¥ 2,160
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

写真で辿る小樽 明治・大正・昭和 大型本 – 2014/10/29

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本, 2014/10/29
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,750

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 写真で辿る小樽 明治・大正・昭和
  • +
  • 小樽昭和ノスタルジー―我が青春の街角へ
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 88pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

貴重な写真で辿る小樽の歴史。明治初頭から昭和末期までおよそ120年のあいだに小樽で撮られた写真、約250点を収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

佐藤/圭樹
1960年東京生まれ。早稲田大学卒業後、出版社で海外旅行関連書籍の編集に携わる。一方で、中学校時代に初めて訪れた北海道へはその後もたびたび旅行。1992年、出版社を退職して小樽市に居を移す。フリーランスのライター/エディターとなり、99年に編集制作会社、有限会社ウィルダネスを設立。小樽、北海道に関わる多数の出版物制作に携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 大型本: 159ページ
  • 出版社: 北海道新聞社 (2014/10/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894537516
  • ISBN-13: 978-4894537514
  • 発売日: 2014/10/29
  • 商品パッケージの寸法: 1.4 x 18.2 x 25.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 448,295位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
20歳まで小樽に住んでいた為,このような写真集は懐かしくてつい購入してしまいます。

特に,丸井さんの食堂の写真には壁にかかっている絵やテーブル配置が写っており,幼少期によく祖母と買い物帰りに寄り,普段食べられなかったお子様ランチやプリンアラモード,もう少し大きくなってからはお寿司やスパゲティ(決してパスタではありません)などの洋食をわくわくしながら食べたことを思い出し,一気にその時代に戻ってしまいました。(入り口で注文してからもらう切符のような食券は今もどこかに存在しているのでしょうか?席でウエイトレスのお姉さんが食券を半分にちぎって料理が来るまで時間がとても待ち遠しかったのを思い出します。)
食堂の外には,当時デパートではお決まりのミニ遊園地があり,そこで食後に乗り物に乗ったり,一階(地下?)のメリーゴーランドのようなお菓子売り場で量り売りのお菓子を買ったり,写真集には載っていないことまで思い出してしまいました。

3,40年ほど前の小樽は今とは違い,洗練という言葉とは大きくかけ離れてはいましたが,街にはどこか活気があり,居心地の良さを市場にしても,商店街にしても,デパートにしても子供ながらに感じることができた様な気がします。

これまでも小樽の写真は見てきたつもりでしたが,この写真集で初めて目にするものも多
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
明治元年の小樽地図からこの本は始まります
まだ埠頭も、運河も防波堤もなく、岸壁が外海にむき出しの時代の写真から
小樽が発展してゆく様子が紹介されています
驚くべきは大正・昭和初期の小樽港にうかぶ船の多さ、街行く人々の多さです
オタモイ遊園地も紹介されています

古いにもかかわらず非常に高精細な写真に、これまた非常に詳しい解説がなされているので
読み進む、というか鑑賞するのに時間がかかります
写真を眺めるというより、なめるように見てしまうためです
LEDライト付きの大きなルーペも購入したほうが楽しめそうです

自分用に「小樽昭和ノスタルジー 我が青春の街角へ」とあわせて購入しましたが
小樽在住の両親にも両方プレゼントしました
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hiro 投稿日 2015/6/30
故郷小樽を離れ18年が経ちました。大國屋やニューギンザ、手宮線など、子供の頃にタイムスリップしたような懐かしさに浸りました。また昔の小樽の様子が伺え、とても満足な一冊でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
祖母が小樽出身で、自分も小樽が大好きなので、買いました。
92になる祖母は大喜びで、毎日何度も何度も見ています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告