中古品
¥ 24
+ ¥ 257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: s2h★表紙=傷・よごれ・折れあります★中身=きれい・書き込みなし★売り切れはございません★
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


円の未来 Yen's Future (光文社ペーパーバックス) 単行本(ソフトカバー) – 2007/11/22

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

 2007年は激しい円安が続いていた。その最大の原因としてあげられるのが、円の「キャリートレード」である。これは金利の低い円を調達し、より高い利回りのドルなどで運用する金融手法のことだ。何のことはない。昔からある商売、つまり安く仕入れて、高く売り抜けるだけのことだが、調達した円資金はさっさと手放して他の通貨に換えるので、大幅な円安がもたらされてしまう。借りた円を返済するときにさらに円安が進めば、外貨で買い戻す円は、円安の分だけ少なくて済む。つまり、円キャリーとは円安に乗じて2度儲かる仕組みであり、円の権威などあったものではない。
 グローバル化の時代、通貨は各国の中央銀行の管理を離れ、自由に動き回るようになった。価値がないと判断された通貨は、あっという間に叩き売られ、その国の富は流出する。本書は、こうした状況下、円の将来はどうなるのかを、ドルや人民元との関連のなかで語っていくものである。

内容(「BOOK」データベースより)

グローバル化の時代、通貨は各国の中央銀行の管理を離れ、自由に動き回るようになった。価値がないと判断された通貨は、あっという間に叩き売られ、その国の富は流出する。本書は、こうした状況下、円の将来はどうなるのかを、ドルや人民元との関連のなかで語っていくものである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 264ページ
  • 出版社: 光文社 (2007/11/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334934242
  • ISBN-13: 978-4334934248
  • 発売日: 2007/11/22
  • 梱包サイズ: 18.4 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,526,454位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2008年3月19日
形式: 単行本(ソフトカバー)
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告