通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
冒険者たち ガンバと15ひきの仲間 (岩波少年文庫... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品になりますので、使用感・経年による傷み(ヤケや折れ等)がございますが、 本文に書き込みや重度の傷みはございません。簡易クリーニング済み。 日本郵便のゆうメールにて発送します。帯は付属していないものとお考えください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

冒険者たち ガンバと15ひきの仲間 (岩波少年文庫044) 単行本(ソフトカバー) – 2000/6/16

5つ星のうち 4.8 39件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 54

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 冒険者たち ガンバと15ひきの仲間 (岩波少年文庫044)
  • +
  • グリックの冒険 (岩波少年文庫)
  • +
  • ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
総額: ¥2,549
ポイントの合計: 44pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

2015年10月公開「GAMBA ガンバと仲間たち」原作。
イタチと戦う島ネズミを助けに,ガンバと15ひきの仲間は、船で夢見が島に向いました。しかし、白毛のノロイがひきいる、どうもうなイタチの群れに追いつめられ、海岸の岩山で最後の決戦の時をむかえます。

出版社からのコメント

ネズミのガンバとその仲間たちの活躍を描いた大人気作『冒険者たち』。過去にもアニメ化され、話題を集めたこの作品が、2015年10月に劇場映画として公開されます。この機会に、ぜひ原作もお楽しみください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 394ページ
  • 出版社: 岩波書店; 小B6版 (2000/6/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4001140446
  • ISBN-13: 978-4001140446
  • 発売日: 2000/6/16
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 12.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 39件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,143位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
初めて読んだのは小学生のときでした。
児童文学にしてはなかなか書き込みが多い話でしたが、読み終わるまでとまりません。
美しく幻想的な島を背景とした、ガンバと他のネズミ達の冒険、死闘、生き様、別れ。
もう気が狂ったように夢中になって、何度も繰り返し繰り返し。持っていた単行本はボロボロ。出てきた歌は暗記して勝手にメロディを作って唄う始末。
どこへ旅行に行っても持って行きました。本当に恋をしていたんだと思います。生涯一の本です。
幼い私の脳裏に焼き鏝のように冒険の二文字を刻んだ本です。
アニメ版を賛美する方は多いのですが、私のガンバはまさにこの本から。今でも心の中の特別な場所に色褪せることなく輝いています。
私の永遠の本です。永遠の冒険です。
2 コメント 132人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
冒険への憧れを描ききったと言える作品だと思います。

私も幼い頃、テレビアニメを真剣に見ていたクチですが、ふと思いたって(高校受験から逃避して)読んだ原作は衝撃でした。
導入部分、単調でしょうか?私はそこに、普通すぎる中学生である自分自身を感じました。地味ながら安泰した、何か味気ない生活を守る日々。それが、ある機会を得て、まだ見ぬ仲間を助けるべく、迷いつつも冒険の中へ飛び込んで行く、勇気と不安とを持って。
友を助け、助けられ、利己的な味方に罵られ、それでも命がけで仲間を守り、最後まで生き抜こうとする様は、途中何度も涙、涙。今も昔も思います、私もこんな風に生きられたら!

アニメも傑作だと思いますが、キャラクターが合体され、オリジナルな話も盛り込まれ、また様々に改変'削除されています。わりと大切な部分も、そうやっちゃうの'みたいな。子どもの頃はテレビで見て号泣してました。
アニメは、原作からモチーフを得たまた別の素晴らしい作品と思う方がいいと思います。

ガンバ達の冒険や葛藤を、自分や親友のものの様に味わえるのは、やはりこちらの原作です!
斎藤さんは、大人や子供に関係なく、むしろ子どもだからこそ嘘は通用しないと、真剣にぶつかってくる方だそうです。だからこそ読みやすく、子どもが手に取りや
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
文句なしに一番好きな本です!
一体何度読んだことでしょう。
昔大好きだったアニメに原作があると知り読んでみたのが最初ですが、本当に素晴らしい作品で、読む度に涙がでます。
壮大な冒険を通して描かれる友情、家族、戦い、愛、死。。
これは決して子どもだけではなく是非大人にも読んで欲しい本です。
忘れかけたピュアな気持ちを思い出させてくれます。
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
難しいかな(?)と思いつつも、小学一年生の息子のために買いました。
寝る前に30分から1時間ずつ読んであげました。
彼もガンバになって、いっしょに心の冒険していました。
小学一年生でも十分理解できるし、楽しんでいました。
よっぽど面白かったらしく、昨夜読み終わったばかりですが、
今日からもう一回読み返す約束をさせられました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
アニメから入った人にとって、一番とまどうのが、悪役である白イタチ、ノロイの、キャラクターの違いでしょうね。

と言っても、「とんでもなく恐ろしい奴」であることに、変わりは無いのですが。

え? 「日本アニメ史上最も恐ろしいキャラ」と言われているアニメ版と、どっちが恐ろしいかって?

恐ろしさの『質』がまるで違うので、比較しても意味がありません。

アニメでは、いかにも圧倒的な、化け物としての恐ろしさでしたが、こちらでは、「一見するとそうは見えないのに、実際はとてつもなく恐ろしい相手」として、描かれているので。

「気づいた時にはすでにしてやられている」という、知謀の恐ろしさ。「言葉巧みに相手を騙して、破滅へと追いやっていく」、悪魔そのものなんですよね。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この原作版での仲間の一人「ボーボ」はその名の通り、ボーっとした性格で、
仲間たちが議論を白熱させても、ひとりボーっと「さかなになって海を泳いでみたい」と考えている。
そのボーボが、イタチとの長い戦いで仲間がみんな疲れ休んでいるとき、突然叫び声をあげ、一人で突っ込んでいった。
イタチが隙をついて岩の間から入り込みネズミたちを襲おうとしていたのである。
別に誰かに指示されたわけじゃない。ボーボだって、できたら危険なことは避けて、
いつものように空想にひたる自分の好きな時間を過ごしていたかったはず。
でもボーボは突っ込んだ。気がつけば体が動いていた。そしてボーボは・・・

「ガンバと15ひきの仲間」の題のとおり、ひとりのヒーローだけの物語じゃない。
いろんな性格、いろんな考え方が、時にはぶつかりながらも、ある瞬間、ひとりの力が最大限に輝く場面が描かれる。
ふだんは脱力キャラのボーボも、勇者として敢然と戦い、そして仲間を守った。

人間でも同じと思う。万能な人間なんていない。
自分が力を発揮できる、その瞬間をいかにして見逃さないようにするか。
そして、その瞬間が来た時、いかに最大限に自分の力を発揮するか。
それが自分のみならず、仲間のためにな
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック