通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
切り捨てSONY リストラ部屋は何を奪ったか がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

切り捨てSONY リストラ部屋は何を奪ったか 単行本 – 2015/4/10

5つ星のうち 4.1 40件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 120
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 切り捨てSONY リストラ部屋は何を奪ったか
  • +
  • 会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから
  • +
  • しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 134pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

リストラ部屋にも誇りはある! 都合6度、目標削減数8万人。ソニーのリストラ地獄の中で、リストラ部屋の人々はいかに生き抜いたか。講談社ノンフィクション賞受賞作『しんがり』の著者が追ったビジネス巨編!


かつて「リストラはしない」と宣言した会社があります。「自由闊達なる理想工場」を目指し、世界を席巻したソニーです。しかし、事業の中核たるエレクトロニクス事業は挫折し、米国型経営者の登場とともに1999年に本格化した大規模なリストラ計画が、その後6度も延々と繰り返されています。
発表された人員削減数は約8万人。早期退職を拒んだ面々は「キャリア開発室」という名のリストラ部屋に次々に収容されていきました。その数は延べ数千人にも達します。

なぜ、理想工場はこんな泥沼に陥ったのでしょうか? 経営者たちは何をしていたのでしょうか? リストラ部屋の人々はその中でどう生きたのでしょうか?

本書は、リストラ部屋の目線からその全貌を暴いていきます。
登場人物は一人を除いてすべて実名です。
リストラされて「公園居酒屋」で飲む社員、リストラ部屋にあえて志願したエンジニア、一生を賭けた理想工場にしがみつこうとする女性、「ヒト切り」と呼ばれる人事部員、自らリストラを実施した末に会社を辞めようとする役員――地方の社員から役員まで、リストラに関わり、あるいは巻き込まれた人々が、その苦しみと誇りと再生を堂々と語ります。

この本には、嘆くだけのソニー社員は登場しません。怒り迷いながら、自分のなかの不安を見つめ、野に咲くたんぽぽのように再起の場に散って、ソニーのDNAを植え付けようとする人々が多いのです。彼らの生き方を通じて、ソニーのリストラが何を切り捨て、何を奪えなかったのかが明らかになります。

著者は読売時代から「伝説の社会部記者」と謳われ、フリージャーナリストとして活動を開始した、あの清武英利。前作『しんがり 山一證券最後の12人』では講談社ノンフィクション賞を受賞しています。2年7カ月に及ぶ取材が、切り捨てソニーの表裏を描き出します!!!

内容(「BOOK」データベースより)

17年間で都合6度、目標削減数8万人。かつて「理想工場」と謳われたソニーはなぜ、終わりのない「リストラ地獄」に陥ったのか。『しんがり 山一證券 最後の12人』の著者が描く、会社人の苦しみと誇りと再生の物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 274ページ
  • 出版社: 講談社 (2015/4/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062194597
  • ISBN-13: 978-4062194594
  • 発売日: 2015/4/10
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 40件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 45,116位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 JOE THE  GUNMAN 投稿日 2015/9/5
形式: 単行本 Amazonで購入
出井とストリンガーは想像以上に悪魔だったことがよくわかりました。潰れていいよSONYなんて。プライドばっかで。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ホワイトカラーエグゼンプションが本格導入されようとしている中で、30代以上で企業(特にメーカー系)に
勤めているサラリーマンには必読の書と思いました。

何と言っても、リストラの名の元の「首切り部屋」の実態が実名を元に書かれているので
同じサラリーマンとしてドキュメンタリーを超えたリアリティがありました。

SONYがリストラの一環として人員削減を行っている事の認識はありましたが、
これほど長い期間にわたって数万人の人が対象になっているというのは新鮮なニュースでした。
(大手メディアでは、SONYのような大手広告スポンサーの負の部分はあまり深く掘り下げられ
ないのでしょう。)

先日、2016年3月期の連結最終損益が3年ぶりの黒字になる見込みとの発表がありましたが、
エレクトロニクス事情の大量人員削減や、販売会社を大幅に減少させれば数千億円レベルでの
コストダウンになるので、ある意味だれでも出来る黒字化としか認識できませんでした。

また、この本で書かれていることは、SONYだけではなく、既に大手のメーカー系企業
では、SONYの事例を見習って、すでに始まっていることなのだと痛感させられました。

私自身
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
そんな個性派たちを上手に業務サポートチーム(例えば「法務」や「経理」)がリードして、完璧に権利確保してゆくという印象がとても強い世界のSONYグループ。かつてはテニス・ラケットのウィルソンの総輸入代理店だったりしたことからもわかるように、垣根を設けず国内外への「拡大志向」を強め「規模の経済」追求による利益をトコトン求めていった。

しかし「想定以上の市場縮小や外部環境の変化」に対処するのが最大の責任であるはずのプロフェッショナル経営者たちは、株主からの要求にこたえるべく短期の成果を数字で見せる必要に迫られる。ここがポイントで、最大の固定費たる人件費、それも一番賃金がピークになる中高年をターゲットにした早期退職制度を断続的に敢行。不足した人員は新卒採用でまかなえば、格段に人件費が節約できるのだ。創業者たちの理念(「人材」としての従業員の必要性)はあっさり反故され、退職者の数だけが目標となり、追い出し部屋も常設化という異常事態。責任をとるべき経営者は数字の上では目標を達成するので数億円の収入を得ながら、である。

当然ながら社内では「モラルハザード」が起こり「モチベーション」がなくなり、上に物申すウルサ型も淘汰されてしまう。こんな「負の連鎖」を描ききったドキュメント。もちろん、研究所を預かりながら「どうせ分りっこない。」から報告さえしない傲慢な所
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
去年嫁さんのと2台買ったタブレット Z2、嫁さんのが2か月で基盤交換、私のが4ヶ月でwIfi,ブルートゥースが機能せず、修理溜め息がでます。
TV2台と一緒に買った、サウンドバー、台座スピーカー電源入れたときの繋がりが悪い、同じソニーで揃えているのに。
サポートにメール送れば、外国の人が相手してくれますが、回答がすごく遅く、挙げ句の果てに日本人と交代、即答。
昔のソニーの機器を期待するのは、無理ですね。良いものよりコストでしょう。
この本を読んでると何だか、ソニー人間と言ってると、馬鹿みたいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
なんとなくネットで聞いていた話だったが、想像以上に酷い話になっていたんだなぁ、ということがわかりました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 創業者井深氏・盛田氏の掲げた「自由闊達にして愉快なる理想工場」、「“出るクイ”を求む会社」「エンジニアの楽園(本書より)」は「エンジニアの地獄」と化した。本書はあの「巨人をリストラされた」清武さんがジャーナリストとして渾身の取材を行った本。

 いわゆるソニー本はたくさん出ていて、「ソニー インサイドストーリー」(かなり出井氏寄り)など経営者像を追った本も多いが、本書はリストラされた従業員側の取材をこなしてSONYの凋落を描いた本である。さすが元読売記者だけあって、無駄なく読みやすい筆致で数多くの証言を拾った。読売だけあって、「巨額の年収を得た出井・ストリンンガー・中鉢・平井」各経営者は「悪玉」、いわれのないリストラの憂き目にあった従業員たちが「善玉」と感情移入しやすい。そしてリストラ策を嫌った創業者が亡くなった頃からSONYの落日、理念のブレが始まったのだ、とやや勧善懲悪的に描かれる。

 同じサラリーマンとして嘆息の連続なのだが、リストラ部屋(別名ガス室)に送り込まれた方々もその後戦い抜いて権利を勝ち取ったり、自分の会社を立ち上げたり、転職で耀いたり、奮闘している姿に思わずエールを送りたくなる。

 リストラは結果であり経営不振の原因はもちろん別にあるのだが、経営策としては下の下であるリストラ(本来構造改革のはずが単なるクビ斬り)に胡坐をかく経営者はもっと批判されるべきだろう。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー