中古品
¥ 15
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆中古商品のためキズ、日焼け、使用感等ある場合が御座いますが概ね良好な状態になります。商品説明に付属品(付録・特典等)の記載がない場合は、付属しておりませんのでご了承ください。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

利休遺偈 (小学館文庫) 文庫 – 2005/4

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥ 1
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

茶道千家から消えた、利休遺言の書の行方…
秀吉による追放の憂き目から紆余曲折の末復興した茶道家元・表千家。しかり7代目如心斎の代に相次ぐ悲報が同家を襲う。そして、いつの代からか行方不明となっていた祖・利休の辞世の書の行方を必死に捜索するが−。

内容(「BOOK」データベースより)

秀吉による追及の憂き目から、紆余曲折の末に家を再興した茶道家元・表千家。七代目如心斎の代、相次ぐ悲報が同家を襲う。茶の湯の求道者としての使命感と情熱を礎に、悲しみと困難を次々と乗り越える彼だったが、しかし、家元としてどうしても果たさねばならない難題を抱えていた。それは、いつの代からか行方不明となっている、祖・利休が割腹の間際に遺した辞世の書「利休遺偈」を捜し出すこと―。宿願・家宝奪還は、果たしてなるのか。茶の湯の世界を描き切った歴史小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 347ページ
  • 出版社: 小学館 (2005/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094080392
  • ISBN-13: 978-4094080391
  • 発売日: 2005/04
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 775,314位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(4)

トップカスタマーレビュー

2016年8月15日
形式: 文庫|Amazonで購入
コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2005年9月4日
形式: 文庫
コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2005年9月25日
形式: 文庫
コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバー
2010年3月13日
形式: 文庫
コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告