通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
切れない糸 (創元推理文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

切れない糸 (創元推理文庫) 文庫 – 2009/7/5

5つ星のうち 4.4 43件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 950
¥ 950 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 切れない糸 (創元推理文庫)
  • +
  • ワーキング・ホリデー (文春文庫)
  • +
  • ウィンター・ホリデー (文春文庫)
総額: ¥2,344
ポイントの合計: 74pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

実家のクリーニング店を継ぐこととなった和也が、集配先で不思議な洗濯物を引き受けた。そこから始まる、素敵な謎物語。商店街の四季の移ろいと、人々の優しさを描く連作短編集。

内容(「BOOK」データベースより)

周囲が新しい門出に沸く春、思いがけず家業のクリーニング店を継ぐことになった大学卒業間近の新井和也。不慣れな集荷作業で預かった衣類から、数々の謎が生まれていく。同じ商店街の喫茶店・ロッキーで働く沢田直之、アイロン職人・シゲさんなど周囲の人に助けられながら失敗を重ねつつ成長していく和也。商店街の四季と共に、人々の温かさを爽やかに描く、青春ミステリの決定版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 432ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2009/7/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488457045
  • ISBN-13: 978-4488457044
  • 発売日: 2009/7/5
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,006位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
本作の全編を読んで、良いタイトルだなぁ、、て思います。生まれも、育ちも東京。私もです。よく東京以外から来る人は 東京は他人のことを 気にしてないから楽だよね〜とか言われますが、そんな地域もあるかもですが 商店街の近所に住めば、そのうち どこいっても顔見知り、、なんか人間関係めんどくさいなぁ、と主人公の和也のように思うでしょう。店屋の子供ならなおさらです。クリーニング店、ちょっとした謎と 服の繊維、汚れもその経緯がわかると 対処も絞れるなど、
無理なく 父亡きあと 、なんとな〜く店を手伝い 新米として働き出した 主人公の和也と共に アイロンのプロのシゲさんや、和也の母、そしてアライクリーニングのチャーリーズエンジェルの パートの3人の松竹梅のおばさま方の 知識に なるほど〜と。知識と技術があってこその信頼、どんな仕事にもなくてははらない。
社会人となった和也と 謎解きをする
沢田のコンビ。和也によって根を張る場所ができた沢田が 旅立ち、そしてまた戻る場所。続巻が楽しみです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 坂木司なので、今回も優しい、心温まるミステリだろうとは分かっていたのだが、今回はなぜだか、特に心に沁みた。それに細かい価値観までいちいちうなずいてしまい、普段、人とそういうことをあまり確認する機会はないので、何だか友達が増えた気分になる。本書はクリーニング業を継いだ若者が、仕事を通して気がつく出来事を、友人に相談し解決してもらう連作短編集だ。それにしてもあまりにクリーニング業に詳しいので、著者の実家がクリーニング屋さんかと思ったほど。あとがきによれば、かなり取材、調査していることが分かるのだが、それにしてもクリーニング屋さんの立場にやけに詳しく、ここまでクリーニング屋さんの心情を語っているものはないだろう。ぜひ、全国のクリーニング屋さんに読んでもらいたい気がする。(チェーン店は専門家ではないそうなので、織物からアイロンがけまで職人的な個人店が対象)また、クリーニングに出す際にもこちらが気をつけることがよく分かるし、西欧と日本の生地や洗剤の違いまで専門的なところも分かりやすく習得できる。

 和也は町の「生物委員」を自負しており、傷ついた動物たちが彼の前に現れ、放っておけなくて、手当し、回復すると彼の元からさっさと離れていくことに傷ついている。それは時に、人間も同じで、つきあった彼女も、そして今度は父もこの世を去っていったことが大きな心の傷になっていた。そんな和
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
坂木さんの本は初めて読みました。昔ながらの下町の商店街、職人肌のクリーニング店という舞台背景がなかなか新鮮で、急死した父親の跡を継いで頑張る二代目というのも泣かせるではありませんか。ミステリー小説のジャンルに入るのでしょうが、人が一人も死なないところが素晴らしい!
クリーニング店の奥深さもよく分かったし、これでクリーニングに関するウンチクも少しは喋れるぞ(どこで役に立つか分からんが。。。)。
解決してゆく謎も非常に人間的で泥臭いものだったりして、クリーニング店だけに「心も洗われる」物語です(このキャッチコピーは本屋さんのパクリ)。
坂木さんのデビュー作「青空の卵」にはじまる”ひきこもり探偵シリーズ”も読んでみようかなあと思いました。そういえば坂木さんって今時珍しい覆面作家らしいですね。プロレスファンである僕はこの覆面って言葉にも弱い。正体は誰なんだろう?
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
いやいやこれは、いい!

一見地味にも思えるクリーニング店の店主になったカズの働きも、
ホームズ役の沢田、職人のシゲさん、マジシャン、幼なじみ‥

いろいろな人の善意やカズの人の良さが、商店街という設定と
ご用聞きも行うクリーニング店という設定にうまくマッチして本当にさわやかに回ってゆく。

引きこもり探偵シリーズの各地の名産や料理に引けを取らない、
コーヒーの淹れ方やクリーニングの知識と言った細やかな彩りが今回も光る。
クールなホームズとワトソン役が少しずつ、無理なく近づくシナリオもさわやかで心地よい。

まるで清涼感のあるソーダのような、素敵な小説。おすすめです!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック