通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
冒険王ビィト 13 (ジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

冒険王ビィト 13 (ジャンプコミックス) コミック – 2016/11/4

5つ星のうち 4.9 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 454
¥ 454 ¥ 134
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 冒険王ビィト 13 (ジャンプコミックス)
  • +
  • ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章~紋章を継ぐ者達へ~(26) (ヤングガンガンコミックス)
総額: ¥1,071
ポイントの合計: 35pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

天空王・バロンのビィト襲撃を防ぐため、奮闘するキッス。だがバロンの魔奥義がビィトの眠る建物を襲う。危機一髪脱出したビィトは、キッスと共にバロンに対峙する。そしてビィトの力は、新たなステージへ!!



登録情報

  • コミック: 220ページ
  • 出版社: 集英社 (2016/11/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088808622
  • ISBN-13: 978-4088808628
  • 発売日: 2016/11/4
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 あゆた 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/11/4
形式: コミック
ほぼ10年ぶりの執筆なんですが冒頭に入っている話は
休載する直前に描かれていたもので、49話「昂る王」からは
10年ぶりの完全新作です。ほとんど絵に差がないというか
ちょっとビィトが大人びた顔立ちになったのが(一瞬、兄に見える表情も)
正に「奇跡からの復活!」という彼の危機的状況からの再登場と
見事に絵が繋がり相乗効果になっている。
ビィト専用才牙も、「あ、こういうデザインか」と意外でした。

この13巻で一応完結するのでは・・・といううわさも流れましたが
来年春に続編も描くと連載雑誌で公式発表されてますし、
14巻以降の、他の魔人との決着とか兄たちとの再会とか
まだ秘められているビィトの素性(正体?)とか
これからも非常に期待しています!
稲田先生のコメントされている「漫筋」、頑張ってください!

願わくばアニメ化されなかったガロニュート編やバロン編も
深夜枠でもいいから実現しないものでしょうか。
バロンは田中秀幸さんでしたし、僕っ子ガロニュートは玄田さんで聞きたい(笑)。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ありがとうありがとう
ありがとうありがとう
ありがとうありがとう
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
さて この巻は兄が直接入手し 10年ぶりに手に入れた13巻はこれまで入手した
第1~12巻と合わせて大切にしています☆

それでは 冒険の一ページを紐解いていこう☆

天空王・バロンのビィト襲撃を防ぐため再起したキッスは一人奮闘する―。
だが バロンの魔奥義がビィトの眠る建物を襲う!!
危機一髪脱出したビィトはキッスと共にバロンに対峙する!!
そしてビィトの力は 新たなステージへ!!

今 冒険の一ページが刻まれる―。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
とにかくすべての人物が生き生きと自己主張してぶつかり合って、バッチリと化学反応をおこしている。
あっちゃーどうなるんだよ!とワクワクさせられ、彼の世界へと引き込まれる。全盛期のドラゴンボールをはじめてめくったときのようなものをバッチリと感じることができた。上手いねぇ。
超次元バトルの内容もさることながら、登場人物の心境の変化が、より気になるのは仕事が丁寧な証拠。
キャラが立っている。作画が濃厚である。今後が気になる。

少年漫画の鑑と言ってよい内容である。
うれしいじゃねぇか。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 @Mark619 投稿日 2016/11/6
形式: コミック
まさか続きが読めるようになるとは
しかも絵に衰えがなく当時の画力のままとは恐れ入る
バロンとの対決に決着をつけるとこまで拝めるなんて感無量
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
10年の月日を経ての連載再開……!
正直もう先は見られないと諦めかけていました。
だから復活して本当に嬉しいです。
1番心配だったのが画風の変化だったのですが10年も経っているのが嘘みたいです。凄い……。
ビィト自身の才牙も出てきて強敵バロンとの決戦は非常にワクワクしました。
決着もそうくるか!と。
ザンガの事がかなり好きになりました。
ヴァンデルにも魅力があるのがこの作品の良い所です。
ポアラの出番がちゃんとあってホッとしました。
作者コメントを見ると完結まで頑張って下さるみたいなのでますます先が楽しみです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2016/11/20
形式: コミック
以前と変わらずワクワクする展開で、最後もバロンらしい決着だったと思います。
休載前と復活後で全く違和感がないのもすごいですね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
もう続きは見れないのだろうと何年も前にあきらめてましたが今になって過去の楽しみが蘇りました。

ビィト自身の才牙の覚醒は連載停止前にも話題にでましたが連載再開後、意外と早く披露されしかも実に奇抜な発想で凄かったです。

バロンとの決着も意外なもので、私としては「バロンはこの戦いで倒されるも過去にキッスを見逃した事を後悔することなく死亡し、キッスの心の中に大きな存在として刻み込まれる」という展開かなと妄想していました。

しかしよい意味で予想を裏切られました。

近年、ドラゴンボールが長い年月を経て復活しましたがそのドラゴンボールと同時期に週刊少年ジャンプの人気作「ダイの大冒険」の作者が手がける漫画がこれまた長い年月の末に復活するのも運命的なものがあります。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック