共喰い [Blu-ray] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 Lotus市場web店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご来店ありがとうございます。 状態良好で盤面に傷などもございません。記載ない限り帯・その他特典などの付属はございません。 記載ない限り帯・特典の付属はございません。 商品はAmazonが24時間体制で保管、梱包、発送を行います。 安心してご購入ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

共喰い [Blu-ray]

5つ星のうち 3.2 21件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,926 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,150 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 共喰い [Blu-ray]
  • +
  • 「王様とボク」 [Blu-ray]
  • +
  • そこのみにて光輝く 豪華版Blu-ray
総額: ¥11,934
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 菅田将暉, 木下美咲, 篠原ゆき子, 光石研, 田中裕子
  • 監督: 青山真治
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2014/03/05
  • 時間: 102 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 21件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00HCTEWYM
  • JAN: 4527427811058
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 57,516位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

世界的映画監督・青山真治×芥川賞作家・田中慎弥、奇跡&衝撃のコラボレーション
「原作もの」を超越した、脚本家・荒井晴彦によるオリジナルエンディング

性と暴力。
人間の奥底に潜む深い深い闇があぶりだされてゆく─
昭和の匂い、文学の薫りただよう「本物の映画」

【ストーリー】
昭和63年の夏、山口県下関市。17歳の遠馬は、父親とその愛人と暮らしている。
普段は明るい父だが、彼にはセックスの時に女を殴る暴力的な性癖があった。
戦争で左手を失った遠馬の実母は、そんな夫に愛想を尽かし、遠馬を産んですぐに家を出て魚屋を営んでいる。
日常的に父の乱暴な性交場面を目の当たりにし、嫌悪感を募らせていく遠馬。幼なじみの彼女・千種と何度も交わるうちに、
思わず千種の首を絞めてしまい気づいてしまう。
自分にも確かに父と同じ、忌まわしい血が流れていることを―。

※本編Blu-ray DISC+特典映像DVD DISCの2枚組

【特典映像】(収録予定) 劇場予告編、TVスポット、初日舞台挨拶、プレミア試写挨拶、 メイキング、
青山真治×田中慎弥対談、ロカルノ映画祭模様

【キャスト】
菅田将暉『仮面ライダーW』『麒麟の翼~劇場版・新参者』
木下美咲『私立バカレア高校』
篠原ゆき子『モテキ』『まほろ駅前番外地』
光石研『ヒミズ』『アウトレイジビヨンド』
田中裕子『火火』『はじまりのみち』

【スタッフ】
監督:青山真治『EUREKA ユリイカ』『東京公園』
原作:田中慎弥「共喰い」(集英社文庫刊)
脚本:荒井晴彦『Wの悲劇』『大鹿村騒動記』

(C)田中慎弥/集英社 ・2013『共喰い』製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『東京公園』の青山真治監督が田中慎弥の芥川賞受賞作を映画化。昭和63年、山口県下関市。17歳の遠馬は父とその愛人と暮らしていた。遠馬はSEXの時に女を殴るという暴力的な性癖を持つ父を疎んで生きてきたが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
オーディションを受けてどーしてもやりたかった役だし、転機になった役だったし、役者でいこうと決めた役とも言っていたので難しかったと思うのに、しっかり成長して、いっぱい受賞もして嬉しかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
まぁこんな家庭は現代でも地域に一つくらいはあるだろう。
それを見て観ぬふりをする大人が大勢いることを私は小さいころから気が付いていた。

この話はまだ救いがある。
なぜなら主人公が男だからだ。
これがもし女の子だったら・・・と考えると本当に胸をかきむしられるような思いになる。
そしてそんな子は実際に存在する。

昭和の最後の北九州を舞台にした話。
タイトル通り、思った通りにすべてが展開していくのであまりストーリー上の起伏は感じないものの冒頭とラストのうだるような暑さとけだるさを連想させる蝉の声は非常に良かった。

文学性を排除し、気持ちの悪い人間のサガをしっかり描いているのは好感が持てたものの、肝心のセックスシーンによる暴力描写が半端すぎる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
・まず第一に本作は娯楽性が低く、見る人を選ぶ作品です。ですから芸術とか文学が好きだという人でないとつまらないと思います。

・私は原作を読んでいません。

・EUREKAを見た次にこの映画を見たのですが、EUREKAのほうが青山監督らしさが圧倒的にあると思います。

・全編、デジタルのシネマスコープで撮影されており、色彩は抑えられています。

・撮影地は九州の門司で、川や町のさびれた様子が印象的です。

・レイプシーンがあり、私は見ていても平気だったのですが、苦手な人は見るのに注意した方がいいと思います。

・ブレイク前の菅田将暉の演技が真に迫っていて、弱冠二十歳とは思えないほどでした。

・終盤の「あの人」というのは天皇だと思います。(思いますというか絶対そうだと思います。だけど私はすぐに気づかなかった、、、汗)

・以上まとめて、とてもいい作品だと思います。(なんかエラそうな言い方ですみません)

・以下ネタバレを含む全体のあらすじです。

遠馬(菅田)の父はセックスの最中に女性を殴るたちで、母は別居中で、遠馬・父・父の新しい愛人の三人が同居しています。
愛人にも暴力をふ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
田舎の変態親子の性欲発散記。獣欲だけの非文化家庭の醜態をつつき出した映画なんか観たくない。
親父を殺す理由が弱い。無理やり作ったクライマックスは白ける。スケベシーンもケチ臭く、会話も
下らない低能な映画である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
以前たまたまTVで見たのだが、原作者の田中氏が「作品を書く上で、自分が育った場所は切り離せない」と言っていた記憶がある。彼の故郷が山口県下関市、実は私の育ちも中国地方で彼より5つほど年上。なので大体似たような環境で、近い昭和の時代を過ごして来たと言っていい。
映画に導入される濁った川、ゴミの中を泳ぐ魚のカットを見ていると、自身の思い出もフラッシュバックする。帰宅途中、魚取りに夢中になった友達が、川岸に図書の図鑑を置き忘れ、ずぶ濡れにしたのを見た私は「おめえ弁償せえよ!」と言った思い出がある。しかしその川も、今では雑草が生い茂り、水かさもなく生き物のにおいがまるでしなくなった。あらためて「終わった時代」だということを実感するのである。
本作では、セックスや暴力など「汚いもの」が描かれている。主人公の少年は、汚いものの象徴である父と、引き継がれた自身の濁った血を嫌う。だがどんな真っ当な正論をかざしたところで、彼は恋人も母も琴子も助けることができない。そのくせ彼女らの深い愛情の中に守られている。ついでに言うなら、嫌っている父にすら世話になっているのだ。彼は「無力」だ。祭りの日、手伝いもせず、寝そべっているその姿が、象徴的だ。
仮に「昭和」を親とし、平成以降の「現代」を子とする。子である現代はきれいな身なりで、道徳観ある言葉にあふれ、すまし顔でいるが、そのウラ
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
作品は一風変わっていた
今までにあまり観たことのない視点で描かれていた
しかし作品の軸は、主人公の父親の性交時の性癖に周りの者の人生が翻弄されたことなのだが
実際、その性癖自体はそんなに珍しいものではない
単に性交時に女性に対して暴力を振るうこと、その理由は性交で得られる快感が増大するからという理由
あまりに身勝手な行為ではあるが、それほど特別でもなく性交に際してSM志向を持つというだけのこと
ただ一風変わっているのは、そのSM志向がなんと父親から息子に遺伝してしまったということ
そして困ったことに、その性癖は理性で歯止めが効かないということ
そして、そのことが元で登場人物達の間に様々なドラマが巻き起こる

この作品に描かれる風景、環境、人間関係、そして作品全体に流れる空気はとても独特だった
そこには常識的価値観はどこにも入り込む余地はない
そして完成した作品は、そんなに深みは無いものの非常に強烈な個性があった
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー