通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
出張ホスト―僕は一晩45000円で女性に抱かれる ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

出張ホスト―僕は一晩45000円で女性に抱かれる (幻冬舎アウトロー文庫) 文庫 – 2003/12/3

5つ星のうち 3.8 15件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 535
¥ 535 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 出張ホスト―僕は一晩45000円で女性に抱かれる (幻冬舎アウトロー文庫)
  • +
  • ぼくはこうして出張ホストになった
  • +
  • 出張ホスト―僕はこの仕事をどうして辞められないのだろう? (幻冬舎アウトロー文庫)
総額: ¥1,707
ポイントの合計: 46pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

株式投資にハマり、作った借金が1800万円。借金返済のため、始めた仕事が出張ホスト。夜になると、若い美女から老女まで、さまざまな女性に抱かれる日々。前代未聞、衝撃の告白記!

内容(「BOOK」データベースより)

株式投資にハマり、ITバブル崩壊で地獄を味わい、作った借金が1800万円。「これは自分への罰なんだ」と思って、始めた仕事が“出張ホスト”。昼は某一流化粧品メーカーで働きながら、夜になると女性に抱かれる日々。寂しい人妻、広告代理店の美人プランナー、変態セックスを要求する夫婦…。いまだかつてない衝撃の告白記。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 210ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2003/12/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 434440470X
  • ISBN-13: 978-4344404700
  • 発売日: 2003/12/3
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 308,835位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 「お客さんはどんな女の人なの?」「どんなことやらされるの?」「で、けっきょくオイシイ仕事なの?」といったぐあいに、出張ホストの方と話す機会があれば、会話(?)は尽きなそう。そして著者も、その「夜のオシゴト」の詳細を、事細かに教えてくれる。ぜんぶで19人の女たちの、19の容姿、19の人柄、19のプレイ内容は、本当に多様で面白い。処女から、夫の目の前でのセックスまで、「わけあって出張ホストの仕事をやろうか迷ってるんだけど」なんて人には、大助かりの一冊だろう。たぶん。
 1ケースが、だいたい10ページ前後という読み易さも嬉しい。でも、なにより、著者の姿勢に好感が持てる。本書の中で著者が思ったことの描写、それは「借金生活しんどいなあ」なんてことだけではない。お客さんを前にしたとき、かわいいか、かわいくないか、なのだ。かわいくなかった場合、著者はトークを盛り上げ、ベッドの時間をなるべく短くしようと躍起になる。そして、かわいかった場合は、こともあろうに恋心の片鱗を見せたりする。男として当然の行動原理だと分かっているけど、それが出張ホストの口から出ると、なんだか安堵の溜息のようなものが口から出る。こうしてできあがる出張ホストの人間像は、想像もつかない苦労人というよりも、自分とたいして変わらない、そのへんの男の部分が浮き彫りになり、親近感を覚えるものとなるのだ。不謹慎だろうか。どれだけ
...続きを読む ›
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2011/3/1
形式: 文庫 Amazonで購入
「出張ホストの仕事を始めて、ひとつだけ意外だったことがある。若いお客さんが多いということだ。最初は金持ちのミセスか水商売の女性ばかりと思っていたけど、まったく違った」。

ホスト。それも出張タイプ。料金は一晩で45000円。ただし、短時間であればもう少し安い。本人に入ってくるのはその半分。インターネットのおかげで時々遠方からも申し込みがある。店長からの電話。待ち合わせ場所の指定。たいていは、最後にホテルへ行くことになるが、お客さんの自宅になる場合も。

訳ありのお客さんたち。時には夫婦や、ダブル不倫のカップルも。素人の若い女の娘は失恋が引き金になることが多い。バージンを失いたくて、という動機の場合もある。

最後に、ケータイ小説家の内藤みかが、自身の経験から、出張ホストを買う女性の気持ちを書いている。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2004/2/4
形式: 文庫
タイトルはいかがわしいのですが、思いのほか、真面目に書かれた本でした。著者は、株で借金を作ったため、昼間は普通の勤めをする傍ら夜は出張ホストをはじめたと書かれています。彼を呼んだ女性達とのエピソードが綴られています。出張ホストを呼ぶ女性達が殆ど「普通」の女性達であることに興味が湧きました。世の中には、孤独を感じている女性達がたくさんいるんですね。かつては、男が女遊びをして憂さを晴らすだけだったのですが、今では女性の立場で実行する女性が増えているんですね。読み終えて何か寂しくなうような感じです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
出張ホストの主人公が出会う登場人物達とのやり取りを
通じて、人は独りでは生きられない寂しい生き物なのだ、
と読者は実感するだろう。
読み易いが故にとてもシンプルに心に響く作品に仕上って
いると思う。
凹んでいる心にフッと温かいものがこみ上げてくる。
そんな作品。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
株本じゃないじゃないか(笑)と思うようなタイトルですが

著者は2000年のITバブル崩壊で1800万円もの借金を残してしまった実話です。

一條さんは当時、誰もが夢中になるあの「光通信」「ソフトバンク」で大損をするわけですが。

リアルで舞い上がる自分と地に落ちていく自分の過程は

何か著者が読者に「あなただけは自分のようにならないで」と伝えているようでもある。

この本を通じて著者は優しいのだ!そしてどこの会社にでもいそうな普通のサラリーマンが

夜には出張ホストとして女性に買われている。

そこが面白くもあり痛々しくもある。

読む前には2つの興味があった。

出張ホストとはどんな人がどんな感じで仕事をしているのか

いったいどんな女性たちがホストを呼ぶのかと、

読み終えたとき自分はこの世界をずいぶん誤解していたことを知ることができた。

現実の世界と何も差なんてない。非日常なわけでもない。

いたって普通の女性。誰もが寂しさや悩んだり迷ったりしそうな普通の理由で

普通にホストを必要としているのだ。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック