通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
典雅の闇: 御広敷用人 大奥記録(九) (光文社時... がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 VALUE BOOKS
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品によっては多少の汚れやキズがある場合がございます。プロダクトコード、DLコード、帯、応募ハガキ等は付属しません。管理ラベルは簡単に取れます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

典雅の闇: 御広敷用人 大奥記録(九) (光文社時代小説文庫) 文庫 – 2016/1/8

5つ星のうち 3.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2016/1/8
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 87

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 典雅の闇: 御広敷用人 大奥記録(九) (光文社時代小説文庫)
  • +
  • 柳眉の角: 御広敷用人 大奥記録(八) (光文社時代小説文庫)
  • +
  • 情愛の奸: 御広敷用人 大奥記録(十) (光文社時代小説文庫)
総額: ¥2,010
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

将軍吉宗の寵姫、竹姫を謀略から守りきった御広敷用人・水城聡四郎は、竹姫を御台所にと望む吉宗の命で京へ向かう。しかし、そこで聡四郎たちを待っていたのは、新たなる刺客だった―。京を舞台に繰り広げられる公家たちや所司代との情報戦。そして、京の闇から現れた手練れの刺客との凄絶なる闘い。はたして誰が真の味方なのか。激熱のシリーズ、ド迫力の第九弾。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

上田/秀人
1959年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒業。’97年、桃園書房主催第20回小説CLUB新人賞佳作。2010年、『孤闘 立花宗茂』(中央公論新社)で第16回中山義秀文学賞受賞。2014年版「この時代小説がすごい!」文庫書き下ろし部門作家ランキング第1位となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 322ページ
  • 出版社: 光文社 (2016/1/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334772218
  • ISBN-13: 978-4334772215
  • 発売日: 2016/1/8
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 10.7 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 31,782位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

個人的には少しダレる。大奥とも吉宗とも離れちゃうから。
自分としての「読みドコロ」は水城の格闘シーンより、奥でのやり取りや将軍とのやり取り。

…何を勘違いしたんだか、何故か、本巻で「完結」だと思い込んでいた。
他のシリーズと間違ったらしい。故に「こんなに話進まないでいいの?」と思いながら読んで、ラストで「あれ?」と気付いた次第。
今度こそ「完結まで待って一気に読む」を完遂しようと思っていたのにw
次巻を楽しみにします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
前シリーズで一回、本シリーズ二回目の京都。京都の公家の話は他シリーズの「禁裏付き」もあり飽きてきそうです。他の方も指摘されてるように何で「広敷用人」が京都まで出てきてチャンバラするのかが意味不明。また、前シリーズ最終巻で和解したはずの伊賀者との確執が何故か再燃し延々と続き過ぎて興醒めになってきます。このシリーズの特徴は、むしろ、主人公よりも、ツンデレ妻の「紅」の活躍にあると思ってます。主人留守の「家」を守る妻・紅の家政取り仕切り振りの方が興味津々。大身の姫様身分(奥方様)ではない550石という中堅旗本の「奥様」が、家臣と関わりを持ちながら、どのように家政を切り回していたか、知りたいところ。町人(工商身分)感覚の紅が、武家の家政を切り盛りすると、どんな形になるのか、著者の想像力に期待するところです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あーあっ 投稿日 2016/1/18
揺れ動いていうようでいて、展開が停滞している。いい加減繰り返される藤川との確執にも飽きてきた。御広敷用人に探索もどきの用命で京へやった意味が薄い展開になっている。この巻はあまり面白くない。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
段々慣れて来たのか、面白さ半減なのか・・でも一気に読み終えたので
結果的には満足です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 こんぴー 投稿日 2016/2/21
Amazonで購入
いつも通りの作品の出来です。満足しています。次が待ち遠しいです
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告