中古品
¥ 529
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

凍りの掌 コミックス – 2012/6/23

5つ星のうち 4.7 54件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス, 2012/6/23
"もう一度試してください。"
¥ 2,500 ¥ 529
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

著者は、実父のシベリア抑留体験に加え、同じ体験をした人に多数取材を重ね、『凍りの掌〜記憶の底の青春〜』を3年かけて完成し、2008年に同人誌として発表しました。
1巻目より、口コミで広がり注目される中、2010年に全3巻完結。
今回、それを1冊にまとめ、刊行することになりました。

著者について

おざわ ゆき
漫画家。
2009年に飛鳥新社から出版された『築地あるき』はコミカルな築地レポートもので人気。ぶんか社「本当にあった笑える話」などで連載中。


登録情報

  • コミック: 262ページ
  • 出版社: 小池書院 (2012/6/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 486225831X
  • ISBN-13: 978-4862258311
  • 発売日: 2012/6/23
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 54件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 00 投稿日 2013/9/4
Amazonで購入
もう亡くなってしまいましたが、祖父が抑留経験者なので興味を持ち購入しました。
てっきり樺太のあたりに抑留されていた人がほとんどなのだと思っていたら、
ロシアの大変広範囲に及んで抑留されていたことは知りませんでした。

ほとんどの人にとっては八月十五日が終戦なのですが、決して少なくない抑留経験者や引揚者にとっては「八月十五日から始まった過酷な日々」というものが確かにあるんですよね。
もう今となってはそれを知らない人がかなり増えてきました。

これからどんどん戦争経験者の体験談が聞けなくなっていくので、非常に重要な本であると思いました。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
自分は高校生です。
あるときなんとなくアマゾンで本を探してたら、この本を見つけました。
表紙をみて、一見温かい絵柄なのに、表紙の男の人の表情と恰好から、寒さが伝わってきました。
シベリア抑留?ってなんだろうという好奇心と、表紙(いわゆるジャケ買い)につられて買ってみました。

まだまだ表現としては拙いところ(登場人物の顔がみんな同じなので誰だかわからなくなる時がある。)
もあったけど、こんなことが昔あったなんてなぁ・・・と読み終えたあとは放心状態でした。

読んでいて主人公(作者のお父さん)たちがひたすら死ぬ思いで働かせられ・・・そのうちで仲間がどんどん死んでいく現実。自分も死ぬんじゃないかという恐怖。本当にここから帰れるのかという不安。
よんでいて本当につらい・・・死ぬ・・・と出てくる人たちに感情移入してました。(入れすぎると大変なことになるので、セーブしながらみてました。)

食料も満足に食えない腹が減って仕方ない。

最後の最後で日本に帰れた時のうれしさや、日本食がこんなにもうまそうに見えたときは自分も主人公たちと同じように感動してました。

あとがきをみて、資料を集めるのが困難だったと作者さんはおっしゃってましたが、ここまで描
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
私の親族にもシベリアの抑留経験者がおります。
初めて親族、祖父に抑留の話を聞いたのは著者と同じように高校の授業のテーマとして、でした。

ただ祖父はこんな感じだったよ、と話はしてくれましたが、詳細は決して話そうとしませんでした。
数年前に他界しましたが、亡くなる数ヶ月前に意を決して
「私の子供にもこんな事があったよ、とはなしてあげたいので」。
と切り出し、そこから少し話してはくれましたが、結局最後まで
抑留時代にどのような生活を送っていたかは細かくは教えてもらえませんでした。

今回読みやすい漫画、と言う形でリアルな現実を知りました。

後世の為に真実を伝えようとしてくれる方もいます。
ただ私の祖父のようにもう思い出したくない、と言うか話すことを拒否する人間もいます。

親族の中で私は唯一抑留時代の話を聞けた人間です。
それ程過酷な経験だったのでしょう。

私が決して聞くことの出来なかったその先の真実を
この作品でわかりやすく教えていただいた気がします。
祖父から聞いた話に内容が合う収容所の話も出ておりました。

子供が私や著者と同じように学校の授業などで戦争と言うテーマに触れたときに
この本と一緒に少しだけ聞けた彼の曾祖父がどんな事を体験したか話してあげたいと思います。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今時シベリア抑留について書かれた漫画など珍しかったので購入しました。女性らしい柔らかい絵柄で描かれていますが、その内容は死と絶望しかないです。極寒の地でわずかな食事と重労働。赤化教育に吊し上げにリンチ。創作なら少しは救いのある展開を用意できますが、実話なので都合のいい展開はありません。内容からは極限状態での絶望がとてもよく描けています。何冊かシベリア抑留体験者の手記を読みましたが、この凍りの掌からも同じ空気を感じました。約34万人もの人が亡くなったシベリア抑留は今となっては話題に上ることもありませんが、知らない方はこの本を通じてほんの一部でもその実態を知ってほしいと思います。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
配色的なものか表紙の絵がオドロオドロしい感じになってますが、
 実際の漫画の絵柄はもっとシンプルでソフトな感じです。
 戦時ものなので人の死にかかわる様々な描写がありますが
 逆にこの絵柄のお陰で救われてる感があります。

しかし内容は非常にハード、
 なにせ実際に抑留された方の体験談ですので。
 
 実際に読んでみて思ったのは、
  抑留されて日本に帰ってこれた方々と現地で亡くなってしまった方、
  その差は本当に「運」だったんだなと。

 粗末な食事に栄養失調、寄生虫、無理な労働に、極悪な環境、猛威を振るうシベリアの自然、
 次々に死んでいく仲間達、赤化教育という「洗脳」の結果による日本人同士での密告合戦とリンチ。
 国家による保護を失ってしまった兵士を待ち受けていたのはとんでもなく絶望的な状況。

 望郷の念を抱きながら死んでしまった仲間を埋葬する際、
 昨日まで励ましあった仲間の服を剥ぎ(皆、着の身着のまま(夏服で極寒の地へ)連れて来られてるので着る物がない)
 やせ細って凍りついた素っ裸の遺体を凍て付いた異国の大地に埋める無念さ。
 
 ・・・そんな状況でも希望を捨てず、淡々
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー