中古品:
¥ 1,952
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【ご注文から当日~翌日にAmazon倉庫より発送予定。在庫確実、梱包には緩衝材を使用、30日間返品保証、メールには24時間以内に対応、お急ぎ便、コンビニ受け取り対応しております】ジャケットが少し汚れていますが中身は綺麗な状態です。Amazon専売のため、売切れはありません。商品梱包時にAmazonで緩衝材を使用して商品が破損しないように梱包しております。商品の中身は事前に確認しておりますが、もし商品コンディションに違いがある場合はメールにてご連絡下さい。商品到着後30日間返品保証しておりますので未開封の場合は返品対応させて頂きます。お問い合わせは羽柴堂までお気軽にご連絡下さい。24時間以内に対応させて頂きます。何卒宜しくお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

冷静と情熱のあいだ [DVD]

5つ星のうち 4.1 27件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:14¥ 1,602より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 竹野内豊, ケリー・チャン, ユースケ・サンタマリア, 篠原涼子, マイケル・ウォン
  • 監督: 中江功
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2005/03/02
  • 時間: 125 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 27件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000A4HTI
  • EAN: 4988013542808
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 75,014位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   イタリアで、美術絵画の修復師の修行中の順正は、この地でかつての恋人あおいに再会する。彼女とやり直したいと願う彼だが、あおいには裕福な恋人と打ち込める仕事があり、彼の入る余地はなかった。そんなときアトリエで事件が起こる…。
   辻仁成と江國香織が、ひとつの恋愛を男女それぞれの視点でつづった原作を、TVドラマ界の人気監督・中江巧が演出。竹野内豊、ケリー・チャンという美男美女の主演、フィレンツェ、ミラノのロケなど、美にこだわったビジュアルが、悲恋を大いに盛りあげる。竹野内があおいとの過去、アトリエでの事件などに苦悩する主人公を表情豊かに演じている。また順正の恋人を演じた篠原涼子が、彼への熱い思いをほとばしらせる熱演を見せており、一見の価値ありだ。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

江國香織、辻仁成原作のベストセラー小説を、竹野内豊、ケリー・チャン共演で映画化した感動のラブストーリー。イタリアと東京を舞台に、10年の歳月が生み出す“運命の愛”をロマンティックに描く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
私は2冊の小説を読んでから見たのですが、小説とは別な感覚で楽しむことができました。賛否両論はあると思うけど、クライマックスは純粋に感動しました。フィレンツェ、ミラノ、また行きたくなりました。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
絵画を切り取ったようなミラノ、フィレンツェの美しい景色、エンヤの透明感のある歌声、竹野内豊のアドニスのような繊細な美青年ぶり、くっきりした目元が印象的なケリー・チャンの個性的な美しさがいとてもいいと思います。傷ついて別れた二人のガラス細工のようなもろさ、心は寄り添っているのに言いたい事が言えない、とても素敵な10年愛だと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 rats 投稿日 2005/3/5
Amazonで購入
エンヤの曲が流れる中での、イタリアの風景がステキでした。
キレイな映像やステキな音楽のたくさん詰まったお話だと思います。
監督が映像に特にこだわる人ということで、竹野内さんやケリーチャンさんがイタリアにいるシーンも、違和感がなく、どっぷりとお話のなかに入り込めます。
二人の脇を固める俳優さんたちも、豪華で見ごたえがあります。
ステキなお話なので、見た後に幸せな気持ちになれると思います☆
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
10年という長い間、たった一人の人を想い続ける。
言うのは簡単だけれど、生半可な想いでできることではない。
10年の間、その人でない人との出逢いもあり、様々な出来事があった。
それでも忘れない、自分のすべてを賭けたあの「約束」。
人を純粋な気持ちで想い続けること、
それが、こんなにも美しいとは思わなかった。
順正とあおい。
この世に永遠というものがあるのかどうかわからないけど、
彼らの気持ちは、もしかしたら「永遠」に近いところにあるのかもしれないと思った。
メミ役の篠原涼子さんの演技に胸打たれることが多かった。
最後に順正の家の前で順正と話をするところの
真っ直ぐに流れる一筋の涙と、その後の笑顔とも悲しい顔とも言えないあの顔。
メミは好きにな!れなかったけど、あの場面では毎回胸を打たれる。
DVDを買ってよかったと心から思える一品である。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
感情が極まると、ひとは、喜怒哀楽を顔に表すことができず、ただ無表情にしかなれない。うれしくても喜べず、悲しくても泣けず。決して長くない自らの人生でも、そんな瞬間がいくつかあった。
「冷静と情熱のあいだ」のクライマックスは、人生のそんなシーンを思い出させる。ストーリーが終盤に一気に向かう中、二人は、冷静と情熱の境界をさまよい続けた。竹野内、ケリーふたりの表情の揺れ動きに、そんな感情の機微がよく表れていて、胸をぎゅっと締め付ける。
映画そのものは、監督が連続ドラマ出身だけに、スムーズな展開が小気味いい。とくに、原作にちらりと登場するだけのエピソードを、劇の展開を左右させるまでにふくらませるイベントが、楽しかった。
原作本と映画。観たり読んだりする順番には、議論が分かれるだろう。自分としては①ロッソ②ブリュ③映画―の順です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
~いい意味で、原作とはまったく違う映画になっています。竹野内さんのぼそぼそと話す声と、エンヤの透き通る声と、そしてフィレンツェの風景。きゅーんとこないわけがないという、、、(笑)
~~
脇役陣もとてもいい。ユースケさんと篠原涼子さんに言及してる方がいらっしゃいましたが、椎名桔平さんもすばらしいです。そしてなんといっても影の主役はチェロ弾きの男でしょう。この方は元G-CLEFの柏木広樹さんというチェリストなのですが、物語のポイントになるおいしー役をやってらっしゃいます。彼なくしては物語が成立しないといっても過言ではないでし~~ょう。チェロの音が、フィレンツェの景色と、純正とあおいのココロに流れ込んでいくようです。~
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ケリーチャンもよかったが、順正役の竹野内豊の演技は最高だった。ナレーションを竹野内にしたのも成功につながったのではないだろうか。彼の低いがやさしい声は、エンヤの音楽とイタリアのすばらしい映像とともに見るものの心に深くしみ込んできた。
何度見ても飽きることはなく、日本の恋愛映画に一石を投じた作品だと思う。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
2001年公開の124分の映画。30歳の元恋人である竹野内豊とケリー・チャン(松たか子に似る)が、10年前にかわした、”フィレンツェのドゥオーモ(大聖堂)で会う” という、ほんの軽い口約束が奇跡を起こすかという点が鍵になる映画。竹野内とチャンは、映画公開時は30歳前後であるが若々しく、10年前の学生時代の回想シーンも違和感はない。映画は、最初はイタリアが舞台で、屋外のシーンはどれをとっても、そのまま絵画になってしまうのではないかと思われるほどの美しさ。そこから帰国した竹野内の東京のシーンになり、まずは東京の雑踏を見せ、美しいイタリアと対照させたのかと思いきや、その次には、木立の黒い影のみが東京の街路に、あたかも絵画のように映り、その中を人々が歩いていくシーンが映し出される。観光地でも何でもない日常のオフィス街のような風景にイタリアの観光地に負けない美しい一瞬を切り取ったセンスは素晴らしい。このシーンは、世界のどこにあっても、真実に美しいものを見つけることができるというようなメッセージでも込められているのかと、深読みしてしまいそうになるところ。10年前の主人公の出会いからのシーンは、繊細でプラトニックで、オーソドックスな描き方だけに、観客の誰しもが、好きな人との出会いのときめきのようなものを思い出させるのではないか。中盤も、過去と現在のシーンが巧みに織り込まれ、飽きさせない展開である...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック