中古品
¥ 142
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ふわふわ天国
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ▼お読みください▼発送はゆうメールとなります。土日祝日は休業日の為、発送を行っておりません。1~2営業日で発送させて頂きます。 ※帯や付属品(CD・DVD・特典)の欠品、色あせ、キズ、ヨレ、書き込み等がある場合がございます。神経質な方は事前に状態確認をお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

共育て共育ち―鳩の森愛の詩保育園 単行本 – 2005/2

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 142
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

親も子も職員も育ってしまうミラクル保育園
「もっとこの園とつきあいたいから、もう一人子どもを作ります」と宣言するお父さんが出てくるほど、大人がはまってしまう保育園が横浜にある。保育士も子どもや保護者から学んで成長していきたいからと、そこでは保育士は「先生」ではなく「○○ちゃん」と名前で呼ばれている。また卒園式には保育者が作った卒園児一人ひとりの歌を保護者が大合唱するし、5歳児になるとデパートで自分の好きなお茶碗を選んで買ってもらえる。そんな丁寧な保育のために園は恒常的財政難。そこで保護者はバザーを開く、塀を修理する…と汗を流して保育園を支えてきた。そしてその見返りに大人達が子どもを育てる力を訓練されてきたのだった。20年間に及ぶパワフルな実践の中に、人づくり地域づくりを担う、これからの保育園のモデルが浮かび上がってくる。

内容(「BOOK」データベースより)

「この園ともっとつきあいたいから、もう一人子どもをつくります!」とお父さんが宣言するほど大人がはまってしまう保育園。それは、なぜ?横浜の小さな保育園、20年の記録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 174ページ
  • 出版社: 小学館 (2005/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4098400952
  • ISBN-13: 978-4098400959
  • 発売日: 2005/02
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 947,434位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
すごい園ですね。あんまりすごいので、仲間うちに本の紹介文を書きました。「出版社/著者からの内容紹介」とダブル部分もありますが、その一部を転載させてください。
●卒業式で「○○ちゃんの歌」という一人ひとりの子どもの詩を作曲し、それをみんなで(保護者も含め)大合唱する。(しかもいい加減な歌詞ではない。作るプロセスも尋常じゃない。細かいことは本を読んでください)
●春の「親子遠足」には保護者も含め、700人(2004年度)もの参加者が! (なぜこんなに集まるかは本を読んでください)
●年長組には「合宿」があります。「織り姫様に会って、保育園にお泊まりする」という企画ですが、ただ泊まるだけじゃない。子どもたちが一回り大きくなる、でっかいしかけがある。(どんな仕掛けかは読んでください。思わず、胸が熱くなります)。
●お父さんをして「この園ともっとつきあいたいから、もう一人子どもを作ります!」といわしめてしまう。典型的な運営父母参加型保育園。(どんだけ、父や母がこの保育園に「かけて」いるか、そこもぜひ読んでください)。
…等々、そのすごさはここでは紹介し尽くせません。また本の構成には工夫がなされ、軽快な文章もグンバツです。一読の価値あり!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
安心して子どもを預けられ、親もいつのまにか巻き込まれて子育ての本当の楽しさを知る・・・そんなこの保育園ではすごーく3人きょうだい、4人きょうだいの家庭が多いのです。だって、子育てが本当に楽しくなってしまうんですもん。(そんな親にされてしまいます)その「しかけ」が知りたい方はぜひこの本読んでみてください。そして、あなたの地域にもこんな保育園を作ってほしい・・・そう願います。
 
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
虐待や育児放棄などが毎日のように新聞に載る今日この頃。
そんな中親も保育者も真正面から子供に向かい合おうとする保育園が
ありました!!
こんな素敵な保育園があるんだって知って欲しいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
大げさですが世界観が変わります。
こういう保育園が世の中にあるんだということが驚きです。

保育園はただ子供を預かってくれるところだ思っていたことが
間違いだったと感じました。

子供たちの歌を作って上げる保育園なんて世界中に
ここくらいなんじゃあないでしょうか?

それができるのも、保育者、親が共に育ちあいながら努力している
成果なんですね。

この保育園を出た子供たちは幸せだと感じます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告