¥ 9,720
通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
分節幻想 ――動物のボディプランの起源をめぐる科学... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

分節幻想 ――動物のボディプランの起源をめぐる科学思想史 単行本 – 2016/11/25

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/11/25
"もう一度試してください。"
¥ 9,720
¥ 9,720 ¥ 9,500
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 分節幻想 ――動物のボディプランの起源をめぐる科学思想史
  • +
  • 新版 動物進化形態学 (Natural History)
  • +
  • 形態学 形づくりにみる動物進化のシナリオ (サイエンス・パレット)
総額: ¥23,760
ポイントの合計: 970pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ヒトが属する脊椎動物は、頭の分節性を特徴としており、
多くの生物学者が200年以上にわたり解明に挑んできた。
しかし、頭部分節という考え自体が、「幻想」として生み出されたものであった。
90年代に誕生した「進化発生学」の観点から、分節をめぐる学者たちの探求をたどり、
動物形態の起源と進化、自然への眼差しの変遷に迫る。
脊椎動物とは、われわれとは何ものか? 「アタマの起源」を探る、刺激的な一書。

出版社からのコメント

【目次より】

第1章 観念論の時代
◆ゲーテからオーウェンへ
◆オーウェン
◆原型と相同性、グレードとクレード

第2章 比較発生学と比較解剖学の時代
◆先験論的比較発生学
◆頭部分節の否定、そして「前成頭蓋発生学」の誕生
◆分節の起源
◆ヘッケル
◆ゲーゲンバウアーと比較解剖学
◆バルフォーと頭部分節
◆ヴァン=ヴィージェ
◆プラットの小胞と頭部分節の数
◆フロリープ
◆ガウプと軟骨頭蓋の比較解剖学
◆後頭骨のホメオティックシフト
◆鰓と頭腔
◆グッドリッチと頭部分節説の二〇世紀的結論
◆誰が分節論者か?

第3章 もう一つの流れ、神経系の分節理論
◆神経分節と頭部分節性
◆神経分節
◆ジョンストン
◆ニールと神経分節
◆ベルグクイストと多角形モデル
◆二〇世紀末のロンボメア論争
◆もう一つの前脳モデル

第4章 グッドリッチ以降
◆円口類の位置と意義
◆ド=ビアと前成頭蓋博物館
◆ゼヴェルツォッフの系統進化的ヴィジョン
◆アリスと梁軟骨
◆ポルトマンと頭蓋の一次構築プラン
◆ジョリー
◆ローマ―と二重分節説?
◆スウェーデン学派
◆形態学の暗黒時代とソミトメアの夢
◆頭腔と頭部中胚葉の分節性
◆遺伝子発現

第5章 実験発生学の時代
◆個体発生プロセスとボディプラン理解
◆形態発生的拘束と分節性
◆脊椎動物の頭部分節性を発生機構的に見直す
◆頭部神経堤細胞をめぐる実験発生学と頭部分節性
◆皮骨頭蓋の謎

第6章 進化発生学の興隆
◆進化発生学とは何か
◆現代進化発生学批判試論
◆脊椎動物の起源という問題意識
◆ガンスとノースカットと「新しい頭」
◆ナメクジウオとの比較
◆半索動物
◆背腹反転
◆そして、脊索は
◆進化を遡る
◆幻想としてのウルバイラテリア
◆類似した分節
◆脊椎動物の作り方に関する謎
◆祖先的胚形態
◆残された問題
◆相同性をめぐる考察、再び
◆結語

追補――試論
◆序
◆円環としての相同性
◆要約と結論

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 864ページ
  • 出版社: 工作舎 (2016/11/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4875024789
  • ISBN-13: 978-4875024781
  • 発売日: 2016/11/25
  • 梱包サイズ: 22 x 15.6 x 4.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 174,076位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

小説家だけでなく自然科学者でもあったゲーテの椎骨説から始まって、比較発生学の時代を経て、現在のエボデボ研究における脊椎動物の頭部問題の流れを概観する。思想書でもあり、研究用の教科書でもあるような印象を受ける。この書には信じられない分量の情報が詰まっている。巻末の引用文献リストだけでも使い出があり、これからこの分野を勉強したい大学生にしてみれば元が取れること必至である。個人的には、骨の問題としてしか知らなかった頭部分節性問題が、神経系や中胚葉パターニングなど、様々な分野への広がりを持っていることにまず驚かされた。形態学者がこの問題にどっぷりつかることはあまりないのかも知れないが、それと無関係でいることは決して出来無い、学問の広がりを知るには最高の1冊。それにしても、これだけの本を纏めることのできる知識と筆力をもった人が日本にいたことは何と貴重なことだろう。英書でさえ本書の類書はないように思える。それを日本語で読めることの尊い幸福を噛み締めながら読みたいところだ。色々な意味でアツい一冊。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
脊椎動物の形態学を扱った大作です。
様々な学者たちが脊椎動物の頭部が見せる幻想に対峙し、「脊椎動物とは何か」を考えてきました。
重厚な本書には、各時代背景に影響されながら変遷してきた分節の認識と理解が見事に綴られています。
形態学を志す人は勿論、進化に興味がある人にとっても一読する価値があるでしょう。
本書の最後を飾る「試論」では、現在の進化発生学の概念群を纏め上げようとする試みが展開されており、非常に刺激的な内容となっています。
また、巻末の索引が人名、著作名、事項名で分けられているため、調べ物をする際にも重宝することでしょう。
他では味わえない進化学がこの本にはあります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
黙示録研究にも似た魅惑の研究分野・脊椎動物頭部進化を勉強するには必須の一冊。
神経堤細胞や動物進化形態学(新旧)、引用文献と合わせて読むことをお勧めします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告