルが高すぎた。 1Pから読むと、抽象的な総体論で分かりにくく、挫折しかねない。 途中から読むと、内容も具体的で既知な部分もあり、取っ付きやすいかと。

知らないこと、できないことに価値がある。

神は細部に宿る。

追記(2015/2/28)

「思考のすごい力」(ブルース・リプトン著:PHP研究所)の併読を、オススメ致します。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本のことは そんなバカな!―遺伝子と神について (文春文庫) で知って、割と最近読みました。
タイトルは随分前から耳にしていましたが、なるほどこういう本だったのかと思いながら。

翻訳書ですから表現がややぎこちなく、おせじにも読みやすいとは言えませんが、内容はおおいにおすすめできます。
少なくとも私は、この本を読む前と読んだ後とで人生観が大きく変わりました。

学術書や翻訳書を読むのが苦手な方は、私のように
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
20代の頃に買いましたが、全部読む事が出来ませんでした。結局、世界の、日本の、人間の、あらゆる問題は、何代にも渡って刷り込まれた遺伝子が関係あると、突然変異がない限り、今回また購入して読みます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
『生物とは遺伝子によって利用される「乗り物」に過ぎない』という過激な比喩で有名な本書だが、
この部分的に切り取られた比喩は世間では、まるで生命や個人の人生と言うものに意味が無いかのように捉えられ、反感を抱く人も多いように思える。
これは大きな誤解で、ドーキンスはそんな虚無的な主張などしていない。
この比喩の意味と、それが面白い点はは、それまで生物を中心として考えられていた生物学を、遺伝子を中心として考えるよう大きく思想的に転回させる非常にユニークな発想だという事だ。
実際の所その半ば炎上的な手法が文筆家としてのドーキンスの宣伝が非常に優れている所でもあると思う。
本書の内容は当時の研究の紹介が中心となるが、本書は誤解されがちな生物学の思想の宣伝と周知に貢献したという点は疑う余地が無いだろう。
もはやかなり昔の本となったが、未だに遺伝や進化の話は一般に浸透しているとは言いがたいため、今読んでも非常にに面白いと思う。
旧版は『生物=生存機械論』というタイトルで出版されていたが、本書<増補新装版>では200ページほど注釈や追加章があり、旧増補版よりもページが増えているため新装版を購入したほうがよいと思われる。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
コストパフォーマンスが素晴らしいです。
ダーウィンの進化論の実験的データで論理的な証明をしています。
勉強になりました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書) を読んでから、これからの科学の歴史で人間は嫌でも「遺伝子」と向き合わなければならないと思い、1991年版を中古で購入。
多くの方がすでに素晴らしいレビューをかいているので、感動したという思いを伝えたくてレビューを書きました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 しらま VINE メンバー 投稿日 2009/7/5
形式: 単行本 Amazonで購入
生物に対する考え方を根本から覆してくれる本。接ぎ木や地下茎で増える植物はどこからどこまでが一つの生命なのか?血液中の白血球はそれ自体、生命と言えるのか?アリやミツバチはもしかして集団で一つの生命なのか?そんな昔からの疑問をクリアにしてくれたが、同時により複雑にもしてくれた。また、数理的なのに数式を使わない進化の法則の解説も重厚。生物はその法則が司る対象の一例に過ぎない。進化という思考ツールを用いて生物を理解する本と見てもいいし、生物という具体例をよりどころにして進化の法則を解明する本と見てもいい。いずれと捉えても素晴らしい古典である。

「利己的な遺伝子」だとか「生物は遺伝子の乗り物」だとか、センセーショナルなキャッチフレーズが一人歩きしがちだが、それらは耳目をひくためのささやかな装いに過ぎず、本論はどこまでも徹底したロジックとリアリズムが貫かれている。数式と専門用語の使用を最低限に抑えるなど、大衆への配慮はするが妥協は一切許さない。特に、私たちが普段慣れ親しんでいる情緒的な見方や目的論的な物言いは慎重に排除されている。生命の来歴を冷徹に淡々と解き明かしていく様は、まさにハードボイルド小説そのもの。もちろん、比喩としての情緒的・目的論的な表現の補足は避けられなかったようだが、これは私たちが言語によって世界を認識する際の制約と限界を示していると言えまいか。そしてそ
...続きを読む ›
1 コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー