日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

冬のソナタ(字幕版)

シーズン1
 (197)2002NR
ユジンの高校にジュンサンが転校して来た。どこか暗い影のある彼だったが、二人はだんだんと惹かれていく。それはユジンにとってまさに初恋。しかし、繁華街で待ち合わせをした大晦日の夜、別れは突然やってきた--。10年後、ユジンはサンヒョクと婚約をすることに。そんなある日、同窓会で友人チェリンが恋人のミンヒョンを連れてくる。ジュンサンとうりふたつの彼とサンヒョクの間で、ユジンの心は揺れ動く。
出演
ペ・ヨンジュンチェ・ジウパク・ヨンハ
オーディオ言語
한국어

体験期間後はAmazonの韓国ドラマ・エンタメ Channel K (¥550/月額)の会員特典

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『ザ・マスクド・シンガー』9月3日20時、独占配信開始!

「WHO IS BEHIND THE MASK 歌っているのは誰だ!?」マスクをかぶり完全に正体を隠したスポーツ界の英雄、J-POPのレジェンド、主演女優、芸人など誰もが知っている12人のスーパーセレブがその歌唱力と奇想天外なパフォーマンスを競い合う。あなたは誰が歌っているのかを当てられるか?
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

  1. 1. 第1話
    2002/01/12
    1時間4分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    ある日、ユジンの通う高校にカン・ジュンサンという男の子が転校してきた。ジュンサンの秀才ぶりはあっという間に生徒の間で話題となるが、ユジンの中でははじめてバスの中で出会ったときのジュンサンの印象が良くない。母親の写真をたよりに父親を探しに春川に来たジュンサン。自分の父親がクラスメイトのサンヒョクの父親だという事実を知り、ショックを受ける。ユジンのことが好きなサンヒョクもジュンサンの存在が気になってしようがない。その後、ジュンサンとサンヒョクとは反発しあうように。そんな中、ユジンは冷たい男の子だとばかり考えていたジュンサンに、だんだんと惹かれていく。 [LVR]
  2. 2. 第2話
    2002/01/12
    57分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    授業をサボったユジンとジュンサンはクラス中の噂に。罰当番として一緒に掃除をしながら、二人はよりいっそう仲良くなる。そんな彼らの姿を見て不安になったサンヒョクはジュンサンのあとをつけ、ジュンサンが自分の父親に会っているのを目撃してしまう。自分が憎くて自分のユジンと父親に近づいていると嫉妬心を抑えきれなくなったサンヒョクは、ユジンをもてあそぶなとジュンサンに迫り、二人の言い合いに出くわし話を聞いたユジンは深く傷つく。
  3. 3. 第3話
    2002/01/12
    57分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    ユジンは夜遅くまでジュンサンを待ち続けるが、とうとうジュンサンは現れなかった。次の日学校に行ったユジンは、ジュンサンが交通事故にあって死んでしまったという知らせを受ける。ユジンはショックを受けるが、仲間たちと一緒にジュンサンのお葬式をしながらも涙一つ見せないのだった。まるで彼の死を信じようとしていないかのように・・・。しかしある日、ジュンサンのピアノの演奏とユジンへのメッセージが録音されたテープが家に届けられると、悲しみをこらえ続けていたユジンの目に、ついに大粒の涙が溢れ出してきた。それは、ユジンがジュンサンの死を受け入れた瞬間だった。そして10年後-。
  4. 4. 第4話
    2002/01/12
    56分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    ユジンはスキー場の改装工事を受注するため、プレゼンテーションに「マルシアン」に向かう。そこでジュンサンと瓜二つのイ・ミンヒョンに再会。彼は新たにアメリカからやって来たという「マルシアン」の新任取締役だったのだ。ユジンは彼の前でまったく話が出来なくなり、逃げるようにしてマルシアンを後にする。ユジンはチェリンのもとを訪ね、ミンヒョンがどんな人なのかと聞くが、チェリンはジュンサンは既に死んだ人、ジュンサンとミンヒョンはまったくの別人だと断言する。結局ユジンの会社がスキー場の改装工事を受注。あれほどやりたかった仕事なのに、ユジンは運命のいたずらにただ気が重いばかりだ。
  5. 5. 第5話
    2002/01/12
    56分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    ユジンとミンヒョンが一緒に仕事しているということを知りサンヒョクは不安になるが、仕事に情熱を傾けるユジンに辞めてほしいとは言えないのだった。ユジンとミンヒョンが一緒にいることを知ったチェリンは、ユジンが子供のころから自分の真似ばかりしていて、初恋の人ばかりかあなたまでをも自分のものにしようとしているとミンヒョンに訴える。さらにチェリンはユジンがミンヒョンと同じパーティーに出席する予定だということを知り、ミンヒョンが自分にプレゼントした服と同じ服をユジンにプレゼントし、ユジンが自分の真似ばかりしているという風に見せる。自分がチェリンに贈ったワンピースを着ているユジンを見て、ミンヒョンは驚き、ユジンへの疑念を深めていく。
  6. 6. 第6話
    2002/01/12
    57分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    ミンヒョンは酔いつぶれたユジンを仕方なく自分のホテルの部屋に連れて帰る。そこでユジンが自分をジュンサンと呼ぶのを耳にし、ミンヒョンは激怒。チェリンの言葉どおり、ユジンが汚い手を使って親友の彼氏である自分を誘惑しようとしていると思い、誤解はどんどん深まっていくのだった。車で一緒にスキー場に向かうミンヒョンとユジンの間に冷たい空気が流れる。スキー場の二人の前に現れたチェリンが、さらに誤解を深めるような言葉を残してソウルに戻る。
  7. 7. 第7話
    2002/01/12
    57分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    ミンヒョンをかばってユジンが怪我をし、入院。サンヒョクはミンヒョンのために身を捧げたユジンを見て動揺する。ミンヒョンは自分に嘘をついたチェリンに、しばらく一人にしてくれと別れを切り出す。母親が病気と言う知らせにミンヒョンの車に乗って春川に向かったユジンは、その昔ジュンサンと訪れた湖にミンヒョンと二人で訪れる。ユジンはそこでジュンサンとミンヒョンに対する心の整理をする。ユジンとミンヒョンは一緒にゴンドラに乗って山頂に上るが、強風のために二人は山頂のログハウスから動けなくなる。
  8. 8. 第8話
    2002/01/12
    57分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    山頂のログハウスで一夜を過ごすことになったミンヒョンとユジン。スキー場に来たサンヒョクとチェリンはあせる気持ちで二人の帰りを待つ。次の朝、ユジンを探して山頂に上ったサンヒョクはミンヒョンがユジンに「本当に愛しているのは誰か」聞いてユジンが答えられなくなったのを目撃しショックを受ける。サンヒョクは一人ソウルに戻り、ユジンはサンヒョクを追いかけて行くが、ユジンに冷たく当たるのだった。サンヒョクの母親の誕生日。サンヒョクと和解するために彼の家を訪れたユジンだが、ユジンを傷つけるような母親の態度にサンヒョクは怒ってユジンをホテルに連れ出す。
  9. 9. 第9話
    2002/01/12
    55分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    10年ぶりの帰国ソロリサイタルを開くことになったピアニストのカン・ミヒは、リサイタル前に春川にあるジュンサンの家に向かい、過去の思い出にふけっていた。ユジンはサンヒョクにあなたとは結婚できないと伝え、ミンヒョンにも自分たちは好きになってはいけない仲だと言い、自分が一人になれるように助けてほしいと頼む。ユジンの言葉にショックを受けたサンヒョクは、どんな事をしてでもユジンを手放すまいと必死だが・・・。ラジオの公開放送のためにスキー場を訪れたサンヒョクは、ユジンを惑わせないでくれとミンヒョンに警告する。そして自分の両親とユジンの母親、友人たちを呼んで、独りで勝手に婚約発表を計画する。
  10. 10. 第10話
    2002/01/12
    57分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    ミンヒョンとの愛を確認したユジンはサンヒョクと別れることに。母親や親友のジンスクなど皆に反対を受けるが、自分は幸せになれると繰り返すユジンだった。一方ユジンに別れを告げられたサンヒョクはショックで廃人同然となり、彼がかわいそうになった友人たちはユジンに帰ってくるように言うが・・・。ユジンはサンヒョクのことが心配でたまらないが、サンヒョクの辛そうな姿を見ると自分がまた迷ってしまうことがわかっているため、決して彼に会おうとしない。しかしユジンがサンヒョクのせいで苦しんでいることを知ったミンヒョンは、ユジンを手放す決心をする。
  11. 11. 第11話
    2002/01/12
    57分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    ミンヒョンに真実の愛を告げつつも、彼と別れてサンヒョクとの結婚を選んだユジン。サンヒョクはショックからすっかり立ち直り、結婚の準備を進める。カン・ミヒのピアノリサイタルの日、取材を申し込むためにミヒの元を訪れたサンヒョクは、父親がミヒと高校の同級生だったことを知る。さらに、サンヒョクはユジンからミンヒョンがミヒの子供だということを聞く。驚いた彼は昔の記録を確認するために母校に向かう。
  12. 12. 第12話
    2002/01/12
    57分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    ミンヒョンはジュンサンが住んでいた家に向かった。そこで母親と偶然出くわす。ミンヒョンは自分がジュンサンであったことを確認させられる。過去の記憶が消えてしまい苦しんでいるミンヒョンに会ったサンヒョク。彼をジュンサンと呼びつつも、ユジンに近づくなと告げる。
  13. 13. 第13話
    2002/01/12
