¥ 669
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
冬の蜃気楼 (小学館文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

冬の蜃気楼 (小学館文庫) 文庫 – 2013/4/5

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1
文庫
¥ 669
¥ 669 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 冬の蜃気楼 (小学館文庫)
  • +
  • 異人たちとの夏 (新潮文庫)
  • +
  • 終りに見た街 (小学館文庫)
総額: ¥1,729
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

一九五八年、東京郊外にある映画撮影所から物語は始まる。大学を出たばかりの二十二歳の助監督石田の前に現れた下手な中年役者羽柴、そして巨匠が監督する映画「一葉」の主演女優・十六歳の美少女瑠美。青年は少女の無垢な美しさに心を奪われ、奇妙な中年役者の言動にもてあそばれる。最盛期を過ぎたとはいえまだまだ活気に満ちていた撮影現場と、二人に翻弄される若き助監督の姿がリアルに立ち上がる。そして三十三年後という最終章には、謎に満ちた再会の夜が待ち受けている。甘美で残酷な青春を、“時”の迷宮のなかに描いた傑作長篇小説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山田/太一
1934年東京生まれ。大学卒業後、松竹大船撮影所で助監督を務める。その後独立し、数々のテレビドラマの脚本を執筆。1988年長篇小説『異人たちとの夏』で山本周五郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 331ページ
  • 出版社: 小学館 (2013/4/5)
  • ISBN-10: 4094088148
  • ISBN-13: 978-4094088144
  • 発売日: 2013/4/5
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 510,874位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(4)

トップカスタマーレビュー

2017年3月30日
形式: 文庫|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年1月23日
形式: 文庫|Amazonで購入
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月11日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年7月17日
形式: 文庫
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。キーボード ワイヤレスキーボード bluetooth