通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
%E5%86%85%E5%90%91%E5%9E%8B%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%94%E3%81%84%E5%8A%9B+%E9%9D%99%E3%81%8B%E3%81%AA%E4%BA%BA%E3%81%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B+%28%E8%AC%9B... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■若干の使用感がありますが、中古品としては良好な状態です。■クリアパックに入れ、ゆうメールにて発送致します。■万が一品質に不備があった場合は誠実に対応させて頂きますので、安心してお買い上げ下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫) 文庫 – 2015/12/18

5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 500
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)
  • +
  • 内向型を強みにする (フェニックスシリーズ)
  • +
  • 内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力
総額: ¥4,255
ポイントの合計: 129pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ビル・ゲイツもガンジーもウォズニアックもみんな内向型人間だった!

内向型の人とは、喋るよりも他人の話を聞き、パーティで騒ぐよりも一人で読書をし、自分を誇示するよりも研究にいそしむことを好む人のことだ。アメリカ人と言えば、社交的で自己主張が激しそうなイメージがあるが、実際にはその三分の一が内気でシャイな内向型だという。これはアメリカに限ったことではない。

外向型が重視されるアメリカにおいては、内向型の存在感は薄く、出世競争でも不利になりがちだ。本書は、内向型が直面する数々の問題を浮き彫りにするとともに、あまり顧みられることのない内向型の強みと魅力を明らかにし、その個性を伸ばして生かす方法を模索する。

同時に、外向型の欠点や問題点を挙げ、外向型の人は企業のトップにふさわしいか、チームで作業するやり方は本当に効率的なのか、などの問題も議論する。現代アメリカ社会の内部分裂を浮き彫りにする衝撃のドキュメント!

全米ベストセラー、日本でも各紙、各誌絶賛の一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

ビル・ゲイツもガンジーもウォズニアックもみんな内向型人間だった!内向型の人は、喋るよりも他人の話を聞き、パーティで騒ぐよりも一人で読書をし、自分を誇示するよりも研究にいそしむことを好む人たちだ。社交的で自己主張が激しい外向型のイメージがあるアメリカ人だが、実際にはその三分の一が内気でシャイな内向型。本書は、内向型が直面する数々の問題を浮き彫りにするとともに、内向型の強みと魅力を明らかにする。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 448ページ
  • 出版社: 講談社 (2015/12/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062816350
  • ISBN-13: 978-4062816359
  • 発売日: 2015/12/18
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,710位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
他の方のレビューにもあるとおり、この本はスーザン・ケインの「Quiet」の邦訳であり、同著者の訳書「内向型人間の時代ー社会を変える静かな人の力」の文庫版ですね。私も購入時、間違えるところでした。

ともあれ、本の内容は内向型、外向型という性格に関する歴史や様々な研究を紹介する深い内容でありながら、記述は具体的で、とても読みやすかったです。訳もいいです。
心理学的な性格分析に興味がある人にはオススメです。なお、内向型という言葉はユングから来ていて、流行りのアドラーのライフスタイル論とはまったく違う立場の考え方です。こちらの方がより現実的かな。

私にとって、この本の好きなところは特にパート2とパート4です。パート2は「持って生まれた性質はあなたの本質か」というパートで、気質や性格といったものについて考察しており、赤ん坊の時に見せる「持って生まれた性質」がいかに内向型、外向型を形成するか?、内向型は内向型を超えられないのか、自由意志による変更可能性は?といった問いを考察しています。
パート4は「愛すること、働くこと」となっていて、男女関係において外向型と内向型がいかにコミュニケーションしていくべきか、外向性が必要な仕事において、内向型はどうするべきか、また我が子が内向型だった場合の接し方などについてヒントが詰まっています。
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
他の方もお書きになっていますが、単行本の文庫化です。最近(でもないのかな)こういうの多いですよね、文庫版にする時にタイトルを変えるというのが。せめて表紙にQuietと原題を入れてくれていてれば若干分かりやすくなるのですが。

内容は様々な研究結果が紹介されており、なかなか読み応えというか、硬派な本です。でも専門書でなく一般向けに書かれていますから、読みやすくはなっています。
アジア系アメリカ人の学生達の話が興味深い。中国人て騒がしいイメージがあるけど、ここに登場するのはインテリで思慮深い、静かで賢い人々。
アメリカ育ちでもルーツにより違いがあるのですね。イスラム文化の若い世代はどうなのかなとちょっと思いました。

TEDトークでも言及されていた、著者のご祖父の話は、やはり良いなあと思います。いかにもリーダーシップのあるリーダーとは違うタイプの在り方。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
自分が今の環境に置かれてなぜストレスを感じているのか、すっきり理解できました。

自分を内向的だと思い方も、外交的だと思う方も、是非ご一読下さい。人によって世の中の風景がどれだけ違うかご理解いただけると思います。皆がその違いを理解し、お互いの良さを認め尊敬しあえれば、世の中はもっと過ごしやすくクリエイティブになると思います。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
社交的ではない、人付き合いが嫌い、暗い人=内向型と思っていますが、
そういう事ではないことがよくわかります。

ただ、話の流れが少し回りくどいというか、なかなか進まない感じを受けてしまいます。
でも良い本です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
内向的ー外向的についての色々な事例が説明されている本で、
必ずしも、外向的であることが良い事なのではなく、
内向的であることのメリットについて語っている本です。

自分を自覚をして、適切な環境に身を置いて、得意な方向を磨くのが大切だと思いました。
また、100%外向的、100%内向的。とかあり得ないんだから、
自分がどちらの方が好きか、認識しておいた方が良さそうです。
まぁ無理は良くないですが、ある程度、どちらもできないと困るのが実情だとは思いますが。

本書の事例を通じて、自分がどうしていくのか?という戦略について考えてみたり、
自分の内向(外向)の度合を把握して、どういう環境なら活躍できるか?
などを考えさせられました。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告