    57分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    自分はジュンサンだというミンヒョンの言葉を信じることが出来ないユジン。ユジンはミンヒョンが自分を諦められずにそのようなことを言っているのだと思い、サンヒョクと生きる決心をミンヒョンに告げ、彼を避けるようになる。過去の記憶を失ってしまったミンヒョンは春川の家でジュンサンの記憶を呼び戻そうとするが、記憶は戻らない。そしてユジンを離れ、ミンヒョンとして生きる決心をする。
  14. 14. 第14話
    2002/01/12
    56分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    韓国を去ろうとするミンヒョンから届いたプレゼントで、彼がジュンサンだという事実を悟ったユジン。ミンヒョンを追いかけて空港へ向かう。ジュンサンに語りかけるユジンだったが、ミンヒョンにはジュンサンの記憶がない。自分の存在に苦しんだミンヒョンは、今度こそ韓国を去ってアメリカに向かう決心をする。ミンヒョンを追いかけるユジンは、交差点の向こうに彼の姿を見つけ、思わず道に飛び出す。
  15. 15. 第15話
    2002/01/12
    57分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    昔の記憶を取り戻し始めたジュンサン。サンヒョクはジュンサンが記憶を取り戻したことを知り、ユジンを手放す決心をする。ユジンとジュンサンは10年の年月を経てやっと幸せな時間を手にしつつも、傷つけてしまったサンヒョクとチェリンのことを思うと心穏やかでない。そんな中、高校の恩師が上京することになった。ジュンサンが記憶を取り戻すきっかけになるかも知れないと二人で先生に会いに行くが、そこで友人たちに出くわしてしまう。
  16. 16. 第16話
    2002/01/12
    57分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    友人たちと仲直りして幸せいっぱいのユジンとジュンサン。ところがジュンサンは時折浮かび上がる暗い影の記憶に苦しめられていることを、ユジンに言えないでいた。そんなある日、ジュンサンは自分の記憶の中で父親に対する記憶が抜けていることに気付く。自分の父親が誰なのか気になりながらも、あまりにも幸せな今を壊したくないために父親の記憶をあえて思い出そうとはしないのだった。一方サンヒョクを通じてミンヒョンとジュンサンが同一人物だったということを聞いたサンヒョクの父は、ジュンサンが自分の息子ではないかと考えジュンサンに会いに行く。
  17. 17. 第17話
    2002/01/12
    57分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    婚の意志を固めたユジンとジュンサンは、ユジンの母親に許しを得るため春川へ向かう。ところがジュンサンの母親が夫と婚約までした仲だったことを知っているユジンの母は、この結婚を許そうとしない。親たちの心の傷に触れたユジンとジュンサンは、悲しみながらも許しを得るその日まで待ち続けることを心に誓う。一方、異母兄弟であるユジンとジュンサンが付き合っていることを知って一人苦しんでいたサンヒョクの父は、ジュンサンにそのことを知らせる。ジュンサンも自分の父親がユジンの父親かもしれないと思うようになる。
  18. 18. 第18話
    2002/01/12
    56分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    ユジンとジュンサンは二人きりで結婚式を挙げることに。誓いの言葉を述べていたその瞬間、二人が異母兄弟であることを知ったサンヒョクが止めに入りユジンを連れ出す。ソウルに戻ったサンヒョクとユジン。ユジンを傷つけたくないがために、サンヒョクはジュンサンと結ばれてはいけないその理由を彼女に告げられないのだった。ユジンはジュンサンと探して回るが、彼の所在はつかめない。ようやく会えた二人は海へ旅に出る。それは二人にとって初めての海だった。
  19. 19. 第19話
    2002/01/12
    57分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    ジュンサンと兄弟であることを知ったユジン。ジュンサンの家に駆けつけるが、そこでカン・ミヒに出くわし、自分たちが兄弟であることを確認させられる。ジュンサンにも冷たくされたユジンだったが、その理由がわかっているからこそ、なおさら苦しいのだった。自分を傷つけまいと何があっても兄弟であることを隠し通そうと苦しんでいるジュンサンの姿に、自分も彼と別れることを決心する。サンヒョクの父がジュンサンのアパートを訪れるが、ジュンサンはその場で倒れてしまう。
  20. 20. 第20話
    2002/01/12
    1時間1分
    NR
    オーディオ言語
    한국어
    病院でジュンサンが自分の息子だという結果を聞かされたサンヒョクの父は、すぐにミヒに会い真偽を確かめる。ミヒはジュンサンが彼の息子であることを認める。事実を聞かされたジュンサンは、ユジンとやり直そうとするが、そんな矢先に交通事故の後遺症で自分の生命が危機にさらされていることを知ったジュンサンは、ユジンにサンヒョクとやり直すように言い、一人アメリカへと旅立つ決心をする。しかしジュンサンの病状を知ったサンヒョクは、急ぎユジンを連れて空港へ。

詳細

出演
パク・ソルミ
プロデューサー
ユン・ソクホ
シーズンイヤー
2002
提供
KBS
コンテンツ警告
飲酒性的なコンテンツ喫煙暴力
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち3.9

197件のグローバルレーティング

  1. 48%のレビュー結果:星5つ
  2. 22%のレビュー結果:星4つ
  3. 11%のレビュー結果:星3つ
  4. 6%のレビュー結果:星2つ
  5. 12%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

minming2017/05/02に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
う~ん。
確認済みの購入
韓国に仕事で10数年間行ったり来たりと、中期滞在もしましたが、どうも韓国にはなじめず、当時、韓国を訪れる山のようなおばさん軍団も理解できませんでした。しかし、先日NHKの「アナザーストーリーの冬ソナ版」を見て、当時理解不能だった事を理解したくて急遽本DVDを購入してみました。
見始めると回を追うごとに感情移入しましたが、話半ばになってから「ミニョンがアメリカ帰国時、搭乗開始案内放送直後にユジンがロビーで追い付く」と「エッ?搭乗開始は30分前でまだイミグレ通っていないの?」「最初から乗る気が無いの?」・・・「そうか・・・フィクションドラマなんだ」と、それからは我に返りました。
「ピーナツの配り方が気に食わないと飛行機が引返す」「船が沈没しそうになると客を捨て船長が逃げ出す」のが現実の国ですから、フィクションはフィクションとして割り切れば、現実離れは多々有りますが、夢の話としては最後まで美しいドラマではありますね。

あと、他の方も書かれていますが「吹替版は絶対に見ない方が良い」です。幼稚園学芸会の「台本のボー読み以下」で「韓国の生活も会話もしたことあって吹替えてるの?」レベルです。
字幕の方は、大変「すばらしい意訳」ですので、絶対に原語状態での視聴がお勧めですね。
47人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ドク2018/08/29に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
とても良かったです。
確認済みの購入
昔見た、懐かしい物語で、今見ても色あせず、
とても良かったです。
どうもありがとうございました。
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ENDO2016/06/09に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
オリジナル版”冬のソナタ”に出会えて満足。
確認済みの購入
NHKで放映した冬のソナタはカット編集版で重要なかつ面白い場面が抜けていました。また、映像のバックグラウンド・ミュージックも異なっていて物足りなく感じていましたが、やっとオリジナル版を見ることができて満足です。例えば、エピソード1の中で、チョン・ユジンが一人だけの放送室内で振付を付けて歌っている唄は、アバの”ダンシング・クィーン”なんです。音楽と画像がぴったりと合って納得の一コマになっています。また、映像は字幕入りで、出演者の生の声が聴けるのでよかった。
35人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2017/11/10に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
星が足りないですが10個です。
確認済みの購入
昭和の雰囲気と似てて、懐かしい気持ちが出て涙が出ました。特に学校なんかも凄く似てていい感じ見てしまいました。ユジンもなかなかの美人で流石の涙の女優です。今の季節(秋の終わり頃)を見るとちょうどドラマの季節とぴったりです。また、あの頃に戻ってやり直したいです。あの初恋の人はどうなってるかな?そう思ってしまいました。
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
SHIN CHANNEL しんちゃんねる2016/05/18に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
また、会えました
確認済みの購入
もう、15年になるんですね・・
わたしの中でいつまでも色あせない冬のソナタ

チュンサン・ユジン・ミニョン・サンヒョク・チェリン・ヨンググ・チンスク・・・

韓国がいちばん身近に感じさせてくれ、そして一番輝いて見えた作品でした
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2019/01/13に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
再生停止になります
確認済みの購入
レンタル落ちだし安価な商品ですが、ディスクのクリーニング済みとあったので購入しました。しかし、第8話の途中、画像が乱れ、"このディスクは見れません"と再生停止になったり、同じ場面を画像が乱れながら繰り返し再生したりします。第9話から先はこれから見るところです。安かろう悪かろうでは困ります。非常に残念です。
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
mumehiro2015/06/20に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
納得の冬のソナタ
確認済みの購入
韓国版ノーカットを観たくて購入しました。英語の字幕ですが、英語能力が堪能でないと読み取るのに苦労します。時々ですが、韓国語を英語に翻訳する事の困難さが理解出来ます。尚更、韓国語を日本語へ翻訳して気持ちを伝える事の難しさも解ります。でも何度も繰り返して観るうちに日本語と似た韓国語に気付きますね。この冬のソナタには何というか、透明感のような雰囲気があり、人の嫌らしさも、醜さもあり、ついつい観てしまう。「ある愛の詩」BGMが随所に挿入されています。愛の形は色々あるけど、愛は普遍なんだと。これまでヒットした恋愛ドラマはあっただろうか?アジア諸国では101回目のプロポーズも人気らしいですが、見返りの無い愛は普遍なんでしょう。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
路地裏長屋2017/11/10に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
久しぶりに見ました。時間の都合で切れ切れでしたが、忘れているもんですね。
確認済みの購入
 映画のチャールズ・ブロンソンの「俺は男だ」を思い出して、監督はいろいろな作品を見ているんだ、と思いました。ただ第三話ぐらいからの話で10年後。話の進み具合や物語の内容はいいのですが、少し残念なのが、お母さんがピアニストで、その息子がピアノを弾けない。という事と、最後の方に建物の図面と模型を、実際の建物を似せて作らせれば、よりリアルテーが出たかもしれませんが。実際の建物の持ち主のプライバシーもあるかもしれませんが。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示