中古品の出品:9¥ 2,686より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

刑務所の中 特別版 [DVD]

5つ星のうち 4.3 46件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:9¥ 2,686より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 山崎努, 花輪和一, 香川照之, 田口トモロヲ, 松重豊
  • 監督: 崔洋一
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2003/08/22
  • 時間: 93 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 46件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000A4HRX
  • EAN: 4540088002993
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 35,273位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   銃刀法違反で3年の刑に服すことになったガンマニアのハナワカズイチ(山崎努)は、刑務所の中で穏やかで淡々とした日々を過ごしている。厳しい規則はあるものの、彼にとって刑務所はまるでパラダイスであった…。
   花輪和一が自身の刑務所体験をつづった人気コミックを『月はどっちに出ている』などで知られる“戦う映画監督”崔洋一がリリカルに映画化した快作。刑務所という非日常の中で日常を過ごす囚人たちのおかしみに触れるにつれ、2、3日なら刑務所の中で生活してみるのも楽しいかも、という気にすらさせられる。山崎をはじめ田口トモロヲ、香川照之(キネマ旬報助演男優賞受賞)らキャスト陣もそれぞれ好調。登場する質素な食事も、妙においしそうなのであった。(的田也寸志)

レビュー

製作・企画: 若杉正明 エグザクティヴプロデューサー: 石川富康/岩城正剛 監督・脚本: 崔洋一 原作: 花輪和一 脚本: 鄭義信/中村義洋 撮影: 浜田毅 美術: 磯見俊裕 照明: 松岡泰彦 録音: 鈴木肇 出演: 山崎努/香川照之/田口トモロヲ/松重豊/村松利史/伊藤洋三郎/斎藤歩/大杉漣/椎名桔平/窪塚洋介
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

映画は原作・花輪和一の実体験を元にした漫画を映画化したもので、
原作者の入所時の綿密なメモと記憶で“刑務所の中”が花輪和一目
線で見事に『刑務所の中』が再現されています。
はっきりいって面白いです。面白すぎます。恐らく花輪和一という
人の感性もあるのでしょうが、全くもって刑務所というイメージを
覆すような内容でした。
普通刑務所といえば、悪態をつく暴力刑務官や、受刑者同士のいざ
こざ、悲壮感などをイメージしますが、この映画では全然ありませ
んでした。
むしろ問題を起こした大人たちの学校という感じで、なんとも明る
いのです。服役をいっそ楽しんでやろうかというように見えます。
特に漫画家であった花輪和一氏は、絶対ネタになる。と思ったに違
いありません。
全体としてカタルシスや物語性は一切無いですが、刑務所の中を通
してなぜか温かい気持ちになるから不思議です。本当にいる人たち
だったのでしょうが、みんな個性的で、愛嬌があります。そういう
人たちが犯罪を犯し、服役していると考えると、社会的なメッセー
ジを勝手に想像もできます。
そういった一風変わった映画の配役を見事に演じた山崎努、他、共
演者に拍手を送
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
私はこの作品を映画館で見ました。
評判のわりに その日はガラガラで。
でも、そのおかげで みんな声をあげて大笑い。
物語が始まってすぐにもう笑えます。
どう考えても どーでもいいことに「いいおとな」が必死ですから。
”中”は、「そりゃないだろ?」の山盛り。
人間の突発的生理現象より規則が優先されるわけです。
 集団生活ですからね、確かに。
 それぞれ 犯罪に手を染めてしまった人たちですし。
・・でもねぇ。
少し引いた視線で 軽々と日常を描いていくわけですが、
山崎努さんの 独言は「うまいっ」の一言です。
しかし 佃煮系のおかずが多すぎないか?
糖分も取りすぎにならないか?
この映画を見てから、お菓子の「アルフォート」を見かけると
笑ってしま!います。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
物語りは銃刀法違反で捕まった男の独白を中心に淡々と刑務所生活が進んでいきます。
刑務所映画では珍しく刑務官の陰湿なイジメや受刑者同士の暴力ざたも一切なくまるで全寮制の男子高のような感じです。
また、他のレビューでも書かれていますが食事がメインの映画で、メイキングを見てもらうと監督のこだわりが伝わります。
主演の山崎さんの独白も茶目っ気があったり「悪いことしたのに、よくもまあ忘れず三食くれるよなぁ〜」といったような風刺も効いてます。
ただ、コメディーなので娯楽映画として見ればいいのですが、もし自分がホームレスになって路頭に迷うくらいなら犯罪を犯してこの刑務所に入りたいなぁと危ない妄想をしてしまうくらい魅力的な映画でした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/6/7
この映画の中で山崎努がお風呂場だかトイレだとかで『あ~、充実してるなぁ~』と言う所があるのですが、そのシーンで妙にジーンとしてしまいました。
清潔に保たれたムショの中と陽気なメンバー達や雪、雑草、野球、BGMのクラシックそれらが妙な調和をしていてうっとりさせられます。
泣いたり笑ったりする類の映画ではないですが、こういう私小説的映画の良さはどれだけ時間が経っても色褪せるものではないと言う点で素敵なものだと思います。
日常に対する愛情が味として染み出してきて独特の風味を帯びていて、
それは気を付けないとやり過ごしてしまいそうにほんのりとした味なのですがとても良質です。
個人的にはこういう映画と共に退屈な時間をやり過ごせたらものすごく幸せです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作も読みましたが、かなり原作の良いところが映画で表現できてます。
オフビート感覚で物語らしい物語はなく、いくつものエピソードで構成されていて、それぞれが独立しても充分に面白い。
役者が皆良いです。

ハナワ:山崎努
伊笠:香川照之
田辺:田口トモロヲ
小屋:松重豊
竹伏:村松利史

DVDには各役者へのインタビューも入ってますが、現場が本当に楽しかったみたいで又観たくなりました。
特典映像から崔洋一監督は、かなり細かく演技の指示を出してたみたいですね。
どうってことのないシーンに見えたのですが、やっぱり納得できないと何度もやり直すんだなあと妙に感心してしまいました。
一度は原作を元にストーリを組み上げてみたけど、納得いかなくて撮り直したとも言ってました。
主演の山崎努は原作者の花輪和一に実際にあってそのチャーミングな感じを出そうとしたとのこと。
ゼヒ原作もあわせて観てみて下さい。味わい深いと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック