この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

利己主義という気概ーエゴイズムを積極的に肯定するー ハードカバー – 2008/12/5

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 6,000

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

現在もなおアメリカ人に支持され続けるアイン・ランドの過激な自由主義思想「リバータリアニズム」の全貌を明らかにする政治思想エッセイ集、本邦初訳。
「利己主義」こそ、人間の正しい生き方であると説き、他者へ利益を分け与える「利他主義」を断罪し、一般的には否定的なものと考えられる「利己主義」という概念を肯定的に提示。自由放任資本主義を積極的に肯定し、「利己主義」の真の意味を説くことで、人間という存在の意義、人生の意味、そして真に人間が人間らしく自由に生きられる社会・政治・経済体制を明らかにしていく。
本書は、アメリカの草の根に息づく真の「保守思想」を体現した思想家ランドによる啓蒙の書である。
徹底したエゴイストばかりならば、戦争は起きない!
利己的に生きることができない人間は、他人も世界も救えない!
「利己的に生きるなんて、わざわざ教えられる必要などない。誰だってそうしているし、簡単なことでしょう」と言う人々は、アイン・ランド的な意味における「利己的に生きる」ことの困難さを理解していないのだ。もしくは、その必要性を感じないほどに、より良く生きることに無自覚か、より良い生を生きたい欲望が希薄なのである。言い換えれば、自分の生を大切なかけがえのないものとは感じていないのである。自分の人生のかけがえのなさに鈍感な人間ならば、他人の人生のかけがえのなさにも鈍感に違いないし、他人の人生を蹂躙して平気であろう。
アイン・ランドが本書で弾劾してやまない悪とは、「生きているのに死んでいること」である。祝福してやまない善は、「とことん生きて生き延びること」である。
こう書くと、単純素朴過ぎるように聞こえるかもしれないが、生命体である人間にとって、これほど究極の悪があるだろうか? これほど究極の善があるだろうか? このような根源的な善悪の観念を、心と頭脳に刻みこむことは、どれだけ深く刻み込んでも深すぎるということはない。(「訳者解説」より)

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカ発の金融恐慌でも、資本主義が滅びることはない!一切の偽善を排して、真に自由のために戦い抜いたアメリカの民衆の保守思想家アイン・ランド女史。本物の自由主義(リバータリアニズム)思想の創業者にして戦闘的実践者の闘う言論、日本初上陸。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 294ページ
  • 出版社: ビジネス社 (2008/12/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4828414665
  • ISBN-13: 978-4828414669
  • 発売日: 2008/12/5
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 246,210位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
 「エゴイスト」たれ。著者のアイン・ランドはこう私たちに説く。
 真の「エゴイスト」になるべく、利己的に生きること、つまり徹底的に自分自身であることによって、私たちは自由の本来の価値を見出すのだ。本当の意味で利己的に生きることこそが、人類の理想に、善の達成に、つながるのだ。アイン・ランドは力強くそう宣言する。
 アメリカで長らく草の根の読者に愛読されて続けてきたアイン・ランドの哲学エッセイ集がついにここに本邦初上陸!
 自由、個人主義、そして資本主義。
 私たちは、本書を通読することによってはじめて、近代ヨーロッパないしアメリカが理想としてきたものを、アメリカの普通の一般読者の視線で、理解できるのではないだろうか。本書におけるアイン・ランドの書き方は荒削りで粗野だが、それでも簡素で素朴であるがゆえに心に響く良質の味わい深さを、読者は感じることができる。
 資本主義の理想はいまだ達成されていない。資本主義とは、自主独立の精神を持つ人間同士が、相互利益のための自発的な交換によって、商人として取引することによってのみ成立する政治経済システムなのだ。アイン・ランドが高らかに謳いあげる資本主義擁護論は、人間存在そのものの期待と信頼を前提にしたものであり、強烈なヒューマニズム、生の讃美がそこには秘められている。資本主義の悪と弊害ばかりが目につき
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
 この本では、アイン・ランド的利己主義(=単なる気まぐれワガママとは一切異なる、長期的視野に基づいた徹底的な自己の利益の追求)に基づいて生きることの、正当性・必要性が述べられている。

 この、ランド的利己主義は、個人の道徳として用いられ、さらにそのまま引き伸ばして、政治思想にまで用いられる。
 こうした手法が可能である事自体が、この思想が人間の生き方において、一貫した、根源的で普遍的なものである事の証明にはならないだろうか。

 はっきり言って、本書のように徹底的に利己的に生きる事は、簡単なことではない。むしろ厳しく難しいことである。しかし、こうした思想を自らの正しい基準として、完璧な自分の生き方として、常に心に留めておくのと、それが無いのでは大きな差がある。この点でも、本書を読むことの意義はとても大きいものであるだろう。
 とにかく、「より善く生きよう」と、前向きな気分になれる、そういった本である。

 
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
『何とかして、どうにかして、ともかくも』が入り込むのを許すような人間は誰であろうと・・・有罪である。これは心理的には寄生虫の前提である。『なんとかして』とは常に『誰か何とかして』の意味なのだ。・・・と著者は述べています。利己主義という言葉は、なにか自己中心的なイメージとして捉えていましたが、この本を読んで『人間は自分自身のために生きるべきで、自らを他人の犠牲にしてはいけないし、他人を自らの犠牲にしてもいけない』としっかり認識することが出来ました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
 本書に収められた一連の論考は、私がよちよち歩きを始めた頃に書かれたものだ。その意味では「古い」。けれど私にとっては、希望に満ちた新しい世界の扉を開いてくれる魅力的なメッセージ集だ。この世に生をうけたからには、とことんちゃんと生きてやろうじゃないかっ!当たり前のことなのに、その当たり前を、これまでの人生で果たしてどれだけ真剣に考えたことがあっただろうか。
 ランドの「きわめて向日的な健全さと骨太な生命賛歌」(本書・訳者解説289頁)の思想を、いまの日本に紹介することの必要性と重要性を確信するからこそ、訳者は『水源(The Fountainhead)』に続いて本書を世に送った。その気概のなかに、より良く生きたいと願う人たちへの愛情のあることを見逃してはならない。
 もしあなたが、「エゴイズムを積極的に肯定する」という副題に戸惑いを覚えるなら、たとえば次の一節にふれてほしい。

「愛するとは、価値を認めるということです。合理的で利己的な人間だけが、自尊心(self-esteem)のある人間だけが、愛することができるのです。なぜならば、合理的で利己的な人間は、確固とした首尾一貫した妥協のない裏切られることのない価値を保持できる唯一の人間だからです。自らを価値あるものとして考えない人間は、他人にせよ、事物にせよ、それに価値を認めることができないのです
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック