中古品
¥ 167
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーの表の下部のスミにヨレによる折れの跡と背の下部にヨレによるしわがあります。小口に薄汚れがあります。ほかは若干の使用感はありますが、中古品として概ね良好なコンディションです。コンディションガイドラインに沿って販売、比較的状態の良いものを選んで販売しております(書き込み・マーカーの無い状態)が、中古品の為若干の使用感や傷みがある場合がございます。万が一品質に不備があった場合には返金対応。消毒後に防水シートまたは保護シートに包んだ後、梱包して発送いたします。付録や付属品につきましては明記のないものは原則として付属しません。この商品は(神代本舗発送代行)により年中無休で毎日発送されます。神代本舗が発送する商品は地域の障害者活動支援センターで1点ずつ丁寧に梱包して発送いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

刑務所の中 コミック – 2000/7

5つ星のうち 4.4 69件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 821 ¥ 199
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 83
コミック, 2000/7
¥ 90

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

商品説明

   刑務所の中って一体どうなっているのだろう。
   独房の構造は、クサい飯とは、実際どんなものなのか。トイレはどうしているのか。看守は? 囚人同士の関係は?

   現役漫画家である著者が、記憶をたよりに細密な絵で描く『刑務所の中』は、そんな単なるヤジ馬的好奇心を満たしてくれるばかりではなく、狭い閉ざされた空間でヒトはいったい何を思い、どんなことに楽しみを見出して過ごそうとするものなのか(「マーガリンつきのパン食」のエピソードは必見)、しみじみと教えてくれる秀作である。

   巻頭にはマンガ評論家の阿部幸弘らとの対談を収録。著者が3年の懲役を受けるに至った経緯が、自戒の念を込めて語られている。あとがきでは呉智英が著者の才能が潰れることがないようにと念じながら獄中の著者と手紙のやり取りをしていたエピソードを披露している。

   獄中の著者が「一日が過ぎるのがものすごく早い」と独白しているが、四六時中監視されながら複数の人間が閉じ込められている「緊迫」と、生活のすべてが看守の号令のもと受身に過ぎていく「弛緩」に、読んでいるほうもあっという間に引きずりこまれて、しばらく抜け出せなくなるのでご用心あれ。(福山紫乃)

内容紹介

地獄…極楽!? 実録凄絶獄中記!!
拳銃不法所持で懲役3年の獄中生活を送った鬼才漫画家が描く、おかしくも哀しい 知られざるムショの世界。話題の大ベストセラー『刑務所の中』が、ついにKPC版で登場!! 大ヒット映画『刑務所の中』原作!!

--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • コミック: 239ページ
  • 出版社: 青林工芸舎 (2000/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883790657
  • ISBN-13: 978-4883790654
  • 発売日: 2000/07
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 69件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
 感想は他の方も言っているとおりなので、文庫版としての気づきを書きます。
 コミック版は確認していませんが、既に持っていたコンビニ版と比べると、この文庫版は原稿の左右が少しカットされています。
 そのため、絵が全体にわたっているページなんかは端の部分がなくなっています。絵だけならまだしも、文字まで途中で切れて読めない箇所がわずかながらあるのは、配慮が足りないと思います。
 もっとも印刷の具合は絵の暗い箇所が黒くつぶれてしまっていたコンビニ版より出来がいいし、新たに16ページの刑務所のイラストが追加されていますので、悪いことばかりではありません。総合して星一つ減点としました。
2 コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ちびまる子ちゃんのキャラクターの一人にも冠されている花輪氏の代表作?である。

巷では花輪和一と丸尾末広を同一ジャンルとみなす風潮もあるようだが、確かに表面的なグロさは似ているものの、作者の業や怨念といったドロドロした情念の強さでは花輪氏の圧勝であろう(全くの主観的な思い入れ)。

そんな中、著者の刑務所内での実体験を描いた本作品は、刑務所内の食事や入浴など日常の何気ないことを淡々と描いているため、初期作品のようなグロさは全くなく、何だかホンワカと読むことができる。

でも、彼の初期作品(歴史物が多い)のグロさを知っていると、本作品にもそうした片鱗が端々に伺われて、ファンとしては何だか癒される。

特に出所が不安で仕方のないネクラな中年元強盗犯に対して、作者が「へへへ、あいかわらず暗いな」「好感が持てるなあ受刑者の中で一番好き''」と心の中で呟きながらも、「今度つかまりそうになったらさあ 思いっきし走って逃げればだいじょうぶだよ」「親からもらったりっぱな体があるんだから」と声をかけているところは(P124)、花輪氏の人格が滲み出ているようで胸がキュンとしてしまった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
だいぶ知られているとは思いますが、ちびまる子ちゃんに出てくる花輪君のモデルでもある、
花輪和一様の作品を読み始めるには最適な作品。
わたしもこの作品から読み始めました。
最初の印象は『変なおっさん』でしたが、他の作品を読み進めていくうちに、『花輪先生』、そして『花輪和一様』と変わって行きました。
それぐらい他の作品も楽しくて素晴らしいです。
『刑務所の中』を読みおわったら、次は『刑務所の前』を是非読んでみてください。
その後は『天水』なんかが読みやすいと思います。
後はもう手当たり次第に勝手に読むことになると思います。

また、この文庫本には描き下ろし21ページ+単行本未収録作品も多数収録されてるんです!
ビューーーです!
単行本を持ってる人だって絶対に買いに決まってる!
願いまーす!
『刑務所の中』一冊願いまーす!
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
映画になって、もう1回人気沸騰中のマンガ。この機会に読んでいない人はぜひチャレンジしてみましょう。ム所の生活は、興味はあれど、なかなか知ることができない「秘境」。たまに、テレビでム所の日常を紹介しているものがありますが、モザイクがかかったりして、なんとなく遠い。暗い。ところが、この本には、そんなものが微塵もない。起きて、食べて、寝て、シンプルな生活の様子がただただ、淡々と続きます。「犯罪って悪いことなのね」「刑務所に入る人だってあったかい人間なのよ」なんて高尚な結論にはたどり着きません。ただ「あー。ム所も生活の場所なんだ。同じ地続きの場所にあるんだ」とのほほんとした気持ちになるだけ。そこがなんとも、好ましい。
家具や生活道具などの、細かい描写にもびっくり。見れば見るほど緻密。昔、仕掛け絵本ってありましたよね。例えば、キッチンの絵に、いろんな扉がついてて、食器棚を開くとお皿が書いてあるって。そんな絵です。一こまの中に、普通なら見落としてしまいそうな、いろんなものが残らず書き込んであります。なんだか人の家を覗き見しているような、楽しさもこの本の大きな魅力でしょう。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
勝手に選ぶ現代三大私小説漫画のひとつ,
ちなみにあとふたつは『無能の人』『失踪日記』.

絵柄のせいでなにげなく後回しになってましたが
文庫も出た事だしやっと読みました.
驚いたり悲しんだりすることなく
ただ淡々と綴られる刑務所の中の生活.
「閉じ込められる」「封じられる」ことへの
根元的な恐怖感を描写しつつも,あくまで
冷静に俯瞰された視点なのが素晴らしい.
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック