この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


利己主義という気概ーエゴイズムを積極的に肯定するー (日本語) ハードカバー – 2008/12/5

5つ星のうち3.8 11個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ハードカバー
¥5,360
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカ発の金融恐慌でも、資本主義が滅びることはない!一切の偽善を排して、真に自由のために戦い抜いたアメリカの民衆の保守思想家アイン・ランド女史。本物の自由主義(リバータリアニズム)思想の創業者にして戦闘的実践者の闘う言論、日本初上陸。

著者について

アイン・ランド
1905~82年。アメリカの国民作家、政治思想家。ハイエクやフリードマンと並んで、自由放任資本主義を支持する超個人主義的自由主義(リバータリアニズム)の提唱者のひとりとして知られる。本名はアリッサ・ロウゼンバウム。ユダヤ系ロシア人としてサンクト・ペテルブルクに生まれるが、1926年にアメリカに単身亡命し、生活苦と闘いながらハリウッドでシナリオ作家をめざす。43年に本書『水源』を発表し注目を浴びる。57年に出版された『肩をすくめるアトラス』(ともにビジネス社刊)によって文名を確立。以来、これらの二大長編小説は、アメリカの知的な若者にとって必読書となる。

藤森 かよこ
桃山学院大学国際教養学部教授。アメリカ研究専攻。
翻訳にアイン・ランド作『水源』(ビジネス社)。編著に『クィア批評』(世織書房)、共著に『リバタリアニズム読本』(森村進編著、勁草書房 )や『権力と暴力』(古矢旬・山田史郎編著、ミネルヴァ書房)がある。
ウエッブサイト「藤森かよこの日本アイン・ランド研究会」主宰。

登録情報

  • 出版社 : ビジネス社 (2008/12/5)
  • 発売日 : 2008/12/5
  • 言語 : 日本語
  • ハードカバー : 294ページ
  • ISBN-10 : 4828414665
  • ISBN-13 : 978-4828414669
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.8 11個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
星5つ中の3.8
11 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年6月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2013年2月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2009年1月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2011年1月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2009年1月26日に日本でレビュー済み
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2009年8月20日に日本でレビュー済み
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2009年2月8日に日本でレビュー済み
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2008年12月23日に日本でレビュー済み
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告