中古品
¥ 650
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は並の中古本です。中古品ですので多少のキズ、オレ、ヨゴレ等ある場合がございますので状態にこだわる方はご遠慮ください。商品説明に付属品(帯・付録・特典等)の記載がない場合は、付属しておりませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

別冊カドカワ 総力特集 佐野元春 カドカワムック 62483‐67 (カドカワムック 364) ムック – 2010/12/20

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック, 2010/12/20
"もう一度試してください。"
¥ 439

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • ムック: 233ページ
  • 出版社: 角川マーケティング(角川グループパブリッシング) (2010/12/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048954148
  • ISBN-13: 978-4048954143
  • 発売日: 2010/12/20
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 365,408位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

前回、佐野元春特集が別冊カドカワで出たのは90年代半ばでしたが、当時よりも紙も印刷もはるかに良くなりました。値段も4桁になりましたがw
30年のキャリアを持つ超大御所となった佐野元春ですが、その本質はデビュー当時から変わらないファンに対する誠実さ、音楽に対する姿勢、言葉を大事にする態度、これらに尽きると思います。白髪が増えても、以前のような声が出なくとも、上記の点は一切変わっていない様に思います。
このムックは、その音楽、その人となりを数多くの周りの人々の証言から伝えてくれます。
そのボリュームはもの凄く、大瀧先生、小田和正氏、銀次に杉真理、山下久美子も...!
さすがに30年のキャリアだけに全曲の詳細解説が無いのは残念ですが、仕方無いですね。
2011年早々にツアーが予定されていますが、今度はオリジナルアルバムが待ち遠しいですね。
Beat Goes On!
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
元春のキャリアに欠かせない人たちが、故人を除いて、総登場しているのが秀逸。個人的に、大瀧詠一さん、スイッチパブリッシングの新井さん、グラフィックデザイナーの駿東宏さん、ビートの伝道師、ムロケンさんこと室矢憲治さんが参加されてるのが嬉しかったです。
残念なことは「元春レイディオショー」に関する特集が無いこと。あと「月刊カドカワ」で連載していたコラム「TAKE BACK GOOD」をすべて完全復刻して欲しかった。あのすべての文章に元春の真髄があると思うので。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本当に佐野元春についての責任編集は何年ぶりか…
1990年代初頭のザ・ハートランドの末期でアルバム「ザ・サークル」の頃
以来、待望久しい元春特集の読み物だった。
(月刊カドカワも15年ぶりくらい…)
30周年という長い期間を忘れさせる程、時代に色あせない元春の作品群
…大ヒット曲は少なくとも、なぜ彼がこの業界で生き延びてきたかが
はっきりわかる読み物だ
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック