中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に傷みがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

切腹 日本人の責任の取り方 (光文社新書) 新書 – 2003/5/16

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

『会津藩家世実記』『加賀藩史料』などの一級史料に散見される数多の切腹。そこから見えてきたのは、武士社会の特異なあり方と、現在もなお続く、日本人固有の「責任の取り方」であった。本書では、史料に埋もれた多くの“ハラキリ逸話”に光を当て、誇り高く潔い、しかしどこか辛くて切ないサムライの生き様を探索する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山本/博文
1957年岡山県生まれ。東京大学文学部卒業。82年、同大学院修了。文学博士。現在、東京大学史料編纂所教授。92年、『江戸お留守居役の日記』(読売新聞社)で第四十回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 241ページ
  • 出版社: 光文社 (2003/5/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334031994
  • ISBN-13: 978-4334031992
  • 発売日: 2003/5/16
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 72,717位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
切腹の作法等も書いてあるのかと思ったのだが、それは豆知識程度でしか
なく、ひたすら切腹の事例紹介。
でも、なかなかおもしろく読める。
他の藩との諍いを避けるため、理性的に要領よく処理したら藩主から武士に
似合わぬ行動と判断され切腹とか、藩主まで了解をとって藩札を出したら
インフレになったので担当者のみ切腹とか、とにかく藩主や家の当主に迷惑
かからないように切腹とか、江戸時代の武士はどこから切腹が襲ってくるか
わからない状況で生きていたのです。
でも切腹は一種の名誉刑であり、自分で自分の始末をつけられる存在の武士
にしか許されていなかったというのもなんだかなあという気になります。
今の政治家や官僚にこの時代の厳しい結果責任が問えれば、ほとんどが切腹
でしょう。(いや、断罪かもしれないか?)
これだけ切腹が身近であれば、江戸時代の武士は時代劇によくあるような
不正はほとんどしなかったというのもうなずけます。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hit4papa トップ500レビュアー 投稿日 2011/5/14
形式: 新書
主命により死を賜る江戸時代の武士たち。制裁的な措置ならばともかく、理不尽な理由であってもプライドをもって命をなげうつ事例が、多数あげられている。自身の潔白を証明する腹を切る。悪口言われたんで腹を切る。喧嘩したんで腹を切る。上司に責任をなすりつけられて腹を切る。 ・・・

せつないというか、武士の世界は楽じゃない。何かあると後難を恐れて親戚一同が、腹を切るよう説得(=詰腹)するなんて。印象的だったのは、著者が表現する日本的忠義精神「君、君たらざれども、臣、臣たり」。この時代に生まれついていないことを幸運を喜びたくなる。

それにしても、日本のトカゲのしっぽ切りは、江戸時代から綿々と続いていたんだなぁ。潔よさとか矜持とかはかなり劣化してはいるけれど。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
切腹した人、された人に焦点をあてて、
ひたすらハラキリを扱った本。
時代ごとに価値観が違ったり、人ごとに理由が違ったり、
身分によって様式が違ったりと、切腹も様々であって興味深い。
ただ、副題に「日本人の責任のとり方」とあり、
あたかも現代日本と切腹を絡めている話だと思いきや、
現代の話は「おわりに」でちょこっと触れてるだけなので注意が必要です。
中身はひたすらハラキリの事例紹介です。
一般の読み物というよりも、専門書という感じがしました。
当時の日本人の血は、確実に現代日本人に引き継がれている。
江戸時代でも、上司の責任逃れで部下に切腹させていたらしいですよ。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gori トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/7/4
形式: 新書
自ら死を選ぶ「切腹」は「斬罪」とは違って、名誉ある死とされた。
「武士道とは死ぬ事と見つけたり」という極端な、武士道思想とともに
支配層に利用され、都合よく事件処理に使われてきた事が、本書を
読むとよくわかる。

一方で支配層は、数多くの配下の武士を、責任逃れのために切腹させてきた。

現代ならば、背任横領でも、経済政策の失敗でも死を賜った武士たち。
時代が違うとはいえつい比べてしまうのである。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告