この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

出星前夜 単行本 – 2008/8/1

5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,957 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 946 ¥ 370
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『黄金旅風』で有家の子どもを救うために呼ばれた外崎恵舟。しかし、この外崎が南目の代官所に追放されてしまう。
この事件に怒りを覚えた矢矩鍬之介を筆頭とする若衆が終結。折しも代官所で火災が発生し、
代官所はこの火災を集結した若衆の仕業と決め討伐に向かうが、返り討ちにあってしまう。それは、これまで一切の
抵抗をしてこなかった旧キリシタンの土地で起こった初めての武装蜂起だった・・・。

内容(「BOOK」データベースより)

すべての民にとって不満のない世などありえない。しかし、民を死に追いやる政事のどこに正義があるというのか。寛永十四年陰暦七月、二十年にも及ぶ藩政の理不尽に耐え続けた島原の民衆は、最後の矜持を守るため破滅への道をたどり始めた。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 544ページ
  • 出版社: 小学館 (2008/8/1)
  • ISBN-10: 4093862079
  • ISBN-13: 978-4093862073
  • 発売日: 2008/8/1
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 4.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 219,479位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
作者の作品は初読だが、充実感溢れるその内容には圧倒された。所謂「島原の乱」に題を採ってはいるが、従来の天草四郎を主人公としたヒーロー(悲劇)譚とは全く一線を画した本格的時代小説である。敢えて主人公を挙げれば、蜂起軍の中心人物である鬼塚監物と、蜂起のキッカケを起こし、藩士の数名を殺めながら、改心して長崎で名医恵舟から医学を学び、後に自らも名医となる寿安であろうか。表題の「出星前夜」の「星」は"北斗七星"の近くに見える「星」の事であり、これが寿安のメタファーになっている事から、作者としては、寿安の精神的成長過程を主題とする意図だったと思われる。いずれにせよ、蜂起軍の奮戦振り(討伐軍のお粗末振り)を縦軸に、寿安の成長過程を横軸にして、「島原の乱」の模様が非常に精緻かつ写実的に描かれる。

上述の主題に関して言えば、寿安に関する記述量が少ない点が気になるが、「島原の乱」を題材にする以上は合戦シーンが多い点は止むを得ないだろう。そして、キリシタンである農民の一揆であると思われがちな「島原の乱」の原因が他にある事を懇切丁寧に教えてくれる。元々の原因は、藩政、ひいては幕藩体制の欠陥による、農民への苛酷な年貢要求や稚拙な藩統治施策であり、蜂起軍には改易させられた加藤(清正)一族等の子孫(勿論、キリシタンではない)も混じっていたと言う。

何時
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
島原の乱ほどの陰鬱な戦いはないように思う。
最終局面、海岸の断崖上にあった廃城跡に集結した3万前後の農民を中心とした蜂起軍を、諸藩の兵からなる幕府軍十数万人が幾重にも包囲し、最後はほぼ全員殺しつくされた。村々から人がいなくなり無人の土地が延々と残された、と伝えられている。

本書はこの島原の乱の発端からその終焉まで描いているのだが、乱が勃発するのはストーリの半分を超えたところになる。そこまでじっくりと当時の島原の農民たちのおかれた過酷な状況が描かれる。領主松倉家の悪政の元、火山灰による痩せた土地にも関わらず、実際の石高の2倍以上もの年貢を懲取され続け農民たちが貧窮していく様子が淡々と、じっくりと描きこまれていく前半部はひたすらに重苦しい。

後半にはいるころ、耐えに耐えた農民たちがふとした事件がきっかけに蜂起する。
鎮圧にあたろうとした松倉藩軍は農民たち(少なくない数は元有馬藩などの侍出身層だった)に逆襲され、逆に島原城下まで乱入されていく・・。
実際には記録にはあまり残っていないという、原城での攻防戦がじっくりと描かれている点も本書の魅力だろう。
文書は派手なところはなく、前半の陰惨な圧政と疲弊する農民たちの生活を淡々とある種残酷なまでに詳述していくのだが、このスタイルが後半の戦闘シーンで見事に結実す
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 感動的なふたつの場面がある。
 ひとつ目は第1部のはじめ、外崎恵舟の夢に宣教師マグダレナが現れ、啓示を与える場面。もうひとつは第2部、島原の乱終結後、復讐を決意する寿安に、町の人々が救いを求める場面。いずれも登場人物のその後の生き方を決定する出来事として描かれているが、決してキリスト教の奇跡を讃えたものではない。
 むしろ作者は、島原の乱が、無知蒙昧な民衆の信仰の極みとして起こったのではなく、身分制度にあぐらをかく理不尽な為政者に対する民衆のやむにやまれぬ反乱であり、ひいては幕藩体制そのものへの批判として勃発した内戦としてとらえている。
 したがって、作者の目線はこれまでの作品同様市井におけるヒーローにあり、権力者たちはちっとも英雄にふさわしくないところが痛快であり、現代社会にも通じる反骨精神がたまらないのである。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
あの飯嶋氏が島原の乱を書く、というのは、著者の他の作品を読んだことのある人間にとってはとても納得感のある話だった。
ただ、読む前に懸念していたのは、史実としての島原の乱があまりに凄惨なため、どれだけ重苦しい読後感を植えつけられてしまうんだろう、ということだった。

そんなこんなでなかなか手を付けられずにいたが、読み始めればやっぱり一気に読了。
読後感も「いい意味での重さ」という感じで、読む前に思い描いていたものとはずいぶん違っていた。

内容的には、島原の乱のクライマックスとも言える原城攻防戦よりも、そこに至るまでの過程の方が丹念に描かれている。
そのため、結局は重苦しくならざるを得ないストーリーではあっても、多少のカタルシスを感じられるものになっている。
こういった取り上げ方はもちろん、著者も計算してのことだろう。

もう一つの舞台装置としての「長崎」もまた、印象的だ。
絶望的な状況の原城と、それほど離れているわけでもないのにやけに静かな長崎の夜。
このコントラストが強く心を打つ。

やっぱり飯嶋氏の本、期待通りです。
ぜひ。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー