Facebook Twitter LINE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

分子細胞生物学 大型本 – 2001/9

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
大型本
¥ 1

この商品には新版があります:

分子細胞生物学
¥ 8,964
在庫あり。
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

分子細胞生物学に関するすべての概念は、実験を通じてもたらされる。そして、生きている細胞と生物の研究をますます高い分解能で行うことを可能にする有力な実験機器が次つぎに開発されている。この第4版では、分子細胞生物学の現在の状況について述べ、21世紀でのさらなる探求が、何を明らかにしそうかという期待を語ることにする。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ボルティモア,D.
ノーベル医学生理学賞受賞者。カリフォルニア工科大学学長。同校において、免疫系およびウイルス増殖に関する分子機構を活発に研究する研究室の運営も行っている

ロディッシュ,H.
米国科学アカデミー会員。ホワイトヘッド生物医科学研究所研究員。マサチューセッツ工科大学生物学教授。彼の研究室では、エリスロポエチン、TGFβ,およびインスリン受容体によるシグナル伝達や、哺乳類の脂肪酸輸送体ファミリーの研究が行われている

ダーネル,J.E.
米国科学アカデミー会員。ロックフェラー大学分子細胞生物学研究所Vincent Astor教授および主任。サイトカインおよび増殖因子への転写レベルの応答、およびそれらの応答が細胞の増殖と特殊化に及ぼす影響についての研究を主宰している

Berk,Arnold
カリフォルニア大学ロサンゼルス校分子生物学研究所教授および所長。動物細胞における転写制御や、遺伝子導入のためのウイルスベクターの開発の分野で研究している

Zipursky,S.Lawrence
カリフォルニア大学ロサンゼルス校において、生物化学教授とハワードヒューズ医科学研究所研究員を兼任。細胞間シグナル伝達と神経系の発生におけるシグナル伝達の分野で研究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 大型本
  • 出版社: 東京化学同人; 第4版 (2001/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4807905481
  • ISBN-13: 978-4807905485
  • 発売日: 2001/09
  • 梱包サイズ: 28 x 21 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,326,836位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2003年2月4日
形式: 大型本
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告