利家とまつ 加賀百万石物語 完全版 第一巻 [DV... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

利家とまつ 加賀百万石物語 完全版 第一巻 [DVD]

5つ星のうち 3.1 12件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 12,960
価格: ¥ 9,800 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,160 (24%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、[国内正規品]アニメイタア通販支部[即日配送、全品保証付]が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 9,800より 中古品の出品:9¥ 2,200より コレクター商品の出品:1¥ 23,980より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサル TVドラマ】 -アメリカのTVドラマ50%OFFや日本初上陸の新作情報など、ユニバーサルのTVドラマ情報はこちら

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 利家とまつ 加賀百万石物語 完全版 第一巻 [DVD]
  • +
  • 利家とまつ 加賀百万石物語 完全版 第二巻 [DVD]
総額: ¥14,079
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 唐沢寿明, 松嶋菜々子, 反町隆史, 香川照之, 酒井法子
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2003/10/24
  • 時間: 363 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 12件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000CBC7S
  • JAN: 4988102931810
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 59,387位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

唐沢寿明 & 松嶋菜々子主演によるNHK大河ドラマ全49話を、単品DVD7巻でリリース!
加賀百万石の礎を築きあげた前田利家と妻まつ。その夫婦の愛の物語を軸に、疾風怒涛の時代を熱く生きた人々を家族という視点からとらえ、愛と笑いと涙とスペクタクル満載で描いた大型エンターテインメント!利家とまつとの出会い、信長との確執から和解、そして藤吉郎(秀吉)の出世までを描いた第1回~第8回を収録。

◆2002年1月6日~12月15日 毎週日曜日 NHK総合テレビにて放送 〈収録話〉第1回「婚約」 第2回「笄(こうがい)斬り」 第3回「出仕停止」 第4回「桶狭間の奇跡」第5回「まつの大ぼら」 第6回「祝言」 第7回「出世合戦開始!」 第8回「猿は天才だぁ!~」
〈スタッフ〉
原作・脚本:竹山 洋/音楽:渡辺俊幸/制作統括:浅野加寿子/演出:佐藤峰世、鈴木 圭、伊勢田雅也

〈キャスト〉
唐沢寿明/松嶋菜々子/反町隆史/香川照之/酒井法子/天海祐希/山口祐一郎/竹野内 豊/q嶋政宏/丹波哲郎/松平 健/菅原文太

内容(「Oricon」データベースより)

2002年1月6日から12月15日までNHK総合テレビにて放映された、唐沢寿明、松嶋奈々子主演による大河ドラマ。信長、秀吉、家康の時代を生き抜き、加賀百万石の礎を築き上げた前田利家と妻まつの波乱の人生、夫婦愛を軸に、激動の時代を熱く生きた人々を描いたエンターテインメント。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

とにかく、まつありきの作品。
まつの周りにいる人間は、まつの凄さを理解させる駒のような感じ。
主役のはずである、利家もそんな扱いなので不快感というより、
違和感がすごい。
特に印象的なシーンがこれです。

秀吉がお金が必要だからとねねに利家に借りに行ってくれと頼みます。
利家が不在で、まつが事情を聞いて利家の了解も得ずにお金を貸してしまいます。
利家は当然激怒しますが、まつは謝らず必要なことだったと開き直り。
なぜか利家もそれを許してしいます。

えぇ・・・としか思えません。
とにかくまつはすごい、まつは賢い、まつはえらい、まつは天才。
これがずーっと続きます。
女性向けの作品かなとは思いますが、
ここまで露骨なまつ推しは女性が見ても違和感があるんじゃないかと。

ちなみに同じように夫婦が主役の「功名が辻」は反省したのか
千代をそこまでたてないようにしています。
この作品から大河ドラマが若い方向けにシフトしたように感じます。
昔ながらの重厚な大河ドラマが好きな方にはおすすめできないですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
歴史上のどの人物を主人公にしても良いと思います。でもこのドラマに登場する利家の軽薄さは観るに堪えません。多分、歴史上の利家はもっと多面性のある底の深い人物だったのではないかと想像します。松嶋菜々子も(他の役者さんも)こんな役をやらされて気の毒です。そういえば、この脚本家の書いた朝ドラ『天花』のヒロインさんも気の毒だと思いました。実績が無かったのでその後の活躍の話は聞きませんね。脚本家の軽薄な世界観にこのドラマのつまらなさの根源があると感じました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 るん 投稿日 2006/10/9
まっこれを機に大河が普通のトレンディドラマとの垣根を取っ払ってしまい…な〜んだ民放にも出来るじゃんって事で大奥が制作されるようになったって事だね
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 読書の秋 VINE メンバー 投稿日 2009/6/7
他の方もおっしゃっていますが、私の考えも「大河ドラマはあくまでもドラマ」なので、史実に忠実であることにとらわれるよりドラマとしてしっかり作られていれば多少のフィクションもいいのではと思っています。史実をさらうだけなら民放やドキュメンタリーの類いでいくらでもありますし。
かといって最近多い「あまりに荒唐無稽な茶番」にはさすがに辟易しますが。

この作品は、信長より先に死ぬはずの吉乃が長生きしていたり、まつがあちこちしゃしゃり出たりと、伝わっている史実と違う部分が確かに多いです。
正直放送当時は「トレンディドラマの俳優を集めた話題作りだけの作品」と呆れていたので、見続けるうちにハマっていくうちに「ドラマは結局、脚本と演出が演者を光らせも曇らせもするのだ」と痛感させられました。
ドラマとしてみた場合、テンポもよく(信長の死後は悪くなりましたが)、演者さんは皆好演しています。

特に『織田信長』という人物の描かれ方にとても共感しています。
これまで散々、信長=冷酷無比のカリスマという描かれ方が極端に行き過ぎてそれが定着してしまった感がありますが、この作品の信長は織田家を束ねる為に見せつけなければならない鬼の部分とは別に、部下の人間関係に細やかな配慮を見せるなどマメな人間らしさが出ていてとても好感が持てました。<
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
三組の夫婦のホームドラマというキャッチコピーだった「利家とまつ」。女性陣もよかったが、特に個性溢れる男性陣が素晴らしかった。
特に実直すぎて融通のきかない佐々成政を演じた山口祐一郎が素晴らしい。それを観られるだけでも買う価値があるかもしれない。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
通常のドラマに慣れ親しんだ方は、取っ付き易い脚本・演出だったと思う。評価は真っ二つに分かれる本作品ですが、良くも悪くも視聴者(特に若い女性)に媚びた内容になっている事は否定できないだろう。力強い戦国武将像を望んでいる方にとっては、納得しかねる内容だろう(尤も、“前田利家”がそういう人物だったか疑問があるが)。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す