現在在庫切れです。
この商品の再入荷予定は立っておりません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

分裂病の構造力動論―統合的治療にむけて 単行本 – 1999/3


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
この商品をチェックした人は、これらの取り扱い商品もチェックしています
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

不可解なその病態ゆえに臨床家を惹きつけてやまない、精神分裂病。分裂病者の治療は生物学的アプローチが昨今さかんであるが、その方法は精神不在の精神医学であるとの批判を免れない。本書で著者は、二十年余にわたる臨床の場における病者との出会いの経験を拠り所として、分裂病の経過と寛解の過程を吟味し、経時的理解を押し進めることを試みた。分裂病の軽症化を究めるためにはグリージンガーのマニー・メランコリー論へ遡り、病態を構造的に捉えるために、ヤンツァーリクとラカンの統合をはかる。こうして著者は、ヤンツァーリクとラカンを臨床経験の場に定位し、相互受胎させて、新たな構造力動論を提示してみせる。

内容(「MARC」データベースより)

20余年にわたる臨床の場における病者との出会いの経験を拠り所として、分裂病の経過と寛解の過程を吟味し、経時的理解を押し進める。


登録情報

  • 単行本: 235ページ
  • 出版社: 金剛出版 (1999/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4772406050
  • ISBN-13: 978-4772406055
  • 発売日: 1999/03
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15.6 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,360,977位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。mega