日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

冬のライオン(字幕版)

 (36)2時間14分1968NR
イングランド国王ヘンリー2世は、愛息子ジョンと剣術の稽古をしている。ヘンリーは自身をリア王に重ね、名君になる決意を傍らにいる愛妾アレースに語る。1183年のクリスマス。イングランド国王ヘンリーは、自分への反乱が絶えない家族や、領土を巡るフランス王との長年の争いを解決するため、軟禁中の妃エレノア、息子のリチャード、ジェフリー、フランス王のフィリップをシノン城に呼び集めることを決める。 © 1968 STUDIOCANAL - Conbow Productions
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『ザ・マスクド・シンガー』9月3日20時、独占配信開始!

「WHO IS BEHIND THE MASK 歌っているのは誰だ!?」マスクをかぶり完全に正体を隠したスポーツ界の英雄、J-POPのレジェンド、主演女優、芸人など誰もが知っている12人のスーパーセレブがその歌唱力と奇想天外なパフォーマンスを競い合う。あなたは誰が歌っているのかを当てられるか?
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
ティモシー・ダルトン
提供
STUDIOCANAL
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち3.9

36件のグローバルレーティング

  1. 41%のレビュー結果:星5つ
  2. 24%のレビュー結果:星4つ
  3. 20%のレビュー結果:星3つ
  4. 11%のレビュー結果:星2つ
  5. 4%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

shien2019/02/03に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
英国史を学ぶ人にはいいかもしれない。役者は良い。
確認済みの購入
『冬のライオン』は,エレノア・オブ・アクイティンとその夫のヘンリー2世の物語である。彼女が「ヨーロッパの祖母」と呼ばれていなかったら,この映画を見ることはなかっただろう。もともとは,1966年からブロードウェイでのミュージカルで,それを映画化したものである。したがって,少し古い芝居がかった感じを否めない。この映画の時代背景には,英国王家とフランス王家の駆け引きがある。エレノアは1122年ごろに誕生しているので,日本で言えば,源平合戦を外国人が見るようなもので,英国史に興味がない人には向かない映画だと思う。私も英国史を確認するための勉強と思ってみた。ただ,キャスティングはなかなか面白い。エレノア役キャサリン・ヘップバーンで,ヘンリー2世役がピーター・オトゥールで,かっての名優たちである。しかも,アンソニー・ホプキンスとティモシー・ダルトンにとっては映画初出演という映画である。2人とも若い時にはこういう顔だったかと感じ入った。面白かったのは,その後,間抜けな王として,英国史に残るジョン失地王役の俳優が,いかにもダメなジョンをうまく演じていた。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2019/06/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
画像がきれい。英語も大変聞きやすい。
確認済みの購入
届いたのは、予定通りでしたが、今日(6月8日)鑑賞しました。大満足です。予想していたよりも長い映画でびっくり
しましたが、画像も、英語もきれいではっきり聞こえました。現代の英語に比べ、とても聞きやすい。内容的にも
素晴らしかった。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ちこ2002/06/01に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
役者魂の戦いを感じました。
確認済みの購入
ピーター・オトゥールとキャサリン・ヘップバーンの役者魂を感じました。
そこに、映画界に登場したばかりの若きアンソニー・ホプキンスが、負けじと演技をしています。
とにかく、この一家は、まさに骨肉の争いの真っ只中で、互いの腹の中を探り合っているのです。見ているこっちも誰を信じていいのか分からなくなります。
「冬のライオン」とは、老齢期に差しかかった王のことを指すのだと思いますが、キャサリン・ヘップバーンは、噛み付かんばかりの王妃の役を見事に演じ、彼女はもうまさに雌ライオンです。
そして、3人の息子たちは、父親から地位と領地を何とか譲ってもらおうと虎視眈々としている子ライオン。そう、みんなライオンです。
デジタルニューマスター版は、本当に素晴らしいです!!。50年以上も前の作品が、まるで新作のように綺麗な画像で見れます。その証拠に、当時の劇場予告画像を見ると、独特のフィルムの焼けた感じや傷が見られます。このような素晴らしい作品がDVDで蘇るとは、本当にいい時代に生きていると思いました。CGや特撮の映画になれた人も、こういう人間の「演技」を是非ご覧になって欲しいです。台詞の機微も素晴らしいです。
39人のお客様がこれが役に立ったと考えています
えりこ2015/08/11に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
冬のライオン
確認済みの購入
やはり素晴らしい作品でした。

歴史劇としても家族劇として見ても面白いです。

ピーターオツールの作品の中でも気に入っています。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
にゃり2011/03/28に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
最低です
確認済みの購入
以前、東北新社から発売されたDVDはシネマスコープサイズでしたが
今回のブルーレイは左右カットのビスタサイズでした

解像度はブルーレイだけあって良いのですが
東北新社から発売されたDVDは画像、音声ともに良かったので
正直な話DVDが手放せない状況です

それと、東北新社から発売されたDVDには予告編が映像特典としてはいってましたが、今回のブルーレイ版にはそれすらも入っていませんでした

難しいとは思いますがメーカーさんには『消費者』がどういったものを欲しているかをよく理解された上で発売していただきたいと切に訴えさせていただきたいと思います

2018/06/29に発売されるブルーレイはシネマスコープサイズみたいですね
59人のお客様がこれが役に立ったと考えています
sleepy2014/06/11に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
言葉の切れ味
確認済みの購入
人を傷つけるものはナイフや銃のみにあらず。ときに人は言葉のナイフで相手を痛めつけてしまうものです。12世紀のフランスを舞台にした本作は、アンジュー王国の王位継承・領土相続をめぐって「言葉のナイフ」で傷つけあう家族を描いた映画です。老いてなおいろいろとお盛んな国王ヘンリー(アンリ2世)と彼に幽閉された王女エレノア、王位を狙う3人の子、国王の愛人らが、今の世から見ると「これが血を分けた親子・兄弟なのか?」と思うほどの激烈な言葉の応酬を繰り広げます。権力欲、物欲、名誉、プライド、あるいは劣等感や失望といった心の「ダークサイド」と、中世初期のどうしようもない時代の「ダークサイド」が交錯します。

ただ、単に憎みあっているだけではなく、そこかしこに愛憎の「愛」の部分が見え隠れするところがミソ。互いにだらだらと胸の奥から血を流しあいながらも、どこか人間の矮小さやいじらしさも感じられます。この言葉のナイフはむしろ、家族だからこそ振り回され、効き目があるものなのかも知れません。お膳立ては中世の特権階級ですが、現代にも通じる物語でもあります。一方で、この裏切りや腹の探り合いにはどこか滑稽さ、狡猾さも見えかくれします。

見ているこちらもどこまでが彼らの本音で、どこまでが芝居なのかがわからずに翻弄されてしまう面白味もあります。くわしくは書きませんがラストではなにかすがすがしさすら感じさせます。

また、一番の見どころ、ウリは、主演のピーター・オトゥールとキャサリン・ヘプバーンのすさまじい演技であります。もともとが舞台劇であり、映画においても舞台調のメリハリのきいた演技がお腹いっぱい堪能できるのもうれしいところ。特にP・オトゥールは他の映画でのナイーブさや冷たさ(「アラビアのロレンス」「ロード・ジム」「将軍たちの夜」など)とはうってかわった心身ともにマッチョな(?)彼が見られます。しかし彼はアカデミー賞では不遇でしたね。舞台調のオーバーアクトではありますが、これでとらなければ何でとる?といえるほどウマイ。キャサリン・ヘプバーンは第41回(1968年度)アカデミー主演女優賞(このとき3回目)受賞(バーブラ・ストライサンドとの珍しい2人受賞)。

作曲賞・脚色賞も受賞。タイトルバックの映像と音楽は「オーメン」かと思いました。これから始まる家族の戦いを予感させます。

芝居が見どころではありますが、当時の歴史状況を知っているとより理解しやすいのは確か。以前に発売されていたヴァージョンのレビューにくわしく書いている方がおられ、私には参考になりました。★ひとつ減の理由は、これも他の方のレビューで書かれていますが、IVC版は画面比が変更されているためです。東北新社版はシネスコサイズ2.35: 1 とのことですが、こちらは(従来版から) ヴィスタサイズと呼ばれるサイズ(1.78: 1)にトリミングされているらしいです。画面の両端がいくぶんリサイズされています。画質についても否定的なご意見があるようですが、私見では許容範囲でした。俳優たちとセリフに圧倒されてしまったので・・。またたびたび見ることになる映画だと思いました。もっと年老いた時に見るとさらに感慨深いかも知れません。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
kmopera2011/03/26に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
登場人物が画面に映らない
確認済みの購入
東北新社版では映っていた左右がカットされており、登場人物がうつらない部分もあります。画像はすこしはきれいになっていますけどはっきりいって買わなければよかった。
42人のお客様がこれが役に立ったと考えています
rokusan2014/12/20に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
言うことなしでした。
確認済みの購入
テレビ放送されたものを録画しているものの、やはりソフトで欲しくてこちらのDVDを探していました。ようやく入手出来ました。とてもとても気に入っています。
すべてのレビューを表示