この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

別冊宝島1009号「音楽誌が書かないJポップ批評~尾崎豊特集号」 (別冊宝島 (1009)) ムック – 2004/4/20

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 200
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • ムック: 135ページ
  • 出版社: 宝島社 (2004/4/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796640681
  • ISBN-13: 978-4796640688
  • 発売日: 2004/4/20
  • 商品パッケージの寸法: 25.4 x 18 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,145,219位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ムック
尾崎についてと言うより、尾崎の紹介と、今の若い高校生達が尾崎を見てどう思うかを書いています。唯、尾崎の事を知らない学生達が、少し尾崎をけなしている場面があり、まったく的を射てない、尾崎に関係のない所が所々に見られます。
尾崎ファンは少し退屈してしまう品です。
参考にならないようでしたら申し訳ございません。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
本書は2004年5月に刊行された尾崎豊の論稿特集です。専門性がありながら、雑多で俗っぽさは拭えない内容であり、読者の判断力が問われる音楽誌だと思います。概要は、尾崎のどこがエバーグリーンでどこが時代に縛られているのか? 彼は何と闘っていたのか? 尾崎流プロテストソングの真の意味は? その音楽は次世代にどう継承されたか? などの疑問を、三十数名の執筆者が、21世紀から80年代という時代を見据え多角的に徹底検証しているものです。尾崎豊は、芸術という以上に相手、聴衆の存在と共振し、日常を破砕するような革命的な要素を持っていたように思います。永遠に不在となった尾崎を守るには、ただひとつ彼の生きた証である作品の意味を理解することに尽きると思います。彼の歌や生き様を再び味わう為に有益な副読本として、折に触れ参考にさせて貰っています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告