Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

200万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
Kindle 価格: ¥546

(税込)

獲得ポイント:
5ポイント (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad
[三遊郭]の刑事甘露王 愛を語る資格

刑事甘露王 愛を語る資格 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍), 2018/1/15
¥546
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

著者初の長編小説。無罪性に関する文学です。自ら冤罪を仕組んで、真犯人のアリバイを引き受け、殺人事件解明に難所を作り上げた主人公の哲学者を、刑事甘露王がその無罪性を解明していくという話です。中々難解です。

※立ち読み※
――――――――――――――――――――――
 随筆を書くことを禁じた自己に――娑婆に――一切の未練を無くしてしまっていた“私”は、尚肉体告知をもってして得られるであろう開放を、自己の童憐として未練をもって見つめているのでした。
 何故?
 此を小説として成立させるための自己の騰勢は尚も自己の静力に反して、慟哭を呼ぶのでした………過去をもって自己と成す。
 その醒めた見方に女としての私は、過去に自身で刻印した日文字に何時ぞとなく、私の過去を照会するのでした。それは認識の自由を放棄し続けるという、私の生活のさもしい肉欲の一部分でもあり…それが開放でした。…そして、それが…私を、無実にしていく。(――それが、完全犯罪性。)愛欲の中の愛に身をもって書き記す、私の自従を犯罪と呼ぶのなら、愛は私の自体を越えていくのでしょう。
 それが刑事を夫に持った女の運命なのでしょう。……そしてそれが、その犯罪の後、これからの家庭生活が何気なく…私の御身に幸を齎らすかの様に…

  …愛は二度、神様は御身の一元の愛において
  …我、夫婦
  …家に、“私”の姿を謎の基に隠したもう。


―― 刑事甘露王 愛を語る資格 ――
――――――――――――――――――――――



刑事 甘露王 ―――― 愛を語る資格

アルバート・カミューの約束―― 一つの自由、「それは革命か反抗か」 ――に感謝を込めて

三遊亭三遊郭

第一部

第一章―――日常の黙示効力

 彼はその頃パジャマに着替え、ソファーに横になりながらウィスキーを飲んでいた。妻はキッチンで料理を楽しんでいた。明日、彼は非番だった。暖炉に写るウィスキーの炎を、その辛くはない氷の冷たさを感じながら、咽にロックを流し込んでいた。その時、妻は“ビリー ジョエルの若死にするのは善人だけ”を口ずさんでいた。彼女はその晩の雪を見つめ口ずさみを止めた。
 彼は苦笑いしながら、読み掛けの“老人と海”をテーブルに置き、彼女の口ずさみを聴いていたが。その宵に、独り言をしていた。
「家の女将さん、いくつになったんだ?……お互い、若くはないのに」
 彼は“老人と海”を又、取り上げようとした時、その下に封筒があるのを見付けた。
「あれ?」
 彼はそれを取り上げ、ちょいっと暖炉に翳してから封を切った。それはクリスマス・カードだった。彼は中を広げ小声で読み初めたのだった…

「…………………
――――――――――――――――――――――

Wishing you

a joyous Christmas

and happiness

all through

the new year


「プレゼント」
――――――――――――――――――――――

親愛なる、甘露王様へ

… p.s.

「覚えていらっしゃいますか? 先日、貴方が一目惚れなさった女です。あの古本屋で立ち読みをしていた時の事を覚えていらっしゃいますか? あれは一目惚れというのでしょ? きっと………。ニューヨークの煌めく雪で眩んでいる私の目に、狂がなかったとしたら。

 貴方はあの時、伏し目をしながら小声で呟いた。
   ……「家の女将さんはね・?…」と

でも
「ねっ、甘露王刑事さん」……それで良ろしくって?
 ……私の認識はそれで精一杯。
 ……そして且つ、それで良いはず。

 貴方に対する知悉は、それで迷宮入りするはずですもの。

 ベトナムの時、貴方は従軍していらっしゃった。それが私に幾何かの、この犯罪に対する私の身の安全と、勇気とを保証して下さる結果になるでしょう……。
 貴方はその意識された顛末(日常)に、お気付きでしょうか? 貴方に対する細やかに現出させた黙示――その心の不死たる所以の迷宮を近い将来、案内して頂くわけには参りませんでしょうか?

ありふれた日時を好む――月の女神。レダより。
一九六六年 クリスマス
――――――――――――――――――――――
…………………」

 …彼は額に手をやりながら、このクリスマス・カードの発信日を見た。強調読みは彼自身によるものである。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 316 KB
  • 推定ページ数: 156 ページ
  • 出版社: 猫乃電子出版 (2018/1/15)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B0792HSYK5
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • カスタマーレビュー: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 371,860位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover