通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
冴えない彼女の育てかた 12 (ファンタジア文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

冴えない彼女の育てかた 12 (ファンタジア文庫) 文庫 – 2017/3/18

5つ星のうち 3.4 31件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 590 ¥ 241

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 冴えない彼女の育てかた 12 (ファンタジア文庫)
  • +
  • 冴えない彼女の育てかた 11 (ファンタジア文庫)
  • +
  • 冴えない彼女の育てかた (9) (ファンタジア文庫)
総額: ¥1,922
ポイントの合計: 45pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

加藤恵、メインヒロイン辞退!? サークル分裂の危機、再び――

突然の電話を受け、待ちに待った加藤恵との誕生日デートをドタキャンして倫也が向かった場所は――病院だった。そこで知らされた予想だにしない状況に、倫也は大きな決断を迫られ……!?

内容(「BOOK」データベースより)

悩みに悩みぬいたメインシナリオ『叶巡璃ルート』に解決の糸口を見つけ、一番の功労者で「blessing software」のメインヒロイン担当の加藤恵と誕生日デートの約束をした俺だったが…。「悪い、実はそっち行けない」『…』「聞こえてるよね~?俺の言ったこと、認識してるよね~?」あろうことかデート当日にドタキャンし、向かった場所は―病室だった。そこでとある人物から聞かされた話を受け、俺は大きな決断をすることに。そしてその結果―『わたし、やっぱり、あなたの、メインヒロインに、なれないよ』一気にメインヒロインの攻略難易度は跳ね上がってしまい!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 260ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2017/3/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4040720776
  • ISBN-13: 978-4040720777
  • 発売日: 2017/3/18
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,030位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
 第一部の終わり、七巻で英梨々と詩羽が引き抜かれた時には、厳然たる高い壁として紅坂朱音が立ち塞がっているような気がしていた。
 第二部では、倫也とのゲーム作りが本当は誰よりも好きだった恵との二人三脚で、『blessing software』が成長していく様が見れるのではないかと期待していた。
 蓋を開けてみれば九巻(英梨々)、十巻(詩羽)、十一巻(恵)とまるでギャルゲーのようにヒロインルートがくり返されるだけであり、特に前巻においては別にゲーム作りにおいて成長がなくても、恵が可愛くて恵とイチャイチャして恵と恋愛に至れば倫也は別にそれでいいのかな、と思ったりもした。ゲーム作りというのは一応の筋でしかなく、ヒロインとの恋愛がやっぱり一番大事なのか、と。
 ここに来てこの十二巻で、高い壁であったはずの紅坂朱音の代理を務めることで、あったはずのハードルすらもいつの間にか乗り越えてしまったのかな、という感じだった。大手ゲーム会社であるはずのマルズと、一介の高校生の倫也の交渉も丸々カットされて、そこの難易度はまるでなかったかのようになっている。倫也はいつものようにヒロインとのやりとりをするだけで、難局であったはずのこの場面をいとも容易く乗り越えてしまったかに見える。
 俺としては紅坂朱音はあくまで自分の作品作りで乗り越えてほしかった。それは新生『bles
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ただただ残念…というのが素直な感想です。
あの好きだった冴カノはどこへ、と悲しくなりました。
読む手がここまで止まるのは初めてではないか?というレベルで手が止まりました。今巻を読む間に他のラノベ3冊読み終わりましたからね。

まず文章が気持ち悪い。読んでいて恥ずかしい。恥ずかしいといっても、甘々な展開で全身がかゆくなるような良い意味のものではなく、よくこんなものが書けるな…という悪い意味です。

次にほんとにご都合主義がすぎること。作中にも書かれてましたが、最高のギャルゲーを作るんだったら、他の作品に手を出してる暇なんかあるわけないですよね。あちこちに倫也がフラフラしてるのはさすがに読んでて呆れました。まあ才能豊か()な倫也ならどちらも神ゲーにできるんでしょうね。

そして最も許せないのが出海と美智留の扱いですね。倫也の暴挙の間まったく出番無し。どう感じたかは分からないけども、彼女らは倫也の暴挙に何も思わなかったはずがないでしょうに。最後にちょろっと出てきて終わり。そりゃヒロイン(恵、詩羽、英梨々)に比べたら優先度が落ちるのは分かりますよ。でもこの扱いはあんまりだと思います。

それにこういう身勝手な倫也にまだついて行くとは、なんて健気な女の子たちでしょうね。それほど倫也に魅力がある
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ガールズサイド1から右肩下がりで英梨々の可愛さ見たさで買ってきたようなものですが、
やはり毎巻思うのが主人公が周りのことを考え無さ過ぎて辛い。

ヒロイン全員から一発ずつ殴られるくらいの描写はあっても良いんじゃとすら思える身勝手さ。
愛想をつかされない理由がわかりません。

優先順位をどう考えてるのか理解ができない理由でデートをドタキャン
サークルに相談なしに他チームのゲーム制作応援
サークルの副代表以外に報告すらしない

この巻だけでもこれだけの身勝手な行動ですよ。
しかもデートドタキャンの理由が丸戸さんが無理矢理「転」を作ろうとしてこじつけた展開にしか感じられないのがもう・・・

それに高校生が商業のマネジメントするとかいうラノベ的展開にもついていけませんでした。

いっそのこと最終巻で主人公の告白を盛大に断るみたいなオチでも別に読者は構いませんよ?
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
1巻からずっと読んできましたが、わがまま放題の主人公が全然進歩していないどころか、
サークルのメンバーに対しての思いやりの無さと、自己満足、自己中心的な行動、幼稚園児並みのだだっこぶり、
12巻読み終わって、表紙の題名、冴えない彼女の育て方を止めたほうが良いと思う。
表紙の題名と話の内容が180度違いすぎる。

この本は、社会人になった人は読まないほうが良い。
主人公の民間の商売をなめている。(ばかにしすぎ)
普通の人が、この本読んだら主人公に対して好感持てないどころか、
9割以上の人間が主人公は、クズだと言うと思います

今回で自分は、13巻を買うのを辞めます。
時間の無駄をしてしまった事に後悔をしました。
何も考えずに読んでも読むの疲れるし、読んで面白くないのと
読むたびに主人公に嫌悪感ストレスがたまっていきます。

12巻で、読む層が普通の人から、作者のファンと、心の広い聖人しか納得して読めないでしょう。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー