中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

切り刻まれた暗闇 Killing Fear 上 (ゴマ文庫) 文庫 – 2009/3/31

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

全米100万部「ザ・プレイ」「ザ・ハント」のアリスン・ブレナン最新作! 4人のストリッパー殺しで刑務所に入っていた凶悪犯・グレンが脱獄した。 企業法廷弁護士として鳴らしてきた彼は、自らの裁判でも弁護を行ったが、 ストリッパー仲間のロビンの証言が決めて有罪判決を受ける。 当時、グレンを逮捕した殺人課刑事のウィルは、 必ずグレンが復讐に来ることに確信を持ち、特別捜査班を立ち上げるが……。 戦慄のサスペンスとラブロマンスの名手アリスン・ブレナンの最新作!

内容(「BOOK」データベースより)

4人のストリッパー殺しで刑務所に入っていた凶悪犯グレンが脱獄した。企業法廷弁護士として鳴らしてきた彼は、自らの裁判でも弁護を行ったが、ストリッパー仲間のロビンの証言が決め手となり有罪判決を受ける。当時、グレンを逮捕した殺人課刑事のウィルは、必ずグレンが復讐に来ることに確信を持ち、特別捜査班を立ち上げるが…。戦慄のサスペンスとラブロマンスの名手アリスン・ブレナンの最新作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 334ページ
  • 出版社: ゴマブックス (2009/3/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4777151131
  • ISBN-13: 978-4777151134
  • 発売日: 2009/3/31
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 778,041位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 cho VINE メンバー 投稿日 2009/5/7
形式: 文庫
新3部作シリーズです。
FBIの訓練で同じになった女性3人をそれぞれ主人公として描いた、プレイ・ハント・キル。
キンケイド兄妹を主人公とした、唇・瞳・心。

で、今回は…「プリズン・ブレイク」シリーズ。
死刑囚たちが、地震により脱獄。
その人たちが主人公…という訳ではないけれど。
(前シリーズのキンケイド兄妹の)カリーナのパートナーが主役。

シリーズになっているものの、年に3冊も新作を出してくれるなんて、
「読む」行為中毒の私にはうれしい限りだけど、内容はぶっちゃけ、判断しづらい。

犯人を推理するまでもなく、分かりきっちゃっている。
で、恒例(?)のエロ・シーン満載…電車で読めないだろ!

今回、特に気になるのは、誤字脱字。
“「」”の使い方、おかしいと感じるところがたくさんあって、
誰が喋っているのか、途中で迷子になる。

よく、長い会話の場合、“」”を使わずに、改行して“「”からスタートすることがある。
けど、統一されていない。
また全然関係ないところで、いきなり“」”とか。

他の方もご指摘のあるように、「ページャ」…がっかりです。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あつぼう VINE メンバー 投稿日 2009/11/17
形式: 文庫
死刑囚が脱獄して復讐をってパターンは使い古された感があるけど、そこからいかに味付けをするかは作者次第ですよね。
このアリスン・ブレナンはラブロマンスの名手と言われてるだけあってそこらへんが凄く巧いです。
地震がおきて刑務所の壁が崩壊するってちょっと無理があったような気がしたけど、死刑囚が脱獄出来るチャンスって天災ぐらいしかないのかな。
IQの高い犯罪者ほど捕まえにくいけど、それをプロファイルで追い込んでいく過程が好きです。
まだまだ上巻は序の口って感じでこれから読む下巻が楽しみで、どういう結末を迎えるのやら・・・。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告