この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


写真がもっと好きになる。 (日本語) 単行本 – 2008/4/26

5つ星のうち4.1 19個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

レビュー

webサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』(編集長・糸井重里)の人気連載を書籍化。
撮影方法や上手な撮り方といったテクニックよりも、写真を撮りたいと思ったときの
「いいな」という気持ちを、写真に映し込むためのコツを伝えます。

「撮影して、出来上がった写真を見て、満足できて、
その写真を人に見せたら、すごく喜んでもらえる。」
・・・そんなふうに写真が好きになるには、何をしたらいいの?
機材やテクニックのほかにも実践したら楽しいことが、
この本にはたくさん書いてあります。

著者の菅原一剛は、若くして単身渡仏し、ファッション誌『ELLE』でデビューした写真家です。
現在、多数の広告写真を手がける一方で、
映画『青い魚』(1996年ベルリン国際映画祭正式招待作品)で撮影監督を担当。
2005年には、坂本竜馬の写真と同じ技法である「湿板写真」を使った作品で、
NEW YORK PACE/MACGILLからデビューを果たしました。

こうした経歴は、すべて菅原の心に芽生えた感情に“まっすぐ”に向き合い、
「どうしても、この感じを撮りたい」という気持ちから生まれた結果です。
テクニックや技術は、「撮りたい」と強く願うことから、必然的に生まれたものです。

また、菅原は一般の人を対象とした写真ワークショップを定期的に開催し、
「どんなアドバイスが効果的か」を経験的に知っています。
そのアドバイスは「人を撮るときは半歩前に、ときには半歩下がって」といった、
実践的で平易な言葉で語られます。

ケータイ、デジタルカメラ、フイルムカメラを問わず、
すべての撮影者が実践すれば必ず「もっと写真が好きになる」、
もっと写真が楽しくなることが具体的に書いてあります。
それは、写真が苦手だった糸井重里をも、
毎日カメラを持ち歩くほどの「写真好き」にしたほどです。 --出版社からのコメント

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

菅原/一剛
1960年生まれ。大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業後、早崎治氏に師事。フランスにてフリーの写真家として活動を開始して以来、数多くの個展を開催すると同時に、広告写真およびCFなども手掛ける。2005年には、アニメ『蟲師』のオープニングディレクターを務めるなど、その活動は従来の写真の領域を越え、多岐にわたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2008/4/26
  • 単行本 : 256ページ
  • ISBN-10 : 4797347406
  • ISBN-13 : 978-4797347401
  • 出版社 : SBクリエイティブ (2008/4/26)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 19個の評価