残り4点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
内村鑑三の伝道論――なぜ宗教が必要なのか(新・教養... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 表紙カバー、本文とも目立つようなダメージなく良好です。帯付き。迅速、丁寧に発送します。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

内村鑑三の伝道論――なぜ宗教が必要なのか(新・教養の大陸BOOKS 5) (日本語) 単行本 – 2016/3/11


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,320
¥1,320 ¥823

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 内村鑑三の伝道論――なぜ宗教が必要なのか(新・教養の大陸BOOKS 5)
  • +
  • キリスト教問答 (講談社学術文庫)
総額: ¥2,354
ポイントの合計: 23pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

内村鑑三は、明治期に、教会のない人々の集まりとして、日本独特の無教会派キリスト教を始めた人物である。その思想は、自ら創刊して主筆を執った雑誌「聖書之研究」などで数多く発表されており、本書は、そのなかから「伝道」についての論考だけを抽出し、まとめた。伝道師としての内村鑑三を知る貴重な文献であり、信仰心から来る伝道への熱い情熱があふれる隠れた名著である。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

内村/鑑三
1861~1930年。明治・大正期に活躍した、日本を代表するキリスト教思想家、社会批評家。「無教会主義」の主唱者。札幌農学校でキリスト教に出合い、米アマースト大学などで信仰を深める。第一高等中学校教員時代、教育勅語の天皇署名に対する敬礼を拒否したことが社会問題となる(不敬事件)。「萬朝報」や「東京独立雑誌」でキリスト教に基づく社会批判を展開し、伝道雑誌「聖書之研究」でキリスト教に関する研究を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 幸福の科学出版 (2016/3/11)
  • 発売日 : 2016/3/11
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 239ページ
  • ISBN-10 : 4863957696
  • ISBN-13 : 978-4863957695

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません