通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
共喰い がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と金曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

共喰い 単行本 – 2012/1/27

5つ星のうち 3.1 159件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 454 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 共喰い
  • +
  • ホテルローヤル
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

受賞歴

第146回(平成23年度下半期) 芥川賞受賞

内容紹介

第146回芥川賞受賞作「共喰い」――昭和63年。17歳の遠馬は、怪しげな仕事をしている父とその愛人・琴子さんの三人で川辺の町に暮らしていた。別れた母も近くに住んでおり、川で釣ったウナギを母にさばいてもらう距離にいる。日常的に父の乱暴な性交場面を目の当たりにして、嫌悪感を募らせながらも、自分にも父の血が流れていることを感じている。同じ学校の会田千種と覚えたばかりの性交にのめりこんでいくが、父と同じ暴力的なセックスを試そうとしてケンカをしてしまう。一方、台風が近づき、町が水にのまれる中、父との子を身ごもったまま逃げるように愛人は家を出てしまった。怒った父は、遠馬と仲直りをしようと森の中で遠馬を待つ千種のもとに忍び寄っていく....。川辺の町で起こる、逃げ場のない血と性の臭いがたちこめる濃密な物語。
第144回芥川賞候補作「第三紀層の魚」も同時収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 140ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/1/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087714470
  • ISBN-13: 978-4087714470
  • 発売日: 2012/1/27
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 159件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 90,271位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる



関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 半可通 投稿日 2014/8/8
形式: 単行本 Amazonで購入
作者についてはいろいろ言われているし、ここでのコメントを見ても嫌悪感を表す人も多いので、どんなにどきつい作品かと思って読み始めましたが、なかなか雰囲気のある作品です。立派な文学です。セックスの描写にしても、前後のコンテクストにすんなり納まっているし、そんなに尖がっている訳でも、違和感がある訳でもありません。確かに人間の人生なんてこんなものだと言えば、こんなものなのでしょう。・・・と思って読んでいきましたが、ストーリーは最後に向けて大変ドラマチックで残酷な転回を見せます。こうなってくると嫌悪感を示す人が多いのも当たり前でしょう。しかし、芥川賞受賞作品としては、表現手法にしてもストーリー展開にしても、非常に完成度が高い本格的な文学作品だと思います。

暗く汚らしい世界というご意見もあるようですが、日本人は果たしてそのような世界から脱出できたのでしょうか?日比谷公園で見かけた素敵な女性やニューヨーク郊外の通勤電車で知り合った白人女性との世界を描いた芥川賞作品も読みましたが、作品の現実感は本作の方が勝っているように思えます。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
しつこい描写に読み始めはうんざりしたけれど、読むうちに著者の優しさを感じた。
女の人に優しい人なんだろうか。
女の人に暴力をふるう話なのに、女の人を大切に描いている。
仁子さんの強さと愛が好き。
『第三紀層の魚』は、それぞれの静かな心の動きが『共食い』の強烈さを中和させてくれた。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 くわもちじんぺい VINE メンバー 投稿日 2012/2/6
形式: 単行本
 他者に対する父親のふるまいが許せない。父の血が流れる自分を許せない。というそぶりをするが実は自己愛の塊の主人公。
 家庭はもとから崩壊し、家庭の体を成していない。
しかし、集落の祭りには参加し、共同体の一人として役割を果たしてはいる。
よくわからない。
 でも、何か文学的な感じはする。ストーリーに起伏もある。中途半端な感じがまた煮えきらなくていい。
 何より、細かい描写がいちいちうまくて気取っている。文章を書くのが本当に好きな人だね。
「アパートの女の目は異常なほど澄んでいた。」の後、
「夢に見たこともない別な人生が通り過ぎてゆくのを眺めているに違いなかった。」なんて、ちょっくら思いつかないもん。
こういう会心の一撃風の文がいくつもある。

 一部の選考委員はこういう技巧を嫌いかもしれないけど、こんなに一所懸命自分の文章を磨いて温めて愛撫している人には、やはり賞をあげてよかった。
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
表題作の「共喰い」は第146回(平成23年度下半期)芥川賞を受賞している。壮絶な男女関係、親子関係の物語。もうひとつの「第三紀層」は少年の心の動きが懐かしさを感じる物語。個人的には「第三紀層」の方が良かった。

◎共喰い
壮絶な男女の物語であり、壮絶な親子の物語。このような愛の物語もあるのかなと頭の中で考えることはできるが、なかなか容認できない。主人公(遠馬)の父親は女性関係では鬼畜の部類に入る。息子の遠馬はそんな父親に対して憎悪に近い感情を持っているが、それ以上に自分にも鬼畜の血が流れていることに悩む。付き合っている彼女とのセックスを楽しんでいるものの、自分に流れる父親の血がいつ暴れだすのか不安になる。結局、鬼畜な行動をとってしまうのだが、父親はさらに鬼畜な行動をとってしまう。最終的には、遠馬の母親がけりをつける。その結末はある意味で読者を安堵させるものだ。非常に壮絶な物語。しかし、これを壮絶と感じるのは自分が幸せなのか運がいいのどちらかなのだろう。世の中には似たような鬼畜話はありそうだし、もしかすると鬼畜な方が人間の本性なのかもしれない。

◎第三紀層
少年が見てきた生と死。微妙な時期に経験する微妙な経験。こうやって少年は大人になっていくのだと思いながら、自分の少年時代を振り返ってみた。少年は肉親の死をいくつか経験して
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マツミナミヒロシ トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/12/5
形式: 文庫
共喰い、第三紀層の魚、対談という構成になっています。正直言うと、今時流行らないだろうな、という印象です。本人は芥川龍之介があまり好きではないと対談では語っていますが、まるで芥川の作品を読んでいるようでした。とても陰鬱な世界観です。もちろん芥川賞受賞作品ですから評価されている作品なのですが、世間一般ではあまり評価されないように思えます。ただ、僕は嫌いではないです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック