中古品
¥ 176
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

再生巨流 単行本 – 2005/4/21

5つ星のうち 4.5 51件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 176
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 853 ¥ 10
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

組織というものを甘く見ていたのかも知れない……。抜群の営業成績を上げながら、スバル運輸の営業部次長・吉野公啓は左遷された。ピラニアと陰口される仕事ぶりが、社内に敵を作っていたのだ。だが、打ちのめされた吉野は、同じように挫折を味わっている男たちとともに、画期的な物流システムの実現に、自らの再生を賭ける。ビジネスの現場を抉り、経済小説に新次元を拓いた傑作。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

脳みそに錐を刺して、血が噴き出るまで考えろ!それが俺たちの仕事だ!全てを捨てて打ち込んできた仕事から左遷された男たちは、画期的物流システム構築に自らの企業人生を賭けた!差し迫った巨額の決済、保身に走る上司、君臨するカリスマ社主…。業界一位の巨大運輸企業を舞台に、男たちの熱いドラマが弾ける!実現可能!前代未聞!画期的なビジネスモデルを織り込んだ、話題騒然の経済小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 439ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/4/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104753017
  • ISBN-13: 978-4104753017
  • 発売日: 2005/4/21
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 14.2 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 51件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 219,412位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
今読み込んでいる最中です。中々面白いです。此れからも楽しみます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ふーむ。面白かった。
『吉野』は いいなぁ。
がむしゃら。走った後はぺんぺん草もはえない。
こういうオトコが 主人公の物語は、実に 気持ちがいい。
それいけどんどん。
24時間闘えますか。という ビジネス戦士。
部下に対しても 鉄拳をふるう。
アサップ。ASAP;as soon as possible!
そして、アイデア 発想力。ひらめく瞬間が面白い。
それを事業にまで落とし込める企画力、突破力 実行力。
ちょっと、フライング気味が いいなぁ。憎めない。

インベントリーコントロール。ジャストインタイム。PHS。
それが、キーワード。
そして、コンセプチュアルデザイン。

お母さん、そして娘。
リューマチでありながら、
介護することにこだわりつづけるお母さん
そして、佳奈子の 父親(吉野)に対する理解には、
アタマが下がるなぁ。リッパだ。

吉野のお父さんが死の間際にも関わらず、
社主に 直訴に行く 吉野。
その情熱が いいのだ。

『成功を勝ち取った人たちは、問題のひとつひとつを潰して、困難な壁をぶち破った。
その
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 電電虫 投稿日 2012/11/4
形式: 文庫 Amazonで購入
大変面白かった。作品紹介は次のとおり。組織というものを甘く見ていたのかも知れない…。抜群の営業成績を上げながら、スバル運輸の営業部次長・吉野公啓は左遷された。ピラニアと陰口される仕事ぶりが、社内に敵を作っていたのだ。だが、打ちのめされた吉野は、同じように挫折を味わっている男たちとともに、画期的な物流システムの実現に、自らの再生を賭ける。ビジネスの現場を抉り、経済小説に新次元を拓いた傑作。
一般文学通算690作品目の読書完。2011/05/10
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 海援隊 VINE メンバー 投稿日 2006/1/2
形式: 単行本
当たりはずれのある(当たりの方が多いのだが)楡周平なので、帯を見て買ったのだが、こちらは当たりの部類。物流会社に勤める主人公が新規ビジネスを立ち上げる話なのだが、ビジネスモデルとしては目新しいことはないものの、小説としてはなかなか取材をしっかりしており好感。途中で飽きずに1日で読み切ってしまった。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
『ただの運送業からマーケティングカンパニーへ』という決め台詞。同業者へはかなりのインパクトがある。
既存のインフラをもって、今を活かそうと腐心する同業者の方に一度は読んでもらいたい。
アイデアを実践していくノウハウもふんだんに盛り込まれたビジネス小説。
話が出来すぎ!という感は否めないが、もっと読みたい気持ちの裏返し。
読後の爽快感は物流業者の頭脳と脚を明日へ向かわせる。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 主人公:事業開発部長吉野公啓が、片足をフィクション。片足をノンフィクションに置いたような場面展開が小気味よく進み、ついつい一気読み。させられた。掟破りの、本部長の頭越しの社主への直訴は劇画タッチ。上司の説得や他社、そして取締役会でのプレゼンはディベートのお手本。部下へ飛ばす檄はスポ根ドラマ風。父母や娘との短い会話に溢れる情感は、心温まる叙情詩。・・・・もしかして「この営業戦略」は現実に通用するのではないかと思えるような綿密さ。プロジェクトXを超えるような感動はどこからくるのだろうか?
 脇役を務める蓬莱秀樹。プロ野球選手への夢が破れても、真っ直ぐに生きる青年を「好演」。その妻藍子のアイディアが彩りを添える。
 ついつい夜明けまでページをめくってしまった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
グイグイ引きこまれた。

やはり楡は面白い。これまでの作品とちょっと色のちがう経済小説だが、一気に読ませる。

何か始めなければいけない。そう感じさせる作品だった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 まさ 投稿日 2008/3/13
形式: 文庫
巻末の解説をみると、「経済小説として最高傑作の領域に属する作品と断言してよいだろう。」とあります。本作品を友人の勧めで読みましたが、大変面白い本でした。流通企業を舞台に、登場人物が苦しみながらも熱意をもってアイデアを練り、新しいビジネスモデルを実現していくさまに、途中で胸が熱くなる思いでした。リアリティがあり、かつ無駄な描写がないのでスピーディに話が進みます。出張の移動時間を使って、ほぼ1日で読破しました。
経済小説と人間ドラマ、両方が味わえる良書だと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー