冷静と情熱のあいだ Blu [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,900
60pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: ひまわりストアonline
カートに入れる
¥ 5,900
通常配送無料 詳細
発売元: SimpleLifeItem
カートに入れる
¥ 5,900
通常配送無料 詳細
発売元: [春の売り尽くしSALE!!]free life style
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

冷静と情熱のあいだ Blu [DVD]

5つ星のうち 3.9 43件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,900 通常配送無料 詳細
ポイント: 62pt  (1%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Media bankが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 冷静と情熱のあいだ Blu [DVD]
  • +
  • オリジナルサウンドトラック「冷静と情熱のあいだ」
  • +
  • フォー・ラヴァーズ 「冷静と情熱のあいだ」テーマ曲集
総額: ¥15,274
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 竹野内豊, ケリー・チャン, ユースケ・サンタマリア, 篠原涼子, マイケル・ウォン
  • 監督: 中江功
  • 形式: Color, Dolby, Mono, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2002/06/19
  • 時間: 125 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 43件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000065U6K
  • JAN: 4988013348509
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 53,805位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

10年の歳月が紡ぎ出す愛の奇跡
かつての恋人と交わした あの約束の日、約束の地へ…
江國香織×辻仁成 世紀のベストセラー、初の映画化!

女性側(Rosso)と男性側(Blu)の視点で描いた画期的な小説は、その切なく胸に迫るストーリーで、99年に単行本が発売されるや、現在まで文庫を合わせて300万部を超えるベストセラーとなっている。
※こちらの『冷静と情熱のあいだ Blu 』(DVD)は映像特典満載の期間限定生産版です。

【ストーリー】
美術絵画の修復士を志す阿形順正は、フィレンツェの工房で修復の修行に明け暮れ、その才能を開花させようとしていた。そばには活発で少々気の強い芽実という恋人が見守り、人生は順調そのもののはずだった。しかし、彼の心の中には常に空虚な穴がぽっかりと空いていた。それは、かつて愛した一人の女性の存在をどうしても忘れる事が出来なかったからである。そんな中、順正はふとしたことをきっかけにあおいが今ミラノにいることを知る。意を決してあおいに会いに行く順正。しかし、順正が目にしたあおいは裕福なアメリカ人実業家の恋人、マーヴに生活の全てをゆだね、何不自由のない生活を送っていた。傷心の順正に追い討ちをかけるように事件が起こる。順正の修復していた絵画が何者かによって無残にも切り裂かれたのだ。工房自体の存続すら危ぶまれる状況の中、順正は追われるようにして日本に帰国する。そして、二人が別れる事になった事件の裏に隠されていた真実を知る。怒りと悲しみに打ちひしがれる順正。順正に残された最後の望みは、10年前の他愛もない約束、"あおいの30歳の誕生日にフィレンツェのドゥオモのクーポラで待ち合わせる。"というものだった。あおいはもう忘れてしまっているに違いない。しかし順正は、再びイタリアへと旅立つ。一縷のはかない望みだけに全てをかけて。あの愛は真実だったということを証明するために…。

【商品内容】
Disc 1 : 本編
Disc 2 : 映像特典ディスク
・ロケ地MAP付きメイキング(案内役:ケリー・チャン)※のみに収録
・美術監督 種田陽平が語る ※のみに収録
・メイキング(竹野内豊 初出しオフショット映像も追加収録)
・キャスト・スタッフ インタビュー(竹野内豊、ケリーチャン、ユースケ・サンタマリア、篠原涼子ほか)
・予告編・テレビスポット集
※通常版『冷静と情熱のあいだ ROSSO 』もございます。
『冷静と情熱のあいだ ROSSO 』

Amazonレビュー

   イタリアで、美術絵画の修復師の修行中の順正は、この地でかつての恋人あおいに再会する。彼女とやり直したいと願う彼だが、あおいには裕福な恋人と打ち込める仕事があり、彼の入る余地はなかった。そんなときアトリエで事件が起こる…。
   辻仁成と江國香織が、ひとつの恋愛を男女それぞれの視点でつづった原作を、TVドラマ界の人気監督・中江巧が演出。竹野内豊、ケリー・チャンという美男美女の主演、フィレンツェ、ミラノのロケなど、美にこだわったビジュアルが、悲恋を大いに盛りあげる。竹野内があおいとの過去、アトリエでの事件などに苦悩する主人公を表情豊かに演じている。また順正の恋人を演じた篠原涼子が、彼への熱い思いをほとばしらせる熱演を見せており、一見の価値ありだ。(斎藤 香)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
竹之内豊さんの独特の間を持った演技とバックに流れるゆったりとした音楽はヨーロッパの風景にマッチした味のある映画です。アクションものとは違う空気です。この空気一度見られることお勧めします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
昔観た時にはまだ若かったので分からないところがあったりでしたが、この年齢になって改めて観るとよいですね。
彼も観たいと言っていたので一緒に観ます
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
青バージョンの映画ではなく、内容は赤とまったく一緒で残念。騙された。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 私はこの映画を見てから、原作の2冊を読みました。賛否両論で真っ二つに意見が別れているようですが、私は映画化してくれて良かったなぁ〜と思える作品でした。ちなみに小説から映画になった作品で、「ダビンチコード」は駄作、「東京タワー」は綺麗な出来だと思っています。

 ストーリーは原作とところどころ違いますが脇役にも複雑さと人間味があり、心を惹きつける物語だと想います。それに、「本当に好きな人を心に残したまま別の人と一緒に過ごすこと」や「余りにも素直になれなさすぎる二人」について、見る人によって色々な解釈があると想います。それもまた面白いのではないでしょうか?
 ただ2時間という時間が短すぎて、まとまり過ぎと言うか省き過ぎな感はあります。

 映像に関しては100点中120点をつけてもいいくらい美しい出来だと想います。私はイタリアに行ったことがなく一度行ってみたいと思ってましたが、尚更行きたくなる位街並みを綺麗に映していると思います。またケリーチャンと竹野内豊がこの映画に良く合っているな〜と思います。音楽も良く惹き立てていて、「美しい映画」と言えるのではないでしょうか?
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 レティ 投稿日 2016/7/27
10年経っても、まだ観てしまう映画。
ありきたりなラブストーリーだとは思う。
でも、竹野内さんの持つ雰囲気。
そしてヒロインが日本人じゃないとこが良かったんだと思う。
つたない日本語が、逆にリアルに感じさせてくれた。
こんなふうに誰かを愛することが出来る人はほんの一握りであろう。
でも、きっと多くの人が望んでやまない恋愛のカタチなのではないだろうか。
恋愛は面倒なのは嫌だ、サバサバしてる方がいいという人は本当に、心から人を愛したことがない人だと思う。
本当に愛していれば憎くもなる、恨み辛みも出てくる。嫌いになりたいのになれない苦しさ。忘れたいのに忘れられない。なのにもう会えない辛さ。
確かにその時は苦しいがそういう恋を面倒と言ってしまう人たちを可哀想に思います。

余談が過ぎました…。

junsei is everything to me

このセリフは何度聴いてもズシンとくる。
私もこんなふうに愛せる人に出会いたい
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
上映時に映画館で見たにもかかわらず、いまだに時々思い出しては見ている映画です。
当時の新聞評に『ローマ・フィレンツェ・竹野内豊』この3拍子がそろっていて、若い女性に支持されぬわけがない、みたいな内容が載っていたのを覚えています。
当時若かったので、当然支持しました。(笑)

キーワドは、音楽、イタリア、そして竹野内豊。
エンヤはもとより、いろいろなシーンに使われるオリジナルトラックがとても素晴らしい。
当初、クラシックかと思っていたほどです。
サントラも購入しましたが、聴いていると映画のシーンが思い出されます。
竹野内豊さんは、その繊細な演技で10年間1人の女性を思い続ける寡黙な男を見事に演じています。
その演技もさることながら、随所で語られる彼のナレーション、低めで耳に大変心地よく響きます。

この映画後も彼は着実に演技力を伸ばしていますが、映画出演作がこれ1本とは、少し残念です。
もっと映画で活躍してもらいたい俳優です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これは本と映画という媒体を合わせて当時ではめずらしい作品になりました。
当然、原作を読んで映画を観て・・・とか映画を見て原作を観て・・・という方も多いと思いますが、基本的には別物として読んで観ていただいたほうがいいかもしれません。
公開から時間のたった今では特に話題に上ることも少なくなりましたのでそれぞれをゆっくり読んでゆっくり観ることができると思います(笑)
内容自体は、非常にピュアな恋愛で好感が持てます。キャスティングも充分に見ごたえありだと思います。
久しぶりにDVDを買いたいなと思わせた作品です。(普段はレンタルで済ませてしまう)
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー