¥ 3,024
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
利己的な遺伝子 <増補新装版> がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

利己的な遺伝子 <増補新装版> 単行本 – 2006/5/1

5つ星のうち 4.4 83件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 2,400

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 利己的な遺伝子 <増補新装版>
  • +
  • 神は妄想である―宗教との決別
総額: ¥6,048
ポイントの合計: 182pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「なぜ世の中から争いがなくならないのか」「なぜ男は浮気をするのか」―本書は、動物や人間社会でみられる親子の対立と保護、雌雄の争い、攻撃やなわばり行動などが、なぜ進化したかを説き明かす。この謎解きに当り、著者は、視点を個体から遺伝子に移し、自らのコピーを増やそうとする遺伝子の利己性から快刀乱麻、明快な解答を与える。初刷30年目を記念し、ドーキンス自身による序文などを追加した版の全訳。

抜粋

この本はサイエンス・フィクションのように読んでもらいたい。イマジネーションに訴えるように書かれているからである。けれどこの本はサイエンス・フィクションではない。それは科学である。いささか陳腐かもしれないが、「小説よりも奇なり」ということばは、私が真実について感じていることをまさに正確に表現している。われわれは遺伝子という名の利己的な分子を保存するべく盲目的にプログラムされたロボット機械なのだ。この真実に私は今なお驚きつづけている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 592ページ
  • 出版社: 紀伊國屋書店; 増補新装版 (2006/5/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4314010037
  • ISBN-13: 978-4314010030
  • 発売日: 2006/5/1
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 14 x 4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 83件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,200位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
30年経っても色あせない科学書は大変珍しい。本書の出版と同時に「科学者はどのようにして私たちの考え方を変えたか?」というドーキンスをテーマにした26人の科学者によるエッセイ集が出版されたが、そのことからも本書の影響力の大きさが伺える。

本書はしばしば時代遅れだ、古すぎるなどと批判される。確かに本書を読んだだけで進化生物学を理解したと考えるのは間違っているが、本書が時代遅れだという批判も同じくらい間違っている。というのも、本書が紹介している自然選択のメカニズム、種の保存論の誤り、血縁選択、互恵的利他主義、ESSと言った概念は現代的な進化生物学の中核をなしているためだ。現代的な理論物理学を学ぶにはニュートン力学の理解を避けて通れない。ニュートン力学が時代遅れだ(から学ぶ必要はない)などという批判が馬鹿げているのと同じように、進化生物学でそれらの概念が生き続けている限り、本書も素晴らしい入門書、概説書として生き続けるはずだ。

また本書は科学書であるだけでない。著者にはそのつもりはないかも知れないが、結果として哲学的な問いかけも行っている。生物の存在や進化に究極的な意図や目的はないこと、種の保存のためという論理はかなり大きく誤っていること、家族をいとおしいと思ったり手助けをしたくなる感情は当たり前なことではなくて、説明が必要な(そして説明されてい
...続きを読む ›
5 コメント 122人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
中学生のころ古本屋でちょっと立ち読みしたのがこの本との出会い。すごくおもしろかったのに、結局買わずじまいなまま(中学生はお金がないのだ)タイトルも忘れてしまって、ずっとなんの本だか思い出せないままでいた。でもこの本の言わんとするところはちゃんと頭に残っていたんだから、ドーキンスの理論の基本的アイデアは中学生にも理解できていたのだ。
なんで中学生にもわかるのか。それは、ダーウィニズムの不明確なところを、利己的遺伝子というただ一つのアイデアだけで、きっちり明解にしてくれるからだ。
考えてみてほしい。ダーウィニズムでいう淘汰の単位は、一体なんなんだろうか? 働きバチのカミカゼアタックは利他的だけど、同じ種や同じ群のなかで殺し合うこともある。どこに利他・利己の区切り線を引けばいいんだろう?
ドーキンスはこの混乱をあっさり解決する。区切りなんてものはない。淘汰の単位は、生命体を作り上げる基本的な単位である遺伝子であって、遺伝子はすべて利己的に振る舞うというのだ。一見利他的に見える行動は、そうすることでより多くのコピーを残そうとする遺伝子の利己的なふるまいで説明できる。ダーウィニズムをつきつめたこの理論は、実にわかりやすく納得しやすい。
ただしこの本、あまりに誤読が多いので注意。「人間が道徳的にはいかにふるまうべきかを述べようというのではない」と著者がわ
...続きを読む ›
3 コメント 136人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ダーウィン進化論の核心である自然淘汰の原理を、淘汰の単位は遺伝子であるという観点から、

具体的な生物行動を例にあげて徹底的に考察した渾身の大作である。

初版30周年を記念して出版された増補新装版であり巻末の補注が多く分厚い。

作者は、生物個体とは利己的な遺伝子に操作された「生存機械」であると言い切る。

その視点から、これでもかというほど具体的な生態例をとりあげ、

数式を使わずに利己的遺伝子論の有効性を丁寧に立証していく。

後半あたりになると少し込み入った話になるが、根気良く読んでいけば十分理解は出来る。

長いので集中力を維持するのが大変だがあせらずじっくり読むしかない。

ただ、原文が元々そういう性格なのか、訳に所々まずいところが見られ読みづらさを覚えた。

追加された章については、

12章は「囚人のジレンマ」を例に簡単なゲーム理論の紹介があり興味深い。

13章は同じ著者による「延長された表現型」の要約で、利己的遺伝子論の拡張部分である。

なお、「natural selection」の訳を「淘汰」としている点がまずいとの指摘が
...続きを読む ›
1 コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 しらま VINE メンバー 投稿日 2009/7/5
形式: 単行本 Amazonで購入
生物に対する考え方を根本から覆してくれる本。接ぎ木や地下茎で増える植物はどこからどこまでが一つの生命なのか?血液中の白血球はそれ自体、生命と言えるのか?アリやミツバチはもしかして集団で一つの生命なのか?そんな昔からの疑問をクリアにしてくれたが、同時により複雑にもしてくれた。また、数理的なのに数式を使わない進化の法則の解説も重厚。生物はその法則が司る対象の一例に過ぎない。進化という思考ツールを用いて生物を理解する本と見てもいいし、生物という具体例をよりどころにして進化の法則を解明する本と見てもいい。いずれと捉えても素晴らしい古典である。

「利己的な遺伝子」だとか「生物は遺伝子の乗り物」だとか、センセーショナルなキャッチフレーズが一人歩きしがちだが、それらは耳目をひくためのささやかな装いに過ぎず、本論はどこまでも徹底したロジックとリアリズムが貫かれている。数式と専門用語の使用を最低限に抑えるなど、大衆への配慮はするが妥協は一切許さない。特に、私たちが普段慣れ親しんでいる情緒的な見方や目的論的な物言いは慎重に排除されている。生命の来歴を冷徹に淡々と解き明かしていく様は、まさにハードボイルド小説そのもの。もちろん、比喩としての情緒的・目的論的な表現の補足は避けられなかったようだが、これは私たちが言語によって世界を認識する際の制約と限界を示していると言えまいか。そしてそ
...続きを読む ›
1 コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー