通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
凍りのくじら (講談社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

凍りのくじら (講談社文庫) 文庫 – 2008/11/14

5つ星のうち 3.5 86件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 凍りのくじら (講談社文庫)
  • +
  • スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)
  • +
  • スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)
総額: ¥2,365
ポイントの合計: 221pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

辻村ワールド、最高傑作登場
高校2年、芦沢理帆子――。「家に帰れば、本が読めるから」誰と話しても、本気で楽しいと思えたことがなかった。あの光と出会うまでは。

「この物語は辻村さんの小説の中でも特別な感じがする。」――瀬名秀明<「解説」より抜粋>

藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、その作品を愛する父が失踪して5年。高校生の理帆子は、夏の図書館で「写真を撮らせてほしい」と言う1人の青年に出会う。戸惑いつつも、他とは違う内面を見せていく理帆子。そして同じ頃に始まった不思議な警告。皆が愛する素敵な“道具”が私たちを照らすとき――。

内容(「BOOK」データベースより)

藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、その作品を愛する父が失踪して5年。高校生の理帆子は、夏の図書館で「写真を撮らせてほしい」と言う一人の青年に出会う。戸惑いつつも、他とは違う内面を見せていく理帆子。そして同じ頃に始まった不思議な警告。皆が愛する素敵な“道具”が私たちを照らすとき―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 576ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/11/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062762005
  • ISBN-13: 978-4062762007
  • 発売日: 2008/11/14
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 86件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 24,612位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
主人公の成長を描いた作品、だと思います。
だと思う、というのは、主人公は何も努力をしておらず、単に夢のような願望を夢のような存在と周囲の善人が都合よく叶えてくれただけ、としか思えなかったためです。終わり方が美しいので騙されそうになりますが。

主人公の計算高さ、「好きになったのだから仕方ない」みたいな言い訳をしながら元彼と会い続けるところなどは読んでいて不快感しかなかったですが、女性たちの叱責を恐れずに言うなら非常に女性的ではあります。主人公が遭遇することになるトラブルも、私には自業自得としか思えませんでしたが、計算高い性格や恋による盲目(といってもこの主人公のはこれもひどく身勝手で偉そうなものですが)に理解を示せる人なら、あるいは共感できるのかもしれません。

文章はところどころ美しいし、部分的に切り取れば名言と言える文もありますが、都合のよい話の中で読むとこれもまた「計算」にしか思えません。
ご都合主義な展開を見ると興ざめする方には、本作はまずお勧めできません。
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
主人公の性格をどう捉えるかで、読みやすいか否かが分かれます。
たびたび人をバカにした心情描写が出て来るのですが、それを不快に思う読者は少なくないはず。
生活資金を他人に援助してもらっているのに、「外食にもクリーニングにも、全く抵抗がない」と、倹約することをバカにしたりもします。
ダメ男の元彼とのグダグダな関係も、個人的にはすっきりしませんでした。
主人公は自分の性格を自覚していますが、だからといって読者が彼女に共感できるかは別問題です。

トリックというか、「意外な展開」が待っていますが、
私は序盤で些細な矛盾点に気づいてしまい、途中でタネが分かってしまいました。

主人公の心情描写も、そこまで深く書ききれていないような気がしました。
文章表現も平易で、訴える力が不足気味です。ただ、終盤はスピードを感じる描写でした。

解説で瀬名秀明氏が「共感」と「感情移入」の違いを説明しています。
「感情移入」とは、自分と考え方の異なる相手の気持ちを推し量ること、だそうです。
暗に瀬名氏は、「感情移入」という「成熟した高度な情動」を駆使して読め、と言っていますが、
読者にそれを求めるこの本には、注意が必要です。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
はじめての辻村作品です。
酷評が多いですが皆さんが仰る通り、主人公に感情移入がしにくいです。
ドラえもんの豆知識や、こんな道具あったなあという懐かしさなどを感じたり出来るのは良い点ですが主人公の人を馬鹿にし、見下している態度はあんまり見ていて気分のいいものではありませんでした。
若尾、元彼ですね、とのグダグダした関係とそれを続けてしまう甘さ、自覚があるのならどうしてそれをやめないのだと読み進めるたびに苛々します。そして所々にその毛のあるような描写はありますが案の定の結果。主人公が吐き捨てた台詞に未練を感じたのは私だけでしょうか?それでどうするんだと。それから彼がどうなったのかはわかりませんが、すっきりしません。
主人公が完成したアルバムを一枚一枚捲っていくシーンは個人的にくるものがあって好きでしたしラストはどんでん返しというほどでもありませんが、驚きもあると思います。
タイトルにしてあるくじらについてはそれほど必要性を感じませんでした。どんな意味合いを持ってそのタイトルにしたのか聞いてみたいものです。
万人受けするような話ではないですが、興味があれば一度読んでみてはどうでしょう。私は他の作品も読んでみようと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 aa 投稿日 2012/10/23
形式: 文庫
本屋で作者の特集が組まれていたので、何冊か冒頭の文章を読みこれを選びました。
正直感想は、読んでいて苛々してしまったという感じです。
高校生にありがちな客観視しているつもりの"主観的な理屈"を延々と見せつけられても気分はよくないですね。
物語の成りゆきや登場人物の色付けも、ありきたりになってしまってます。
新しい感じがしないんです。読んだことあるような感じ。
文中に出てくる"司法試験を目指す"という言葉もおかしいです。司法試験はパスする事で法曹になる資格を得るものであって弁護士だけに限定されてませんよ。
全体的にありがちな表現が多く退屈でさらに主人公の特徴をうっとおしい位に色濃く出しすぎて世界観を乱してしまっている。
酷評になってしまいましたが、作者様が新たな作品作りに期待です。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー