凶悪 [Blu-ray] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆送料無料◆代引き・コンビニ・クレジットカード 他 対応◆国内正規品。レンタル品ではありません◆ケースにスレ等の使用感が見られますが、ディスクはキレイです◆解説書等はありません。ケース、ジャケットとディスクのみになります◆Amazon配送センターから迅速丁寧に発送いたします◆お急ぎ便(プライム)対応◆Amazon専用在庫のため在庫切れキャンセルはありません
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,754
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

凶悪 [Blu-ray]

5つ星のうち 3.8 113件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 3,754 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,430 (28%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ジェネレイトが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 3,754より 中古品の出品:10¥ 2,200より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ凶悪¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 凶悪 [Blu-ray]
  • +
  • アウトレイジ [Blu-ray]
  • +
  • アウトレイジ ビヨンド [Blu-ray]
総額: ¥12,182
ポイントの合計: 120pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 山田孝之, ピエール瀧, リリー・フランキー, 池脇千鶴, 白川和子
  • 監督: 白石和彌
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2014/04/02
  • 時間: 128 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 113件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00HD5SYL2
  • JAN: 4907953040977
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 58,650位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

≪山田孝之×ピエール瀧×リリー・フランキー≫
2013年度賞レースを席巻!史上最悪の凶悪事件とその真相を描いた問題作!!



◎山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキーほか異彩を放つキャスト!!
◎日本を震撼させたベストセラ-・ノンフィクション、禁断の映画化!
◎新人監督賞総ナメ!故・若松孝二の秘蔵っ子 白石和彌、本格長編映画デビュー作!!

【ストーリー】
史上最悪の凶悪事件。その真相とは?
ある日、雑誌『明朝24』の編集部に一通の手紙が届いた。
それは獄中の死刑囚(ピエール瀧)から届いた、まだ白日のもとにさらされていない殺人事件についての告発だった。
彼は判決を受けた事件とはまた別に3件の殺人事件に関与しており、
その事件の首謀者は“先生"と呼ばれる人物(リリー・フランキー)であること、“先生"はまだ捕まっていないことを訴える死刑囚。
闇に隠れている凶悪事件の告発に慄いた明朝24』の記者・藤井(山田孝之)は、彼の証言の裏付けを取るうちに事件にのめり込んでいく……。

【キャスト】
山田孝之/ピエール瀧/リリー・フランキー/池脇千鶴/白川和子/吉村実子/小林且弥/斉藤悠/
米村亮太郎/松岡依都美/ジジ・ぶぅ/村岡希美/外波山文明/廣末哲万/九十九一/原扶貴子

【スタッフ】
原作:新潮45編集部編『凶悪―ある死刑囚の告白―』(新潮文庫刊)
脚本:高橋泉、白石和彌
監督:白石和彌
製作:鳥羽乾二郎、十二村幹男

【特典】
[リバーシブル・ジャケット仕様]

【映像特典】
・メイキング・三池崇史監督 presents 大人だけの空間 『凶悪』トークショー(三池崇史×山田孝之×白石和彌)
・初日舞台挨拶
・予告編集(特報・予告編・TVスポット)
・キャスト&スタッフプロフィール(静止画)

【音声特典】
・オーディオコメンタリー(2種)
    (1)山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー、監督:白石和彌
    (2)原作者:宮本太一(新潮社)、「新潮45」元編集長:中瀬ゆかり(新潮社)、監督:白石和彌

※特典内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキーの共演で凶悪殺人事件とその真相を描いたサスペンス。獄中の死刑囚・須藤から、殺人事件を告発する手紙を受け取った雑誌記者・藤井。須藤は事件の首謀者である“先生”を追い詰めたいと訴える。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
軽いノリで楽しそうに人殺しをする先生の狂気に戦慄を覚える。
しかしそれを取り巻く人物も、みなそれぞれに汚さがある。
主人公もまた、先生を死へと追い詰めようとする、正義に見せかけた殺意の偽善を暴かれる。
救いようのない映画だが、そこに描く人間の本質は間違っていない。
この映画を見てそれを改めて思い知ることに意味があるのかどうか?正直わからないけれど、実際に起きた事件とその経緯を描く映画としては正しい切り口だと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
「凶悪」に満ちた映画である。
暴力のような目に見える表層的な凶悪だけではなく、この映画のモデルとなった実際の事件「上申書殺人事件」には人間の奥底に潜んだ凶悪が露呈している。
個人的には「先生」と呼ばれる人物が、どのようにしてここまで凶悪な人間として至ったかが興味がある。
リリー・フランキー演じる「先生」は見た目はひょろひょろの老いぼれにしか見えないが、人が彼に逆らうこともなく従ってしまうのは何故であろうか。私には彼の凶悪性(通常、人が思いもしないような残忍極まりないことを平気で思いつき、実行する)が人を掴んで離さないように見えた。

俳優陣の演技、息がつまるような圧迫感のある映像はこの事件を色濃く演出しており、秀逸であった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
実際にあった上申書殺人事件を忠実に再現した映画のため、リアリティや気迫がさらに増して伝わりました。
残虐さ故、万人に受け入れられる映画ではありませんが、汚い現実を知る事もまた知性だと感じる私には「記憶に残る」映画でした。
キャスティングや演技が素晴らしく、ピエール瀧ってこんなに漢だったか?と思う程にヤクザでした。
現実にあったストーリーは語るまでもないですが、映画としてもとても良く仕上がってて、とても観る価値がある映画だと思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
色々な見方ができる映画だと思う。上司に止められても取材をし続ける山田孝之演じる主人公・藤井の姿は、ジャーナリストの執念や性を描いているようにも見えるし、家庭の問題から逃げるために事件にのめり込む男の愚かさを表しているようにも見える。また終盤に一人で事件の証拠を探す場面は、異常な事件に執着するあまり自分自身も異常になってしまっているようにも見える。藤井の認知症の母親の介護をする池脇千鶴演じる妻の言葉には、異常な事件に群がる大衆の愚かさといつ誰が「異常」になるか分からない恐怖が込められている。
世界のどの国も体験したことがない超高齢化社会に突入する日本では、これから更に多くの身寄りのない老人が増えるだろうしそこに付け込む人間も増えるかもしれない。
映画版に主人公の認知症の母親のエピソードが追加されたことや、リリー・フランキー演じる「先生」がポツリと言った「役に立たない老人は油田と一緒だ」という言葉には現代日本を憂う監督の思いが表されているようにも見えたがどうか。

暴力シーンが多く観ていて嫌な気持ちになるのは間違いないが、現代社会の異常性をうまく表した傑作だと思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
原作は知らないが、本作品を見た限りでは池上千鶴の、こんな人間じゃないつもりだったのに罪悪感もなくなってくる…という台詞に集約されている気がする。人の良心の境目は曖昧で恐ろしい。付け加えれば借金ってホントに恐ろしい。大体の暴力や人間性を貶めるきっかけってそこにある。この作品にはあまり関係がない感想だが。
作品の内容は重いが、ピエール瀧がそれを全体から抜いてしまっている印象があり、それが作品の成り立ちに一役かっているように思う。絶妙な配役だと感心する。また、音楽も印象深くエンディングは最後まで聞き入ってしまった。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
これは見入ってしまった・・・様々な観点から人の命を奪ってしまった人間の心境だったり色々 
そしてこんな事件が実際に世界各国で起きているのかもしれない、起きているだろうと思うと胸が痛む 
そして老人が死んで行くシーンが多いのでちょっと見ていられないシーンもある 
だけど作品としては良い作品だと思う。山田孝之さん、やっぱりあなたは俳優として素質あるね!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
犯罪というものが、どのようにして生まれてくるのか。
それを、実話を元に、記者、死刑囚、影の首謀者等が、回りの家族らと共に、どう関わっていったのかを、えげつなく、描いた作品である。
ここでの犯罪の根本は、法律を利用・悪用して、金を持つ年寄りから、金を奪っていいと考える、所に発生している。
そう考える、人の良さそうな不動産ブローカー木村( リリー・フランキー)は、暴力団の須藤(ピエール瀧)などを、うまく使いながら、自分の手を汚すことなく、私腹を肥やしていく。
一方で、死刑囚の須藤から、不動産ブローカーの犯罪を暴くことを、頼まれた記者の藤井は、家族の崩壊をも、無視して、執念を持って、首謀者を追いかける。

この作品の中で、犯罪や記者として犯罪を追い求めるエネルギーが、存在する。それに、様々な意味で、人間が、回りの家族が、引っ張り回される。
そして、一つの大きなポイントとして、須藤の持つ、「裏切られることへの恐怖」が、挙げられよう。
須藤にとって、大事だったはずの、五十嵐の裏切りとは、あくまで、木村による、「ガセネタ」だった。
だが、しかし、残念ながら、このガセネタを、須藤は、信じてしまった。

問題は、須藤には、このガセネタを、見破る力が、無かった、ということだ。
それ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー