中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

切り刻まれた暗闇 Killing Fear 下 (ゴマ文庫) 文庫 – 2009/3/31

5つ星のうち 2.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

全米大ヒット!ロマンティック・サスペンス「プリズンブレイク・シリーズ」スタート! 犯罪プロファイラーのFBIエージェントのヴィーゴとウィルは、 少しずつ包囲網を狭めていくが、あざ笑うかのように裏をかくグレン。 さらに、逃走中にグレンが新聞記者に「4つ目の犯罪は俺じゃない」と話したことが、 7年前の事件に新たな展開を生む。ウィルとヴィーゴは真実を求めて再調査を始め、あり得ない事実が浮かび上がる。 そして小休止したかに見えたグレンの間の手が遂にロビンに……。

内容(「BOOK」データベースより)

犯罪プロファイラーのFBIエージェントのヴィーゴとウィルは少しずつ包囲網を狭めていくが、あざ笑うかのように裏をかくグレン。さらに、逃走中にグレンが新聞記者に「4つ目の犯罪は俺じゃない」と話したことが、7年前の事件に新たな展開を生む。ウィルとヴィーゴは真実を求めて再調査を始め、あり得ない事実が浮かび上がる。そして小休止したかに見えたグレンの魔の手が、遂にロビンに…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 320ページ
  • 出版社: ゴマブックス (2009/3/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 477715114X
  • ISBN-13: 978-4777151141
  • 発売日: 2009/3/31
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 886,377位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
帯の「緻密なシナリオ」に興味を惹かれ、購入しました。が、荒唐無稽で冗漫な内容、非論理的展開に呆れました。翻訳もひどい。例えば、pagerを「ページャ」訳すセンスが理解できません(上下巻で翻訳者が異なることにも違和感を感じます)。この訳者は「ポケットベル」を知らない世代なのでしょうか。訳者後書・解説どころか、訳者の略歴さえないことにびっくりです。何より問題と感じるのは、誤字脱字が非常に多いことです。読者だけでなく、作家に大変失礼です。出版業界はこここまで落ちたかと情けなく感じました。なお、最後の章は、次の小説に続くのでしょうが、意味不明です(せめて解説があればいいのですが...)。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あつぼう VINE メンバー 投稿日 2009/11/30
形式: 文庫
ここまで簡単にFBIや警察の捜査網をかいくぐる事が出来るグレンの狡猾さにも驚くけど、裏を返せば、それだけ捜査網に穴があるって事ですよね。
実際にはこれほど裏をかかれる事はないと思うけど命を狙われる立場からすると少しのミスが命取りになりますからね。
逃走中の犯人から命を狙われるって毎日が苦痛で恐怖と背中合わせやけどロビンは強かったです。
自分がこの立場やったら負けてるはずです。
ここまで引っ張ってきて最後はあまりにも呆気なすぎるのが残念です。
もっともっと盛り上げることも出来たと思います。
ラストには他の逃走犯の話が出て来るので次に繋がるんでしょうね。
この人の小説は横の繋がりがあるから好きです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告