お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

利休にたずねよ 通常版 [DVD]

5つ星のうち 3.5 13件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 4,069 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 35 (1%)
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 4,069より 中古品の出品:10¥ 704より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【キングDVDマーケット】 ももいろクローバーZのライブDVDやアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ほか、新着タイトルや人気ランキング、キングレコードのミュージックやアニメなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 利休にたずねよ 通常版 [DVD]
  • +
  • 千利休 本覺坊遺文 [DVD]
  • +
  • あの頃映画 「利休」 [DVD]
総額: ¥7,777
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 市川海老蔵, 中谷美紀, 市川團十郎, 伊勢谷友介, 大森南朋
  • 監督: 田中光敏
  • 形式: Color, Dolby, Letterboxed
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2014/06/13
  • 時間: 123 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 13件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00IPRVE1E
  • JAN: 4988003825782
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 15,009位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

狂おしき<美>の原点。時の権力者をも畏れさせた茶聖・千利休の正体とは?美への情熱。禁断の恋。彼の心に秘められた謎に迫る。
利休の茶は、若き日の恋から始まったー。原作は、確かな時代考証に基づく斬新な切り口で、希代の茶人の出発点を浮き彫りにした、山本兼一の「利休にたずねよ」。もはや歴史小説の枠を超え、第140回直木賞を受賞した傑作が今、長編映画として新たな生命を宿した。海外では、日本の美を体現する映画として大きな注目を集め、第37回モントリオール世界映画祭、最優秀芸術貢献賞を受賞した。主人公・千利休を演じるのは市川海老蔵。利休を見守り、寄り添う妻・宗恩には中谷美紀。利休に惚れ込む戦国の覇者・織田信長に伊勢谷友介。利休への愛憎をあらわにする天下人・豊臣秀吉に大森南朋。そして利休の師・武野紹鴎を市川團十郎が演じる。"人間・利休"が遺した謎と、生涯にわたり秘め続けた恋。今まで全く見たことのない斬新な利休像が誕生した。
★第37回日本アカデミー賞作品賞最有力候補! ! 主要9部門ノミネート! ! 優秀作品賞、優秀主演男優賞(市川海老蔵)、優秀助演女優賞(中谷美紀)ほか主要9部門にノミネート! !
★第37回モントリオール世界映画祭 最優秀芸術貢献賞 受賞! ! 「おくりびと」「わが母の記」を大ヒットに導いた、世界的映画祭モントリオール世界映画祭で最優秀芸術貢献賞受賞! ! 日本の美を世界が認めた! !
★第140回直木賞受賞作完全映画化! 先日惜しくもなくなりニュース報道された山本兼一原作の第140回直木賞受賞作の完全映画化! !
★故・市川團十郎最後の映画出演作。 昨年なくなった市川團十郎の遺作にして、市川海老蔵との親子共演が話題になった作品! !

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

千利休の人物像を新たな解釈で描いた山本兼一の直木賞受賞作を映画化。織田信長に重用され、豊臣秀吉の下“天下一宗匠”として名を馳せながらも、秀吉の怒りを買い切腹を命じられた茶人・千利休が遺した謎と生涯秘め続けた恋を描く。主演は市川海老蔵。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

歴史的な由来や作法にツッコミがある映画ですが、そこは置いておきます。

個人的に海老蔵さん演じる千利休はアリでした。その立ち居振る舞いは新しい人物像を作り上げ、この映画の空気を醸し出してます。演出はクサイものもあるが、ゆったりとしたテンポに、織田信長と羽柴秀吉の二人との対比も面白かった。
伊勢谷信長は凄い気に入りました。
また、妻の中谷美紀さんも良い按配で海老蔵さんと絡むので感情移入もしやすかった。

ただし、終盤のラブストーリーはダメでした。まず冗長、長いのです。ここに差し掛かるまでに所々それを示唆するシーンがあり、ある程度の結末が予測できるだけに、さらにここで二つ目の理由として、千利休の美を追求する原点の訴求力があまりに弱いため、早く最後の見せ場にならないかと待たされることとなりました。
ありがちな悲恋物語は、この映画には美しくない。
長めの映画でもあるのでここは短くするか、思い切ってカットしても良かったと思います。

見終わって思ったのは、ラブストーリー以外の主要人物の演技が素晴らしかったなと、そう感じました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ひどいもんだ。
利休さんって、こんな"嫌な"奴だったのかね?
海老のせいか?
やること、なすこと、ムカつくことばかりでした。
最大なのは、エラそーな物言い。
ちょー上から目線でさ、
何様かい!と本気で思ってしまった・・・
こんなやつに尋ねたかぁねぇわい。
これじゃあ、秀吉じゃなくたって、怒ると思うよ~

伊勢谷の信長が観たくて
拝見しましたが・・・
出番少ないし・・・

全く誰にも共感できなかった、つらい120分です・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
いちいち画面がキマッている。
茶道具はたぶん本物だし点前も正確で演者もカメラも十分意識
してやってる、裏千家も相当監修してるに違いない。
セットも衣装も成金時代劇ではなく、きちんと渋いものは渋く、
安っぽくなく如何にも教養人が首是しそうなお金の掛けようです。

ですがどうにもこうにも、この良くできている感がCMっぽい。
利休が海老蔵さんで妻が中谷美紀さんというのも実は大きな要因。
演技も雰囲気も一流ですよね、確かに。でもわかっちゃいるけど
受ける印象は「おーい、お茶」。。。。(>ω<。)
ちなみに製作スタッフのクレジットを擬視すれば、
そこには、伊藤園。 さすがです。スタッフの気配りと僕の目配り。

そもそも違和感感じるのは利休も、他の茶人たちもみんながみんな
「美」とか「私がかしづくのは美しいものだけです」とか臆面も
なく口にするものか?という点です。
この作品の根本テーゼや最大のキャッチコピーがこれなんですが、
気になってしょうがない。
戦国武将やこの時代の茶人が「美」って言うか?
この言葉自体、アートとかミューゼと一緒に明治以降
やっと使われてきた新しい概念語の印
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
他のレビューアーの方も書かれていますが、秀吉に大森南朋を演じさせたことが、そもそも失敗のもとだと思う。
大森の演技の軽さのせいで、(美意識を含め)すべてを統べる天下人である秀吉と利休のこだわる美しさとの
葛藤が全く深みに欠けてしまっている。
信長を演じた伊勢谷友介が”良い感じ”で演じているので、大森のキャスティングが非常に残念である。
また、石田三成役の福士誠治も軽い。
それと、難点がもう一つ。
若きの恋に破れる前とその後の、利休の変わりようが極端過ぎる。私は原作を読んでいるので、映画化
に大いに期待したのだが、正直、いまひとつ満足できない作品であった。
という訳で、評価は☆3つ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
静かな美しい映画が観たいと思い、この作品に行き当たった。
前半は、素晴らしかった。海老蔵が演じる利休の身のこなし、静謐さ、話し方すべてが美しく、ここまで彼はすごいのだと思わせた。確かに幼いころから、舞踊や茶道を当たり前のこととして身に着けているのだから、それが自然に表現されただけのことかもしれない。

だが、後半はまるでパロディが始まったようだった。高麗の拉致された女に恋をしてしまい、心中するというもの。(ただし、利休は死ぬことができなかった)それにしても、茶道に傾斜している男性が、立膝をして食する女に恋ができるものだろうか?
後半に至っては、歴史に詳しくない私でもわかるぐらい、ありえない話の連続だった。なぜ、高麗から女性を拉致するのかわからないし、朝鮮の食材というものにも、とても疑問が残ったし、茶花にムクゲ?ありえない。それに、あの当時の朝鮮の女性はあんな服装してた?
さらに、茶道が朝鮮が発祥だったなんて?ビックリ! ファンタジーならともかく、前半の真剣さを考えれば、なぜそうなるの?という言葉しか出てこなかった。
そして、心中するときに、茶道のお点前を使って毒を盛るなんて、茶道を冒涜しているにもほどがある。たぶん、原作の小説に問題があるのだろう。

海老蔵と中谷美紀は素晴らしかった。前半の世界がそのまま続いていけば、ほぼ納得の映画だったのに残念!あと、伊勢谷友介の信長も必見。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す